週末料理夫で家族円満・本場中国直伝?皮から作る餃子は家族総出の大イベント

週末のある日、

私が、子どもの用事&ママ友おしゃべりに暫し花を咲かせて帰宅すると、ビニール袋に入った何かの生地が寝かしてあった。
焼き餃子 フクロに入った生地.jpg
やったぁ!パン生地だ!

ここ数日間、私が図書館から借りてきたパン作りの本を熟読中の夫。
焼き餃子 パンの本.jpg
お昼は焼き立てパンだ!とルンルンの私に、「その生地、餃子だから。」と一言。

えっ?


じゃぁ、あの本に載っていたパンは・・とポカンとする私に

「夜ゴハンは焼き餃子ね。
生地から作るから、午後は家族総出で餃子作りだよ。」

以前、仕事で中国滞在が多かった夫。

餃子は一家総出で作るものと現地の方から教えられたらしい。

その教えを忠実に守っている日本人が、我が家のココにいました!

手作りの皮で作った水餃子と焼き餃子の美味しさは、大晦日の夜に経験したばかり。
大晦日⑪.jpg
そして、食べるに至るまで、超えなけれならいない幾つもの調理過程も経験したばかり。

餃子かぁ、嬉しいような・・。

というわけで、家族(娘と夫婦)で餃子作りが始まった週末の午後。
あのカリッカリッとモチモチの食感をもう一度!
さぁ、きばっど~!

本場中国にて伝授!皮から作る餃子作りは家族総出の大イベント

皮の材料(大きめの焼き餃子約60個分)

・薄力粉 270g
・強力粉 400g
・塩 小さじ1と1/2
・熱湯 約400ml

●作り方

①材料を合わせる

大きめのボールに薄力粉と強力粉を合わせる。
熱湯に分量の塩を溶かしたものを少しずつ粉に合わせ、ひとまとまりになるまで、しっかりとこねる。

②生地を寝かす(1回目)

生地を休ませるため、2時間程度、寝かす。
乾燥しないようビニール袋等に入れることをお忘れなく!
焼き餃子 フクロに入った生地.jpg

③再び生地をこねる

休ませた生地はこんな状態。
焼き餃子 一次発酵終了.jpg
この生地に打ち粉をして、力強く何度もこねる。
焼き餃子 一次発酵終了後のコネ.jpg
力仕事です!
中国の家庭でも、こねるのはお父さんの仕事らしいですよ。
生地の表面が滑らかになるまで続ける!
焼き餃子 一次発酵終了後のコネ完了.jpg

④生地を寝かす(2回目)

再び袋に入れて30分程度、寝かす。

⑤生地完成!

袋から取り出すとツヤが出ているのがわかります。この状態で生地が完成。
焼き餃子 二次発酵終了.jpg

⑥生地を切り分ける

生地を大きく切り分け、細長い棒状に成形する。
焼き餃子 二次発酵後作業開始.jpg
焼き餃子 棒状.jpg

⑦生地を小さく切り分ける

棒状になった生地を、同じくらいの大きさに切る。
焼き餃子 皮延ばし.jpg
黙々と作業が進みます。
夫の指示に忠実に従う私と娘。

「貝柱の行列~♪」なんて言っても、誰も笑いません・・。
焼き餃子 貝柱整列.jpg

⑧具を包む

具は、生地を寝かしている間に作ります。
具のレシピはコチラをご覧下さいね!
→経験積み重ね材料はシンプルに!キャベツで作る絶品餃子のタネ

円形に生地を延ばしたあと、具を包みます。

この皮は、指先でギュッとつまめば、皮の口が閉じます。
市販の皮を使う時のように水を使うとベチョベチョになるので気をつけて下さい。
焼き餃子 包み完成.jpg
キレイに包めました!

⑨焼きましょう!

煙が出るまで熱々に熱した鉄のフライパンで焼き始めましょう。

テフロン加工のフライパンでは、温度を上げることができないため、美味しく焼くことができません。
焼き餃子 水たっぷり焼.jpg
水の量は多めです。
焼き餃子 フタをしめて焼く.jpg
この写真で使った水の量は1回につき300mlの水。
皮がグングン水分を吸っていきます。

⑩焼き上りました!

皮のカリッカリが破けないよう、しっかりと焦げ目にヘラを入れて、フライパンの面からはがずように餃子を取り出します。
焼き餃子 ヘラで盛り付け.jpg
やっと食べられる~!!
焼き餃子 焼き上がり.jpg
うまい!
夫は感動のあまり泣きそうです。

よくあるセリフで申し訳ないのですが

「もう、市販の皮で作った餃子に戻れない!」という感想がピッタリです。

中国では、黒酢をたっぷりと入れたお椀に、餃子をジャブジャブと浸しながら食べるとのこと。

これがまた強烈に美味いんだなぁ~。

美味すぎるせいか?
疲れのせいか?
写真撮影はゼロ。
もういいでしょう・・。

突如として始まった一日がかりの餃子作りの大イベントは、無事に終焉を迎えました。

私も娘も夫も疲れました。

唯一、息子は例外。

餃子作りが佳境を迎えた夕方遅く、ルンルン気分で帰宅したからねぇ。
「おっ、今夜は餃子かぁ。うまそ~!」って、仕事帰りのオジサンみたいなセリフ。

バクバク食べるわ食べるわ・・・気楽なものです。

とは言え、魂のこもった食事を食べているから、アンタは強くなるよ。
パワー全開!明日も元気でキバッど!

SNSでもご購読できます。