七五三の着付け(五歳児)

本日は着付け。かわいい幼児用のボディを使い七五三の着付け(五歳児)に挑戦!

そもそも七五三って?

毎年11月15日に三歳、五歳、七歳に達した子どもに晴れ着を着せ、神社に幸運を祈願するために参拝する行事が“七五三”(地域により“紐落とし”とも言う))です。
祝いの原型として
・三歳:平安時代頃から行われた「髪置き」「髪立ち祝い」と呼ばれる、男女共に髪を伸ばし始める儀式から。
・五歳児:平安時代の公家階級で行われた初めて袴をつける「袴着」「着袴(ちゃっこ)」の儀式から。
・七歳児:室町時代ごろから行われていた「帯解き」「紐落とし」と呼ばれる、初めて帯を締める儀式から。
現在のように「七五三」と呼ぶようになったのは、江戸時代からで、庶民の間で祝うようになったのは明治時代からのこと。
よくよく調べてみると、実は、七五三の装いに正式な決まりはないとのこと。
そもそも、現代に、公家の社会は存在しておりません・・・。
髪置きの義や着袴の義もないんですから、当然と言えば当然なのかもしれません。
江戸時代の庶民たちが、当時、位の高かった子息の儀式を真似したことが「七五三」の始まりなのですから、正式な決まりはないんですね。
ただ、子どもの成長過程の大きな節目として、晴れやかな装い=伝統的な着物の装いがあり、少しずつ変化しながらも伝統を受け継いできた結果、現代においても、洋装より和装が一般的であるということなのでしょう。

五歳児の着付けは?

始めて袴を着ける着袴の儀式を受け継ぎ、五つ紋付きの羽二重の着物に羽織と袴が一般的な装いです。懐剣(かいけん・ふところがたな)と白扇(はくせん)を忘れずにね!

懐剣とは?

ふところに携える護身用の短刀のこと。守り刀として用いる。

白扇とは?

扇子は、末広がりに栄えることを示す縁起物.
先生は師範しながら、紐結びの意味や、子どもに楽に着付けられるポイントを説明。
子どもを着付ける時は、伊達締めの代わりに広幅のガーゼを利用すると手軽で苦しくないとのこと。これは、他の着付けの場面でも応用できそう!
そして・・完成!
五歳児着付.jpg
数年前、息子の七五三の祝いの時は、私は病気を患っていて、写真に撮られるような体調ではなくマスクをつけたまま撮影に臨みました。
自分の病気が大変で、七五三を楽しむような状況でもなかったなぁ。
写真館のレンタル衣装を着せてもらい、ハイポーズで終わらせた記憶があります。ちゃんとお祝いをしたのかしら?記憶が定かでない。
息子の着付けや撮影準備で待ちくたびれた下の娘が、用意していた可愛いワンピースに着替えることもなく、普段着のまま無愛想顔で写真に写っていたことはよく覚えています。
七五三、確かに着物を着せてお祝いできれば、それに越したことはないのかも。
でも、衣装よりも大切なこと。
それは、子どもがここまで成長してくれた!ということを心底喜び感謝する気持ちなのかもしれません。
表面的なことだけではなく、そういった気持ちの面において、子どもの節目節目の行事は大切にしてあげたいと改めて思う母ちゃんなのです。
さぁ、次は七五三7歳児の着付けに挑戦です!

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。