食品ロス削減にも貢献!自家製アジ干物作りは冬の寒さでエコ調理

11月に入りハゼ釣り熱が少しずつ冷めてきた夫。
とは言え、魚への愛は深まる一方。
寒く乾燥する冬。
この時期に大活躍する調理法があるのです。
その調理法とは日干しです。
今回は、大根や白菜の日干しではなく、アジに代表される冬が旬の青魚達の日干しです。
寒くて乾燥している冬こそ、魚の日干しにはもってこいの季節。
自家製の干物は、添加物ゼロの貴重な一品。
冬の晴れた日には最高のご馳走です。
と、早速スーパーで発見!
消費期限間近で30%割引なった大きなアジが1尾100円。
少々、アジの目が充血しているので、人によっては「えっー!新鮮じゃなさそう。」って言うかもしれない。
売り場でポツンと割引シールを貼られたアジ。このままいけば食品ロスになってしまうでしょう。
私にとっては、刺し身で食べるわけではないので、全く問題ありません。
すかさずカゴへ投入。
家では、魚をさばくのが大好きな夫がいるので、基本的に、青魚は切り身ではなく丸ごと購入します。
でも、私一人で料理するときは、必ず、スーパーの鮮魚売り場の方に3枚卸しを頼むようにします。
たとえ、調理代として幾らかのお金を支払うことになっても、アジの頭と骨を持ち帰り、魚のアラ汁まで作れば、調理代なんて安いもの。
しかも魚を無駄なく食べられることが1番の理由です。
さぁ、食品ロス間際だったアジさん達を美味しい自家製干物に変身させましょう。

冬の寒さ・乾燥でエコクッキング!ベランダで作る自家製アジ干物

●用意するもの

・アジ(三枚卸ししたもの)
※頭や骨はアラ汁にすると美味しいです。
・水
・塩

●作り方

①アジを塩水に漬ける

三枚卸ししたアジを塩水(10%濃度)に漬けます。アジ全体がしっかり浸かるようにして下さい。約2時間~3時間そのまま置いておきます。
アジの干物 塩水漬.jpg

②天日干しする

塩水から取り出し、クッキングペーパー等で水分を取ります。
干し網(無い場合は揚げ物バットの網等を使います)に並べます。
太陽の光と乾燥が美味しい干物を作る条件です。初心者の方は、必ず晴れた日に作って下さい。
アジの干物 日干し.jpg
干し網と言えばコレ↓ベランダ干しの必需品です。

③半日程度干す

天候によって干す時間は調整します。乾燥した冬晴れの日だと半日程度で完成です。
アジの干物 完成①.jpg
何度も登場してますが、竹ザルは魚料理には欠かせません。
洗剤要らずで水と束子でサッと洗い乾燥させるだけで、ニオイも汚れもキレイに落ちます。

アジの干物 完成②.jpg

④ラップに包んで保存

すぐに食べない場合はラップに包みビニール袋に入れて保存して下さい。
アジの干物 ラップで包む.jpg
冷蔵庫で4~5日は保存が効きます。
冷凍庫でも保存できますが、冷凍してしまうと味が落ちるのでオススメできません。
週末に干物にして、平日の間に食べ切れる量を作る。
これが家庭内食品ロスを出さず美味しく自家製干物を食べるコツです。

⑤焼いて頂きます!

魚焼き器が無い場合は、フライパンにクッキングペーパーを敷き弱火で加熱すれば美味しく焼けますよ。
アジの干物 盛り付け.jpg
以上です。
自家製アジの干物は格別です。
市販のものより、みずみずしさが残っているため、ふっくらとした味わいです。
アジは、あっさりした味わいですが、もう少し脂気が欲しければイワシやサバがオススメです。
太陽の光と乾燥が調理してくれるなんて、なんてエコ・クッキングの王道。
1尾100円のアジで、こんなに幸せな気持ちになるとは!
さぁ、次は、どんな魚料理が登場するのか!?
技術磨きに余念のない夫。
アジの干物 本.jpg
隙間時間はすべて料理の勉強時間。

母ちゃんは、口出さず温かく見守らんとねー。
そして、翌週は、イワシの一夜干しと天日干し作りを楽しむ夫の姿が!
●関連ブログ
・冬の寒風でエコ調理。イワシの自家製一夜干しと天日干しの違いを作って検証
・ハゼ釣りは江戸川放水路佐野遊船で!初心者が手ぶらで楽しめる親子ボート釣り利用方法
・貸ボートのハゼ釣りは江戸川放水路佐野遊船で!子連れトイレ心配もナシ!初心者でも釣れるエサの付け方・合わせのタイミングポイント
・冬鍋はル・クルーゼ!白菜は干して賞味期限キープ。家庭内食品ロスを減らす野菜保存法とは?
・大根の皮は捨てずに干すより放置せよ!冬の家庭内食品ロス減に役立つ使い回し食材に大変身!
生ゴミ臭激減対策が家庭内食品ロスを減らす!新聞紙で生ゴミを包む始末の良い暮らしとは?
・家庭の食品ロスを減らして節約・非常食にも!消費期限当日の精肉の保存方法
・魚のアラはスープにして冷凍保存!家庭内食品ロスを減らして食費も節約
・家庭の食品ロスを減らして節約・非常食にも!消費期限当日のマグロ切れ端で作るツナ

スポンサーリンク


SNSでもご購読できます。