週末料理夫・ザ家庭円満メニュー!いつもの材料で作るお子様ランチプレート

我が家の料理夫。連休中も年越し料理選並に料理道を激走中。

ワタクシ母ちゃんは、腹を空かすために、ひたすらジョギングに励む日々。

とは言え・・・

何をどんだけ食べたか?

思い出すのも大変なくらいの豪華な夫料理の数々。

昨夜は、ヒラマサさんと黒鯛祭り

そろそろ本気で「“ふつう”の何かが食べたい!」と胃袋が叫んでいます。

というわけで、家族を代表し、母ちゃんが勇気を出して料理夫にリクエスト。

ふつうの料理が食べたいです」と。

→ふつうのハヤシライスを巡る騒動はコチラの記事をご覧下さいね。

「そうだよねぇ。さすがに料理を食べる方も大変になってきたよね。」と、素直に申し出を受ける料理夫。

私達の無言の叫びが、料理夫には届いていたようです。

「じゃあさ、今日は子どもの日だから、“ふつうのお子様ランチ”を作ろうか!?」と。

お・こ・さ・ま・ラ・ン・チ

なんて素敵な響きなんでしょう。

特別感漂う響きに、いろんな想像が膨らむ母ちゃん。

それに比べて、“ふつう”という響きのなんと地味なこと!

さっきまで“ふつう”を連呼していた自分が恥ずかしくなってしまうほど。

ふうつの材料でふつうに作るから、ふつうのお子様ランチ。」と自信たっぷりな料理夫。

じゃぁ、今回は、料理夫の乳化愛テム「バイタミックス」も登場しないのね!

→鍋の翌日はカレー!バイタミックスで作るカレーライスはコチラの記事

というわけで、

安心して、ふつうのお子様ランチの完成を待つことにした母ちゃんです。

料理夫ふつうのレシピ・大人も喜ぶ!ワンプレートお子様ランチ

・ナポリタン

まずはナポリタン作りから開始です。

料理夫が作るナポリタンは、ただいま、料理夫が夢中なYou Tubeチャンネル・料理研究家コウケンテツさんのレシピを応用したもの。

料理研究家が本気で教える!喫茶店の味をおうちで再現する方法!絶品ナポリタンの作り方

材料は、料理夫が予告していた通り、シンプルかつ“ふつう”です。

具は、玉ねぎ・ソーセージのみ。

料理夫も、コウケンテツさんのご指導通り、シンプルに攻めます。

とは言え、我慢ならずアレンジ入れていきます。

「料理夫よ。道から逸れないで!

あなたが作るのはふつうのナポリタンなのよ!」

と、心の中で叫ぶ母ちゃんです。

・手ごねハンバーグ

続きまして、ハンバーグ作りです。

本日は、間違っても、ステーキ用牛肉を包丁で切り刻んで作る100%ビーフの料理夫オリジナルハンバーグではございません。

→家族で作る100%ビーフハンバーガーはコチラの記事

今回は、ちゃんとふつうに牛ミンチを購入してきましたよ。

玉ねぎとこねて・・・

ジュウジュウと美味しそうな音が響く台所です。

・目玉焼きとウインナー

目玉焼きとウインナーです。

一見ふつうに見える目玉焼きですが・・・

白身はこんがり&黄身はトロトロに仕上げるには、ちょっとした工夫があるとのこと。

こちらの目玉焼きの作り方も、コウケンテツさんのレシピを参考にしたものです。

料理研究家コウケンテツの日常・ 家族の朝食こんがりベーコンエッグ飯を黙々と作ってみた

・カレーピラフ

あれっ?写真が無い!

豚肉・玉ねぎ・人参・米をバターで炒め、

出汁とカレー粉、隠し味としてサフランを加え炊き上げたピラフです。

炊飯器ではなく、ル・クルーゼ鍋を使用して作っています。

→ル・クルーゼ鍋で米を炊く様子はコチラの記事ご覧下さいね。

・蒸しじゃがいも&型抜き人参

新じゃがを、皮付きのまま圧力鍋で蒸したそうです。

オススメの圧力鍋はフィスラー社製のもの。我が家でも故障知らずの15年選手です。

人参は型抜きをして、出汁でサッと茹でたとのこと。

以上の8品に、水菜とレタスを添えてワンプレートお子様ランチの完成です!

子ども達は大喜び!

母ちゃんも大喜び!

確かに、入っているおかずも使った材料も“ふつう”だけど、無茶苦茶おいしい!

料理夫は「凝ろうと思えば、いくらでも凝ることができたんだけどね・・・。」

いやいや、これで十分!

これ以上、あなたは何を求めているの?なんて言っている暇はナシ。

とにかく今は、お子様ランチを堪能せねば!

一方、料理夫はふつうのお子様ランチを食べながら何を言い出すかと思えば

「じゃぁさ、明日の夜は、何を食べようか?」

と。

「じゃあさ」って何よ。

料理夫は語り続けます。

「やっぱ、“ふつう”はやめよう。面白くない

明日はさ、“ふつう”じゃなくて“サラッと”食べられるものにしよう!

と、キラキラと目を輝かせならがら呟いています。

おいおい、今度は“サラッと”だってさ・・・。

しかも、ふつうじゃないものって何?

それは、明日の料理夫までお待ち下さいね。

ともかく、お家で食べるお子様ランチは、大人も楽しめる「家庭円満メニュー」の王様!

家好きにはたまらない一品。

ぜひチャレンジ下さいね♪

SNSでもご購読できます。