夫に弁当作りを教え家事減らし!夏休み初日の弁当づくり

夏休みが始まってしまいました。
お弁当需要の高まるこの季節。
早速、「明日は弁当だね」と息子。
しまった!明日の弁当のことを忘れていた。
適当でいいや!と思っている私とは違い、夫は、サッと冷蔵庫の中身を確認。
そして、なぜか?筆ペンを手に、弁当メニューを書き始めた。
弁当メモ筆ペン.jpg
そうそう。
弁当のメニューを書き出しておくだけで翌朝の効率が上がるのよねー。
以前、ちょっとだけ弁当作りのアドバイスをしたことがあるのですが、それ以来、そのアドバイスをシッカリと守っている夫です。
筆ペンで書きましょう!とはアドバイスしておりませんが、達筆メモを冷蔵庫に貼り、準備万端な様子で眠りについた夫です。
その一方で、翌朝の私といえば・・・
弁当作りはもちろんのこと、ラジオ体操のことを思い出す余裕も無く2度寝してしまった・・・。
気がつくと時計の針は7時20分。
子ども達から「かあちゃん、なんで起こしてくれなかったの!!」と、夏休み初日からブーブー文句を言われています。
ちなみに、子ども達が参加するラジオ体操は7日間限定のイベント。
参加するだけで、毎回駄菓子や文房具等が頂けるという、ありがたい特別行事なのです。
そんな理由もあり、参加率はかなり高いです。
もちろん景品目当てということもあるけど、やっぱり早起きって気持ちいいし、早朝に友達に会うって、なんだか嬉しいよね。
すまんね。明日から頑張るよ。
ところで、メモに書き出した弁当ですが、しっかり完成しておりました。
ハイ、この通りです。
弁当夏休み初日.jpg
あのメモに書かれていた“とりにく”とは、昨夜の晩ごはん“油淋鶏”のこと。
あ~美味しそうだねぇ。
というより美味いよ!と、朝食用に分けてあったおかずを食べながら、夏休み初日の朝を迎えた母ちゃん。
これから40日。
夫も頑張っているから、私もきばらんといかんねーと、ほんのちょっとだけ気合を入れて朝なのでした。

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。