「こんな夜更けにイカかよ」週末料理夫のイカ料理計画に付き合う妻が思うこと。

本日は火曜日。

もうすぐ日付も変わろうとする夜更けに、焼酎を飲みながらヒラメいたらしく、嬉しそうに話し始めた我が料理夫。

「週末、ちょっと変わったイカの塩辛を作りたいんだけどな。」

「前々から、試してみたいことがあるんだよねぇ~。」

「今は、言えないけど・・。」

と。

はっ!?イカ?塩辛?何の話?

以前、大泉洋さん主演「こんな夜更けにバナナかよ」という映画が上映されていましたが・・・

【映画公式HPより拝借しております】

うちの料理夫は「こんな夜更けにイカかよ」です。

バナナよりイカの方が、だいぶ、何かがきているような気がします。

↑こちらは、以前、料理夫が作ったイカの姿焼き。

そして、話題のイカの塩辛ですが・・・

通常、料理夫が作る自家製塩辛はこんな感じ。

これは、料理夫にとって、ごく普通の自家製塩辛。

料理に関しては、「現状維持なんてありえん!」と思っている料理夫。

常に技術の向上を目指す姿勢には頭が下がります。

その飽くなき探究心の恩恵を十分に受けている私。

先週末も、存分に楽しませて頂きました。

→週末夫料理「エビの背まっすぐ手巻き」&「豚バラ軟骨のトロトロ煮込み

眠いけど、少しは相手にしてあげなきゃ!と、週末のイカ料理計画談義に加わることにしました。

私が、

「じゃぁ、アジみたいに、一夜干しにしてから塩辛にするとか?」

と言うと・・

定番保存食「アジの干物」についての記事はコチラ

「それも面白いねぇ~。でも違う。」

私が話題に乗ってきたので、とても嬉しそうな料理夫。

再び、私が、

「じゃぁ、細かく刻むとか。まさか・・・バイタミックスで乳化させる気とか?」

と言うと、

→バイタミックスというミキサーを使ったカレー作りの記事はコチラ

「それもかなり面白いけど、作った当日の驚きが大切だからね。いまは言わない。」って。

はぁ、眠い目をこすって応対しているのに、最終的に「言わない」とは何事だ!

はぁ・・・とにかくイカね。

今週末のメインの食材は、イカに決定ということだけ覚えておこう。

一体、イカをどうしたいんだろう?

まっ、いいか!それよりも睡眠♪

「かあちゃん、寝るね~。」と私が言えば

「とうちゃんも、寝る。」と料理夫も言う。

そして、夜更しバンザイの息子は「まだ寝ない」って。

息子は小さい頃、「かあちゃんと一緒じゃないとねない!」って、オイオイ泣いていたのにね・・・。

思春期を迎えた息子は、只今、急成長中。

→夫と息子が“ねてもさめてもハマっていること”についての記事はコチラ

当たり前なんだけど、息子は少しずつ離れていき、そして、家を出る。

残るは「つぅと言えば、かぁと鳴く」でお馴染み、ツーカーな存在、料理夫のみ。

大切にしなきゃなぁ。

とても仕事が忙しい状況の中で、

「変わったイカの塩辛」のことを想像しながら嬉しそうに焼酎を飲んでいるこの夫は、変わったイカの塩辛よりも変わっているはず・・。

今週末、どんなイカの塩辛ができるのか?楽しみにしておこうじゃないの!

それまでは、互いの持ち場でシッカリと働きましょう♪

SNSでもご購読できます。