金のつぶ納豆のタレ袋は便利?

最近、我が家では、

“ミツカン金のつぶ納豆シリーズ”

が流行りです。
こちらは本日購入した梅風味黒酢たれバージョンです。
流行りの理由は、納豆に付属しているタレがとっても入れやすいこと。
納豆パック.jpg
納豆のタレは、付属されてなかったとしても、自宅にある醤油等を混ぜれば良いだけ。
でも、付属されていれば、便利という理由で使ってしまうもの。
この小さなタレ&カラシの袋。
経験ある方は容易に想像できるでしょうが、開ける時の力加減が難しいのです。
特に、子どもが勢いよく力まかせにビリっと開けると、間違いなく服やテーブルに飛び散ります。
そんな時に、私も虫の居どころが悪かったりすると、「あ~、またやった!」と言ってしまいそうになることも。
そりゃね、ちゃんと出来るようになれば済むこと。小さなことです。
でも、その飛び散りをなくそうと研究し続けたと思われる(?)ミツカンさん。
遂にやりましたね!!
オマケなのような存在のタレを、トコトン追求しているのが、このミツカンの“金のつぶ納豆シリーズ”なのです。
この商品のだいぶ前に発売されていたのは“金のつぶ。パキッ!とタレ”という商品です。
こちらは、パッと見て開け方がよくわかりませんでした。フタをひっくり返したりしながら開ける向きを確認したりしていたら・・結局、納豆でベタついたフタの裏側を触ることになってしまいました。
私にとっては、便利さと理解し難さが混在しているようなパッケージ仕様だなぁと。
その評価をスカッとカッ飛ばしたのが、この新商品でした。
納豆タレ.jpg
子ども達も、喜んで自ら納豆を混ぜてタレを入れています。確かに便利!
でも、環境保護の観点から考えると、プラスチックケースを大量に使用する納豆パッケージそのものを、今後は変えていくことを検討しなきゃいけない時期だろうし、既に、そういったパッケージ開発も進んでいることでしょう。
プラスチック分別が義務付けられている地域に住んでいる友達は、納豆は紙で包装されている商品を買うと聞いたことがあります。
便利だけど考えさせらることも多い。
納豆は大切な常備食だから、ずっと食べていたい。
じゃあ、ずっと食べられるためには、どうしたらいいのだろう?
「タレの袋が便利でいいね!」で締めくくるはずだったのに、書いているうちに意外な方向に進んでしまった。
でも、自分の中にあるこういった気持ちも大切にしながら、日々の選択を積み重ねたいと思う母ちゃんです。

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。