安くて栄養たっぷり!下処理ラクなマメアジの南蛮漬けの作り方

見て下さい。
アジ下処理.jpg
下処理されたマメアジさん達が並ぶ美しい姿を!
まるで、シンクロナイズドスイミング団体演技を見ているかのよう。
今夜は、アジの南蛮漬けです。
もちろん、この下処理は、昨夜のうちに、夫が施したもの。
いろいろと書きたいのですが、それはレシピの後にしよーっと。
それでは、いってみましょう。

夫婦一緒に料理しよう!アジの南蛮漬けの作り方

■材料

・アジ(小ぶりのもの)
・たまねぎ
・人参
・生姜
・昆布
酒とみりんの煮切り
・酢

■手順

①アジをさばく

腹を開き、内蔵とエラを取り出し、ゼイゴを取る。流水で洗い、キッチンペーバー等で、水分をしっかりとふきとる。
アジ下処理2.jpg
アジ下処理3.jpg

②野菜を用意する

たまねぎと人参を千切り、生姜は薄切りにする。

③漬けダレを用意する

酒とみりんの煮切り(分量は1:1)に、酢を加える。

④アジを2度揚げする

低温で揚げ始め、骨の奥まで火が通るよう、ゆっくりと揚げる。
油が高温になり、揚げる時の音が“カラカラ”と聞こえ出し、しばらくしたら、いったん、揚げ油からバットに取り出す。
2度目は、揚げ油を高温にし、アジがカラッとするまで揚げる。

⑤漬けダレに漬け込む

揚げたてのアジを、バットではなく、漬けダレにそのまま投入する。
ジュッ!と音がしますよ。

⑥野菜を漬け込む

揚げたアジの上に、せん切りにした玉ねぎと人参、生姜、昆布を投入する。

⑦一晩寝かす

冷蔵庫で一晩寝かし、漬けダレ&アジ&野菜、それぞれの味が染み込み合うのを待つ。。

⑧完成!

アジも野菜も美味い。
アジは、適度な歯ごたえを残し、頭から尻尾の骨まで余すことなく食べられます。
アジ南蛮漬.jpg
今夜は、その他に、サバの塩麹焼きと豚レバーとニラの炒め。
豚レバーの炒めは、子ども達は食べなかったな。
実は、アジよりも、いろいろと工夫しながら下処理をシッカリとやってくれていた様子。
それでも、子ども達は、少し臭みを感じたみたい。
残念。仕方ないけどね。
最近、料理の腕をメキメキと上達させている夫。
もはや、私と子ども達が食べるだけでは、“食べ手の力不足”を感じ始めています。
このままだと、“作り手と食べ手の気持ちのバランス”が取れなくなり、お互いがストレスを感じるようになってしまうなぁ。
それは困るよ。
母ちゃん、イヤだよ。
少しずつでもいいから、少しずつでもいいから家庭外へ開放・展開した方が良いのではないか?と真剣に考え始めた母ちゃん。
私にできること。
今は、このブログで夫の料理を記録してあげることだね。
できないことはできない。
でも、できることはあるから。
焦らずに積み重ねをする。そうだよ。小さくても行動だよ。やらないよりは遥かにマシだよ。頑張るぞ!

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。