週末料理夫で家庭円満・春が旬の魚「鯛」を握る夫の寿司大会開催!

三寒四温の季節。

雨で迎えた朝。

我が家のベランダには、ザルに広げられた納豆に、雨が当たらないよう傘がさしてあります。

松田優作さん並に「なんじゃこりゃ~!」と叫ばないように。

昨夜もスィーツではなく納豆を手土産に帰宅した夫

「今夜から雨らしいよ。」という私の忠告は、全く耳に入ってなかったのでしょうね・・・

発酵研究で有名な小泉武夫先生に倣い、我が家の発酵保存食・乾燥納豆作りを始めました。

夫は、ザルに広げた納豆を干し籠に入れた後、「明日の天気は何かなぁ?」と自ら天気をチェック。

そして・・・

「雨やんか!」と、自分にツッコミを入れていました。

そう、人は、だいたいのことは聞いてないんです。

夫婦と言えど、このレベルの意思疎通。

ということは、

人は他人の話をほとんど聞いてないことを前提に会話をすると、他者とのコミュニケーションが円滑に進むような気がします。

それはさておき本題です。

つい先日。

旬の魚を抱えて、寿司屋のオジサンがやってきました。

年始に必ず登場するおでん屋さんのオジサンに比べたら、まだまだ新人ですが、マメな働き者です。

今回は、寿司屋のオジサンの提案で「握り寿司パーティー」を開催することに。

これからが旬、そして春の魚の代表格と言えば・・・

もちろん「鯛」です。

これは真鯛?

詳細はわかりませんが、今回は、鯛は鯛でも「金目鯛」まで用意しているではありませんか!!

オジサン自ら提案しただけのことはあって、仕入れ内容がいつもの寿司大会より豪華です。

もちろん、定番の魚「」もあります。

鯵は通年穫れる魚ではありますが、旬は5月~8月。

水温が上がってくる今頃から、脂がのって美味しくなるそうです。

そして「エビ」。

こちらのエビは定番の下処理を施し、握り寿司用に背中がまっすぐな姿に仕上げます

もちろん、付け合わせの野菜も旬を感じる食材を用意。

オジサンは菜の花や春菊等の野菜を好みます。

私も道端に生えているツワブキ・よもぎ・土筆等を食べる機会が多かった子ども時代。

互いの故郷の食習慣は、丈夫で負けない心を育ててくれました。

仕入れて・さばいて・握って・・忙しい!

それだけではなく、金目鯛の頭は煮付けに、そして、魚のアラはアラ汁に!

お寿司屋さんって、本当に凄いんですね。

そして完成しました。

まぁ、きれい!

お招きした友達家族も大満足。

寿司屋のオジサンは、みなが大喜びで寿司をつまむ姿を満足気に眺めています。

こりゃ、嬉しくて酒がすすむね~。

そして、会も中盤に差し掛かったあたりで、その姿を消してしまいました。

あとに残ったのは、別部屋の壁際に身体を押し付け、エプロン姿のまま静かに眠る夫の姿。

「お寿司屋さん、いっちゃったねぇ~。」

と、その姿を見つけた友達の娘さんのつぶやき。

沢山食べて笑って本当に楽しい時間。笑いこそ免疫力アップの根源です。

春は始まったばかり。

オジサン、出番はこれから沢山ありますよ。

その前に、ついついサボりがちになっている包丁を研ぐべし!

手洗い・うがいを忘れずに!また一緒においしいお寿司を食べようね。

SNSでもご購読できます。