週末料理夫で家庭円満・米粉チヂミとスンドゥブで鋭気を養う食卓

今日は、金曜日。

早い!先週末の夫料理を投稿してなかった・・・。

先週は、米粉ちぢみとスンドゥブでした!そして、忘れちゃいけないのがウルメイワシさん。

3週連続のウルメイワシ。刺し身好きの息子も、さすがに、箸を伸ばすペースがダウンしつつあります。

ふうつ、チヂミと言えば、小麦粉で生地を作りますが、

我が家は、小麦粉ではなく、米粉と片栗粉を合わせたもので作ります。

米粉をベースにしたチヂミの特徴は?

  • グルテンフリーなので、お腹がドスンと膨らむことがありません。
  • 消化がスムーズ。翌朝のトイレが爽快です。

私は、ものすごくパン好き!夫がパンを作ってくれると、本当に嬉しい!

さらに、餃子も好き!

ですが・・・

残念なことに、ちょっと多めにパンを食べてしまうと、眠気が襲ってきたり、翌朝の便通が悪くなったりしてしまうのです。

というわけで、

なんとなく身体がダルいとか重い時は、小麦粉を使った料理よりも、主食を米や芋類に切り替え体調を調整。

昼は、外のランチじゃない限りは、極力、小麦粉を控え、午後からの活動に影響が出ないようにしています。

まっ、これは、数年前に読んだテニスプレイヤーのジョコビッチ氏著書の影響が大きいけどね!

仕事中の昼ごはんを、パンや小麦粉使用の麺類→米に変えたところ、眠くならない!!昼食だけでも真似すると、午後の効率が上がります。

本題に戻ります!

米粉と片栗粉で作るチヂミの材料(大2枚分)

  • 米粉 大さじ10
  • 片栗粉 大さじ7
  • 卵 2個
  • 出汁(顆粒出汁でもOK)
  • 具(ニラ、豚バラ、じゃがいも、にんじん等)

米粉チヂミの作り方

・生地を作る

  1. 米粉と片栗粉を合わせる。
  2. 計量カップ等に卵を割りほぐし出し汁を加え、合計で300mlになるようにする。塩を加える。
  3. 1と2を混ぜて生地が完成。

・具を合わせ焼く

  1. 生地と具を合わせる
  2. フライパン(鉄製のフライパンがベスト)にサラダ油とゴマ油をたっぷりめに敷き、焼き始める。
  3. 最初は、フタをして中火程度で。生地の周りが焼けてきたら、ひっくり返す。
  4. 裏面にしたら弱めの中火程度にして、カリッとなるまで焼く。

完成しましたよ~。ナムルもできてる!

チヂミは、タレを変えることによって、味が変化するので飽きがきません。

今回は、

  • ポン酢
  • 激辛ポン酢(ポン酢にラー油と唐辛子を加えたもの)
  • 韓国風ポン酢(ポン酢にコチュジャンや甜麺醤を加えたもの)
  • キムチの素(エバラ食品!)

4種類を用意して、それぞれの好みで!

あっ、スンドゥブですが・・・

出汁のベースは、ウルメイワシのアラ(頭や骨や卵)を利用。長ねぎの青い部分がこれでもか!というくらい入っています。美味しく食べて、可能な限り食品ロスを出さない習慣です

さぁ、いただきます。

栄養満点の晩ごはん。心身ともに健やかに!

今週もおつかれ様。

SNSでもご購読できます。