週末料理夫で家庭円満・年越し料理選!米国牛肉はキウイシロップで和牛?水餃子は本場の味を超えたのか?

あけましておめでとうございます。

ブログ始めは、七草も終わった本日。

過ぎてしまえば、アッという間の年越しでした。

おかげ様で、無事に怒涛の年越し料理戦(もはや“選”ではなく“戦”)を終了することができました。

夫は、息切れすることなく快調にかっ飛ばし、満足のゴールを迎えておりました。

リズム良く淡々と料理をする姿は、箱根の山越えを走り抜くランナーのようです。

とは言え、ピンクの厚底シューズ等の最新装備は一切持ち合わせておりません。

ひたすら、包丁と火に向き合う時間。

今月のガス料金が幾らなのか?

少し楽しみです!

それでは、引き続き夫の激走をハイライトでご覧下さい。

●大晦日の昼

・米国産牛肉ステーキ

晦日の夜ごはん100%ビーフ手作りハンバーガーで残った牛肉を、キウイシロップに一晩漬け込み焼きました。
大晦日②.jpg
キウイシロップは、バイタミックス(ミキサー)で撹拌してドロドロの液体に変身
大晦日①.jpg
肉が!肉が!
ものすごく柔らかい!
大晦日③.jpg
家族全員大騒ぎです。

旨味が強烈に引き出されています。

わさびとバターを添えると・・・

和牛さんも真っ青になる旨さ。

恐るべしキウイシロップの酵素の分解能力です。

パンの発酵は失敗に終わりましたが、肉の旨味を引き出す最高の調味料となりました。

●大晦日の晩ごはん

・水餃子

大晦日ですが・・なぜか?皮から作った水餃子です。

昼前から皮と具の仕込みに忙しく動き回る夫です。
大晦日④.jpg
水餃子の皮は水分が少なく硬めの生地。こねる腕にも力が入ります。
大晦日⑤.jpg
生地完成!
大晦日⑥.jpg
ビニール袋に入れて休憩させます。
大晦日⑨.jpg
生地を寝かしている間に具を作ります。
大晦日⑦.jpg
焼き餃子の具より、肉を多めに入れたそうです。
大晦日⑧.jpg
家にある道具を総動員。皮を成形します。
大晦日⑩.jpg
大鍋で茹でます。
大晦日⑪.jpg
モッチモッチの水餃子完成です。
大晦日⑫.jpg
うま~い!

夫は、本場中国で何度も食べた経験があるので、心の底から満足!という出来では無かったとのこと。

「水餃子は、家で作るより中国で食べた方がウマいね・・・。」と一言。

そりゃ、そうだろうねぇ。

夫が完敗を認める中国の家庭料理、恐るべし!

それでも、夫は果敢に攻めます。

こちらは、水餃子用の餃子を焼き餃子にしたもの。
大晦日⑬.jpg
最高!

皮のモチモチとカリッカリッの食感がたまりません。

皮から作った焼き餃子が食卓に登る日は近いと思われます。

経験積み重ね材料はシンプルに!キャベツで作る絶品餃子のタネ
極厚板フライパンで焼く!絶品餃子アンの包み方と焼き方

●年越し

・年越し蕎麦

恒例の年越し蕎麦時間。

うどん打ちはかなりの腕前ですが、そば打ちには手を出してない夫。

夫曰く「あえて、そば打ちに手を出さないようにしている。」

よくわかります。あなたの気持ち。

夫の性格上、そば打ちに手を出すと大変な事態になりそうな予感大。

凝り性ではない鹿児島の父でさえ、そば打ちにハマってしまった時期は、道具や蕎麦粉を求め遠方まで・・まさしく男のロマン。

『人生の楽園』の影響もあり、退職後は蕎麦屋さんをやってみたい!という希望もありました。

そばを打つという行為は、男性脳をかなり刺激する行為なのかもしれません。

立派な蕎麦は売ってますから、とりあえず今は買って楽しみましょう。

満腹のお腹を抱えたまま年越しするわけにはいかず、一口だけ頂きます。
大晦日⑭.jpg
身体に染み入る温かい美味しさ。

なんて優しい味なんだろう。

かつお昆布出汁に鶏出汁を効かせた蕎麦出汁は最高です。

隠し味にラー油が入っているんですよ。

以上。

これにて年越し前半戦が終了です。

往路は、元日のお節よりスタート致します。

さぁ、私も今日から開店。

しっかりと営業できるよう少しずつペースを上げていこう!

本年も、ふつうの日こそ大切に。

日々の暮らしを思う存分楽しむぞー!


SNSでもご購読できます。