七五三の着付け(7歳児)

先日の七五三の着付け(五歳児)に引き続き、今日は七五三の着付け(7歳児)に挑戦!

そもそも七五三って?

毎年11月15日に三歳、五歳、七歳に達した子どもに晴れ着を着せ、神社に幸運を祈願するために参拝する行事が“七五三”(地域により“紐落とし”とも言う))です。
祝いの原型として
・三歳:平安時代頃から行われた「髪置き」「髪立ち祝い」と呼ばれる、男女共に髪を伸ばし始める儀式から。
・五歳児:平安時代の公家階級で行われた初めて袴をつける「袴着」「着袴(ちゃっこ)」の儀式から。
・七歳児:室町時代ごろから行われていた「帯解き」「紐落とし」と呼ばれる、初めて帯を締める儀式から。

7歳児の着付けとは?

大人と同じように着物を着て、帯を締め、帯揚げ&帯締めを結びます。
体が小さくて帯を結ぶことができなかった3歳のお祝いとは違い、より一層、子どもの成長を実感する装いですね。
「おかげ様で、帯が結べるようになるまで元気に成長しました!」という感謝と喜びの気持ちと同時に、幼児時代に別れを告げ「大人への階段を一歩一歩進んでいきます。」という明るい将来を予感させるような装いです。
帯は七五三用の帯を締めます。伝統を受け継ぐ小物類として、筥迫(はこせこ)や帯下のしごき、扇子があります。

筥迫(はこせこ)とは?

襟元に挟み入れる箱型をした装飾具です。江戸時代、武家の女性達が、たしなみとして、鏡や櫛、懐紙、お守り等を収めて持ち歩いていた小物入れが由来。今でいう化粧ポーチみたいなものですね。金属製の“びら簪(かんざし)”を、はこせこの上部に付けることもあります。
ちなみに、びら簪(かんざし)とは、髪にさすかんざしが小さくなった形をしています。髪の乱れを直したり、尖った部分は護身用として使うこともあったとか。昔の女性は、今よりもずっと、万が一に備える身体能力が高かったんでしょうね。

しごきとは?

七五三や花嫁衣装に用いる帯の飾りのこと。もともとは、女性の身長に合わせた布で、外出のときに着物をたくし上げるために使われていたそうです。明治時代になると、腰紐を使って着物をたくしあげるのが一般的になり、しごきは飾りになったそうです。

扇子とは?

大人モノの扇子より、一回り小さい七五三用の扇子です。先に向かって広がる形から“末広”とも呼ばれているそうです。これからの子どもの人生が末広がりに栄ますように!という願いを込めて、装飾を施した扇子を、幅広に帯締めに挿しておきます。
さぁ、着付けスタート。
幼児用ボディ相手に格闘します。
ボディは固くて、着付けそのものはやりにくいけど、文句を言われない分、楽だわぁ。過去に、娘の着付けをした時は、それはそれは大変でした。
着付けを習う前のこと。ネットやユーチューブで着付け方法を検索し手探りで着付け。もちろん、帯は手結びではなく作り帯ですが、娘は何本も腰紐を巻き付けられて、なんとか完成させたという状態。さぞかし、苦しかったことでしょう・・・。今思えば、怖いもの知らず!という感じです。でも、母としては、よい思い出になりました。
着付けの先生方からしても、動く子どもの着付けは時間勝負!
全ての動きを一手で決めるのはもちろんのこと、着崩れを最小限に抑えるため、緩みが出ない程度に余裕を持たせるとか、長年の技術の総結集のような場面でもあるそうです。子どもは心身共に正直ごまかしが効かないからね。
ハイ、完成。
なんとかそれっぽく見えるかしら?
7歳着付前.jpg
帯結びは花が咲いているイメージ・・・。
7歳着付後.jpg
次に娘を着付けるのは、十三参りかしら?
私自身は十三参りの祝いはしてませんが、着付けと和裁を学ぶ身としては、ぜひともチャレンジしたいお祝いです。
そして何よりも、元気に13歳を迎えて欲しい。そう心から願う母ちゃんです。

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。