金魚だってペットロスになる!金魚のまるちゃん、ありがとう。

大切に飼育していた金魚のまるちゃんが死んでしまいました。

母ちゃんはショック・・・。
金魚のまる 絵.jpg
は、最初は気丈に振る舞っていましたが、ピアノの練習をしている際に
「まるが聴いているのが見えないから、急に悲しくなってきた。」と号泣し始めました。

娘がピアノの練習を始めると、愛嬌を振りまくように水槽を泳ぐ姿が、なんとも愛らしかった・・・。

我が家に金魚がやってきてから2年半。

娘のピアノは格段に上達しました。

どんな時も、喜んで聴いてくれるお客さん(金魚)のために、練習に取り組む姿勢が変わった娘。

家族が寝静まった中に帰宅したに対しても、まるだけは、夫が帰ってきたことを察知して、ダンスをするかのように泳ぎ、夫の帰りを喜んでくれました。

そんな癒やしの姿を眺めた夫は、まるで催眠術にかかったかのように、そのまま寝てしまうことも1回や2回じゃありません。

親子で号泣です。

たかが金魚。

でも、手をかけ愛情を持って世話をすれば家族。

犬や猫と何ら変わりありません。

金魚は触れることができないから、体調が悪くなっても手出しができないのが残念。

悲しい。

人間が作った観賞用の魚なのに、人間が触ることができない。

薬浴や塩水浴、ヒーターを入れたり、生きてくれるなら出来ることは何だってやってあげたい。

抱きしめてあげられるものなら、抱きしめてあげたい。

空っぽになった水槽が悲しくて、念入りに洗って、クローゼットの奥にしまいました。
金魚のまる 水槽.jpg

まるが泳いでいた場所に花を供え、かわいい新芽を出した里芋を1つ。
金魚のまる 花.jpg

どうか天国でも、娘のピアノを聴きながら元気に泳いで下さいね。

あなたのことが大好きでした。ありがとう。

SNSでもご購読できます。