夫婦仲良しの秘訣は夫の料理から!?いちごジャムの作り方

イチゴが出始めたねぇ・・と思っていた3月初旬から早2カ月が経過したある日。
「あっ、イチゴジャム、作ってない!」
商店街の果物屋へ走った私。
1パック230円のイチゴ×3パックを購入。
果物屋のおじさん曰く「イチゴは、もうおしまいだよ。これはジャム用ね。」
完全にイチゴの旬に乗り遅れた私ですが、恒例の手仕事にマル印をつけるべく、イチゴジャム作りを開始しました。

夫婦一緒に作ろう!イチゴジャムの作り方

■材料

・いちご
・砂糖
・レモン汁
・煮沸した蓋つきのビン

■手順

①イチゴを水洗いし、水分を飛ばします。
②包丁でヘタをカットします。
③カットしたイチゴの重さを計ります。
④イチゴの重さの1/3~1/2の砂糖を計ります。
⑤鍋底の厚い鍋にイチゴを入れ、砂糖を振りかけます。
⑥砂糖が溶けるまで、そのまま置いておきます。(一晩くらい)
イチゴ.jpg
⑦レモン汁を入れ、弱火で加熱し始めます。
⑧少し沸騰し始めるとアクが出てくるので、適宜アクを取ります。
⑨好みの甘さになるまで、トロ火でゆっくりと煮詰めます。
⑩煮沸したビンに詰めて完成!
イチゴジャム.jpg
とは書いたものの・・
私は、砂糖もレモンの量も目分量です。
サッと煮て、イチゴジャムじゃなくてイチゴソースにしてしまう時もある。
基本的な作り方さえマスターすれば、どうやっても美味しくなってしまうのが、手作りイチゴジャムの良いところ。
イチゴ3パックで、ジャムが2瓶完成!
2週間を待たずに完食の予感です。
次の手仕事は、サクランボだね。
と思いながら、商店街の八百屋さんを眺めていたら、スイカがズラーッと並んでいる・・・。
そんなに急がんくても、いいんじゃない?と思いつつ「小玉スイカ450円 甘いよ!」という手書き表示に、かなり心動かされた母ちゃん。
ちなみに父ちゃんは仕事中。
ジャムは好きだけど、そんなに興味ないらしい。
って、今ごろ「ふなぐち菊水一番しぼり」飲んでいる頃だろう。今日も頑張ってくいやんせ。
ふなぐち空港.jpg

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。