子育て

テフロン加工VS鉄のどっち?息子から学ぶ!フライパンは目的に応じて選ぶべし

ある日、息子が言った一言。

「ねぇ、母ちゃん。
鉄のフライパンって、どうしてあんなに重いの?
あれじゃ、家庭科で習ったスクランブルエッグとか作ろうと思っても作れないよ。」

確かに、わかるよ。その気持ち。

母ちゃんだって、昨年の夏3ヶ月間も腰痛に苦しんだ期間

ル・クルーゼ極厚フライパンの重さに、どれほど泣かされたことか。
あんなに重くて大変だったのにね・・・。

息子よ。
人間とは忘れる生き物なんだよ。

とは言え、

えっ?もしかして・もしかして・・・

続きを読む

電車内で突き飛ばされた息子から見える社会を変えることはできる!

25年前の1月17日。

当時、私は高校生だった。

学校の教室のテレビに写し出される映像を呆然と眺めるしかなかった。
火の海と化した街は神戸。

当時は、行ったことのない街の出来事だった。
ハナミズキ.jpg
その数年後、社会人となった。

一人暮らしも長くなった頃、自宅マンションにて福岡南西沖地震に遭遇した。

震源地に近く、震度6弱の揺れ。

10階建てほどのマンションは激しく揺れ、壁には大きな亀裂が入った。

周辺に駐車している車に搭載された盗難防止装置が、あちらこちらから鳴り響き、周辺が騒然とした雰囲気になったことを思い出す。

6階にあった私の部屋も大きく揺れた。

冷蔵庫は倒れ、その上に設置してあった電子レンジがものすごい勢いで跳んできた。

立て掛けていた大きな鏡や、当時はサイズが大きかったデスクトップタイプのパソコンも跳んでくる。

小さな部屋に逃げ場など無かった。

「モノに殺される。」という恐怖を全身で感じた瞬間だった。

地震発生時に、モノは倒れるのではなく、勢いを伴い跳んでくるのだ。

あの瞬間、モノを減らそうと決めた。

自分の命を守る、そして、自分のことで精一杯の暮らしだった。

そして、結婚して子どもが生まれ、自分の命より守らなきゃいけない存在ができた。
御宿海.jpg
子どもが小さく、私の目の届く範囲内で暮らしているうちは、自分の家庭さえ守っていれば良かった。

どこへ出掛けるにも子どもと一緒。

子どもと自分が一体となった生活。

私自身が大きな病気も抱えていたので、どこまで続くか?わからない真っ暗なトンネルを懐中電灯を持って歩いているような感覚だった。

そして、子どもは成長し、ひとりで動くようになった。
御宿海夏.jpg
私の目が届かないところへ、自らの意志で出て行くようになった。

先日、大混雑する電車に一人で乗車していた息子は、車外に出ようとイライラする中年男性から大きく突き飛ばされ、駅に放り出されたらしい。

親としては、本当に腹立たしいし、その男性をとっ捕まえて、警察に突き出してやりたい。
烏骨鶏.jpg
でも、仮にそれができたとしても、私と息子は幸せか?

幸せじゃないよね。

それだけははっきりとわかる。

自分ひとりのことで必死だった時代。

幼い子を育てつつ自分の病気とも闘わなきゃいけない時代。
心の中も「必死」や「不安」というモノでいっぱい。

私もその男性と同じようにイライラ。
隙間ナシだったのかもれない。

そして、今。
こでまり.jpg
この年齢になって、ようやく周りを見回す心の空間が生まれたように感じる。

心の中に少し空間が生まれた人からでいいから、
子ども達が一人で出て行き、そして暮らしていく社会のことを想わなきゃ、息子が遭遇してしまったイライラ人間は増殖する一方だ。

数年前に、お台場にある日本科学未来館を訪れた際に、目にとまったもの。
1月17日の朝.jpg
1973年にノーベル物理学賞を受賞した江崎玲於奈(えさき れおな)氏が、来館者に宛てた直筆メッセージ。

日本科学未来館内に展示された江崎玲於奈(1973年ノーベル物理学賞受賞)氏のメッセージとは?

来館された皆さんへ


先づ自分の持って生まれた才能を見出し
その育成に努めて下さい。

そして、どうすれば
それを最大限いかせるか、
自分の能力の限界への挑戦をいつも「問い」かけて下さい。

2007年6月20日 江崎玲於奈」

声に出して読んでみる。

小さな挑戦でもコツコツと。

↓これは、3年ほど前のオリンピックスタジアム建設中の写真。
1月17日の朝 国立競技場.jpg
この頃は、弁当を持って千駄ヶ谷周辺へ遊びに行くことが多かったなぁ。

モノはどんどん姿を変える。

一旦、姿が無くなってしまったら、何があったかさえも思い出せなくなる。

一方、言葉というものは不思議な力を持っている。

ずっと忘れていたのに、ある瞬間、急に意識の中に飛び出してくる。

どんな時でも助け合えるように、ふだんから。

父のように、人に優しくね。

小さな金魚植物にも優しくね。

そうすることで、人が人を突き飛ばす気持ちなど生まれない社会になるかもしれない。

半調理でラクに作る!節約にも貢献!食べ盛り男子を持つ母の時短おやつ作り

今年に入り、一気に成長期を迎えた息子。
声変わりも終え、顔には、ちらほらニキビが出たり消えたり。
身長は1年間で10数センチ以上伸び続けています。
身体的な成長は、そのまま食べる量につながる男子成長期真っ盛り。
エンゲル係数は、ここ数ヶ月で右肩上がりの状況。
いくら魚釣り好きな夫がいたとしても自給自足の生活にはほど遠く・・・。
食べるものが身体を作るわけだから、3度の食事に関する支出の増大は致し方ないこと。
ただ、私の頭を悩ませていたもの。
それは「おやつ」の支出。
こちらも、食費と同じ勢いで増大し続けていたんです。
1年前までは高くても1日百円前後。
1ヶ月3,000円程度の支出で済んでいたおやつ代が、あれよあれよという間に倍以上!
気がつけば、家計項目の中でも、存在感を放つ数字に成長しているではありませんか!
あらら。年間トータルで計算するとウン万円。これは節約対象項目の筆頭に繰り上げだわ。
市販されているスナック菓子類は、お腹を満たすものではなく楽しく食べるもの。
コミュニケーションのひとつの手段としては、かなり有効ですが、食欲を満たす存在ではありません。
いくら成長期の子どものおやつとは言え、食欲に任せるままスナック菓子を食べ続けることは、心身面にとっても良い影響があるとは思えない!
でも、ふだんの生活の中で、おやつ作りをする時間は無い!という現実問題。
兼業主婦の生活を守るためにも、母ちゃんは立ち上がります。
これから立て続けにやってくる子どもの成長期。
ヤル気が無くてもふだんのおやつ作りを続けるために、以下のポイントを網羅するよう自分自身と約束をします。

ヤル気要らず・時間要らず。隙間時間おやつ作りのポイント

・おやつ作り時間という大きな時間枠を設けず、極力ふだんの食事作りの時間枠を利用して作ること。
・半調理という方法を使い、隙間時間を利用しておやつを完成させること。
・外出中に完成できる放置おやつ作りをすること。
決意新たに、成長期そして食べ盛り男子のお腹をシッカリ満たすふだんのおやつ作り開始!

半調理で時短おやつ作り・食べ盛りの子どもが喜ぶ!サツマイモのおやつ

芋を干して揚げる!半調理でラクに作る大学芋の作り方

食べ盛りの我が家の子ども達は、サツマイモ好きです。
ありがたい・・・。
サツマイモと言えば、安い!甘い!腹持ちいい!の栄養食材の王さま。
大学芋①.jpg
今回紹介するのは、おやつの王道・大学芋です。
夜に揚げ物をしょう!と思っている方、朝食準備時に、芋を切って水にさらしておいて下さい。
美味しく作るポイントは、あらかじめ芋を切って天日に干しておくこと。
これだけで、水分がほどよく抜けたカリっとした大学芋に仕上がるコツです。
●材料
・サツマイモ大2本
・ゴマ
●タレの材料
・てんさい糖(砂糖) 大さじ3
・水 大さじ2
・本みりん 大さじ2
・醤油 小さじ1

◆朝食準備時にやること(半調理部分)

①芋を切って小さじ1程度の塩を加えた水に10分程度さらしておきます。
塩水にさらすことで、芋の雑味を取り除きながら変色を防ぐことができます。
大学芋②.jpg
②芋をサッと流水で流しデンプン質を落します。
そのままザルへ移します。
大学芋③.jpg
ちなみに、このザルは、かれこれ10年以上使っています。調理器具としても、クッキングシートさえ敷けばお皿代わりにも!
手入れも簡単で、使いやすいですよ。

③天日に干します。
天日干しできない場合は、室内干しでも十分です。
そのまま半日程度放置します。
④小鍋にタレの材料を入れ火にかけます。
タレがトロッとした状態になれば火を消し、そのまま放置しておいて下さい。
大学芋⑤.jpg
大学芋⑥.jpg
糖分が高いので腐ることは考えにくいですが、念のため夏季は冷蔵庫に保管した方が良いです。
タレは、冷蔵庫で1週間は保存できます。

◆帰宅後(仕上げ部分)

①揚げ鍋に芋をいれ、常温の油を入れます。
芋が天日干しされた状態なので、残りは火を通すのみ。
芋の水分が抜けているので、油ハネもほとんど無く、芋の扱いがとても簡単です。
大学芋⑦.jpg
②油を入れたら加熱開始です。
弱火のままでじっくり揚げ始めます。
油は常温。火力は弱火です。これが揚げ物をラクに美味しく揚げるコツです。
大学芋⑧.jpg
我が家では、こちらの油ハネ防止ネット付きの揚鍋を使っているので、干した芋を揚げる程度では、油汚れを気にする必要はありません。

大学芋⑨.jpg
芋が揚がってくるまでは放置です。
弱火でも油の温度は上がり続けているので、台所は離れずに、他にできる作業をして下さいね。
③芋が揚がってきたら一気に火力を揚げます。
すでに芋の内部にはシッカリと火が通っています。
後は、外側をカリっとさせるだけ。強火にして1分くらい加熱すれば十分にカリッとした食感に仕上がります。
大学芋⑩.jpg
芋が揚がりました!
天日干しした芋は、揚げると糖分が白く浮き上がります。
余計な水分が無く、カリっとした揚げ上がりです。
大学芋⑪.jpg④クッキングシートの上でタレをからめます。
揚げた芋の油を切り、クッキングシートの上に広げて下さい。
大学芋⑫.jpg
その上から、温め直したタレを絡めて下さい。
クッキングシートの上で作業した方が、洗い物は少なく、タレを無駄なく芋に絡ませることができます。
⑤ごまを振り掛けて完成です。
大学芋出来上がり.jpg
タレを作るのが面倒だったら、そのまま塩とキビ砂糖を振りかけて食べても、十分に美味しいです。
揚げた芋は冷凍できます。
先ほども書きましたが、タレは1週間程度は瓶詰め冷蔵保存が効きます。
揚げた芋は小分けに冷凍しておくと便利です。
食べる当日の朝、冷蔵庫に移しておいて下さい。
タレを置いておけば、私が留守中でも、下の子は、トースターで芋を温め、タレをかけて食べていますよ。
息子は・・・温めずにそのまま!もしくは、妹に全てやってもらっている様子。

◆その日の晩ごはんは?

芋を揚げた日は、揚げ鍋そのまま利用のため、晩ごはんも揚げ物です!
揚げ物.jpg
これは夫が揚げた週末ご飯の様子。
私が作る平日ふだんのごはんは、もっと簡素化されていますよ♪
以上です。
・芋を切って干しておくこと。
・事前にタレを作って保存しておくこと。
この2つの半調理さえクリアしておけば、つきっきりにならなくても、隙間調理で簡単に美味しい大学芋が完成します。
とにかくできる範囲で!というのが私の信条。
もちろん、私の手だけでできることは限界があるから、子ども達の手も利用します。
手伝ってもらうというより「あるものは利用しよう!」という気持ちの切り替え。
小学生も中高学年に上がれば、十分に活用できる手です。
ひとりでやろう!と思わずに、でも、誰かが始めなきゃね。と、
子育て期は、とにかく隙間時間の活用で家事効率を上げること。
大きなサツマイモ2本で作った大学芋が、わずか数分で消えてしまう姿を眺めながら改めて覚悟を決める母ちゃんです。
関連ブログ
・鶏胸肉で作るチキンカツは食べ盛り男子必須献立!簡単にフライ衣をつけるには?
・皮付きレンコンを叩き潰す!食べ盛りと成長期を満足させる歯ごたえ鶏つくね
・食品ロス削減にも貢献!自家製アジ干物作りは冬の寒さでエコ調理

スポンサーリンク


ランドセルは学用品の一部ですよ。

いつもはシーンとしている池袋の神田屋鞄店周辺が、最近は平日なのに賑やか!と・・・早くもランドセル商戦真っ盛りなのね。
我が家の子ども達がランドセルを購入した数年前も、こんなに盛り上がっていたのかしら?
でも、ここまで早くなかったような気がする。
親子共々、「ランドセルは買わなきゃねー。」という程度の盛り上がり。
上の子は、通っていた幼稚園で配布された団体注文を利用し早期割引価格で購入。
下の子は、ネットで型落ちになったランドセルを定価の約半額くらいで購入。
子ども達は、ランドセルの色ぐらいは興味があったかな?「赤だったらいい」「青だったらいい」という希望程度でした。
私も、ランドセルは学用品の一部という位置づけで購入したので、大きな買い物をした!という印象は全くありませんでした。
もし、この記事をご覧のあなたが、
・時間ないけど、やっぱりお店に行って実物を見なきゃダメなの?
・少しでもランドセル購入の費用面を抑えたい!
・ランドセルって、高い方がいいの?
・ランドセルを通販やネットで簡単に購入したい!
と思われる方がいらっしゃったら、私の経験を参考にして下さいね。

ランドセルを購入する際に気をつけたこと

ランドセル購入のポイント

①予算を決める

ランドセル購入にかける金額は人それぞれ。周りの情報や噂に流されることなく、親として納得できる範囲の金額のモノで十分かと思います。
小学校入学にあたり、公立小学校に在籍するにしても、たくさんの学用品を用意して入学することになります。
また入学後も、ピアニカや絵具セット等、学習に必要な道具の購入が続きます。
ランドセルだけを特別扱いするのではなく、学用品の一部として予算に組み込むという視点に切り替えてみてはいかがですか?
圧倒的に金銭的負担が軽くなります。
参考として・・・

■入学前に用意した学用品

入学式用の服・学校指定の帽子・体操着一式・給食に必要なセット(ランチョマット等)・上履き・筆箱(鉛筆等)・運動靴・手提げ袋・上履き袋・折りたたみ傘

■入学後すぐに用意した学用品

リュックサック・水筒・絵の具セット・ピアニカ・クレヨンセット・色えんぴつセット
以上。
思い出せる限りで、ランドセル以外にもこれだけのモノを買い揃える必要がありました。
一つ一つの金額は、数百円~数千円なのですが、コレが積み重なると想像以上に大きな金額に膨らんでいました。
入学前後に必要となる予算として、キッチリと把握しておいた方が良いですよ。

②ランドセルのサイズを確認する

意外に重要なのがランドセルのサイズです。子どもを小学校に通わせて感じたことは、小さめより大きめのサイズを購入しておいた方が良いということ。
持ち帰るモノが多い時、手提げでは、持ち手が腕に食い込んで痛いそうで、できるだけランドセルに詰め込む子どもが多いです。
うちの子ども達も、教科書以外にも、体操着や給食着、時には上履きもギュウギュウに詰め込んで帰ってきます。

③本革にこだわらない

ランドセルに使用されている合皮は軽くてとにかく丈夫です。雨に濡れても大丈夫だし、汚れ落ちも抜群です。
当然、全体に本革を使用したものより価格も安くなります。
合皮だから劣化するのでは?なんて噂もあるけど、よく考えてみて下さい。ランドセルはウン十年も使用するものではないのです。
合皮の劣化が始まるよりも早い段階で、子ども達は6年間の使用を終え、小学校を卒業してしまいます。たった6年間の使用です。
子どもが気兼ねなく使い倒して少々ボロになって卒業を迎えるようなイメージでいいと思います。
「ランドセルが処分できない!」と、困っている方、けっこういますよ。
卒業後も「まだ使えるのに・・・」という未練等一切なく、サッと処分できる状態まで使い倒せる方が気分も楽かと思います。

④最新モデルにこだわらない

娘のランドセルは、当時1年前のモデルのモノをネットで購入しました。かなりお買い得でした。
すでに数年使用していますが、何の不満も無く使っています。

⑤保証内や返品・交換の規定を確認すること

国内のランドセルメーカーは必ず保証がついているはずです。製造元の保証内容や返品・交換の規定は必ず確認して下さい。
また、ネットで購入する場合は、必ず会社そのものが信頼できる実会社なのか?を確認すること。
これはランドセルに関わらず、モノを購入する際の最も重要なポイントですね。

⑥ランドセルは汚れてなんぼです!

子ども達は、元気に遊びながら帰ってきます。少々の雨くらいなら傘もさしません。カバン持ちジャンケンもします。当然汚れるし傷もつくけど、それがたまらなく可愛いと私は思います。
↓こちらは、あと数ヶ月で卒業を迎える息子のランドセルです。ガンガン使っております。
ランドセル表.jpg
↓背中面。ベルトの両端が剥げてきましたが、親子共々、全く気にしておりません。
ランドセル背中.jpg
ちなみに、こちらは学校PTAのリサイクルイベントで無料で頂いたランドセル。
リサイクルランドセル.jpg
海外で暮らす姪っ子が、日本に帰国した際に通う小学校体験入学用に用意しました。
このイベントでは、6年間使ったの?と言いたくなるくらい美しいランドセル達が次の行き先を待ちズラッーと並んでいました。
私は、1年生の子ども達のランドセルを覆う黄色い交通安全のカバーが大好き!
あの黄色いカバーがピカピカに輝く1年生の後ろ姿のかわいいこと。
こども達がが2年生に進級して、カバーを外さなければならない瞬間は、本当に寂しかった。
大きかったランドセルが、成長する子どもの背中で、どんどん小さくなっていく姿は、嬉しさと寂しさ半分半分だね。
とにかく元気で育ってくれ!と願う母ちゃんなのです。

スポンサーリンク


子どものヤル気スイッチはどこにある?

子どものヤル気や興味を引き出すスイッチは、どこにあるか?
それは、たぶん、親も本人も見えないところにあるような気がします。
5年前のクリスマス。
息子は、サンタさんより、念願の任天堂3DSをプレゼントしてもらいました。
後日、貯めてきたお年玉を握りしめ、初めて買ったゲームソフトは、当時流行っていた「妖怪ウォッチ三国志」。
まさか、このゲームソフトが、息子が歴史好きになるキッカケになるとは・・・。
「母ちゃん、三国志って何?」
あの時、息子の何気ない質問にちゃんと答えていて、良かった。
その後、小学低学年用に書かれた三国志6巻をアッという間に読み終えた。
それまでは、毎月発売されるコロコロコミックしか読んでなかった彼が、ゲームと同じくらい、いやそれ以上に、歴史関連の読書にハマったのだ。
その後は、学研の定番歴史マンガシリーズや人物シリーズに始まり、石ノ森章太郎氏の歴史シリーズ。
次に、戦国時代の武将関連・・ここまでくると漫画系では詳細が書かれていないと思ったのか?
「ねぇ、ちょっとくらい難しくても読めるからさ、大人でも読めるような本がいいな。」と言ってきたのだ。
それからは、歴史家で有名な磯田道史氏や小和田哲男氏の著書も次々と読破。
全部購入するわけにはいかず、毎週のように図書館通いが続いた。
平安から昭和まで。
平成は、池上彰氏の著書で網羅。
いまは、歴史から少し離れ、池井戸潤シリーズに夢中。
本.jpg
見守るだけの母は、到底、読書量もスピードも、彼の足元にも及ばないような状況になってしまいました。
更に、昨年のプロ野球クライマックスシリーズから猛烈な勢いで野球に入れ込み、今度は新聞のスポーツ欄を熟読し始め、気分が乗れば社会面政経面も読み、いろいろと質問してくる。
一方、その質問に明確に答えられない私。
「ごめん。わからないから、調べておくよ。」との返事しかできない。
いやぁ、ほんとに、勉強不足。
「勉強しなさい!」と言われるのは、私だね。
だからと言って、彼の読書好きが学校の成績に直結するか?と聞かれると、そうとは言えない。そうゆうものではないということだな。
子どもの興味を引き出すヤル気スイッチって、こんな感じで繋がっているんだね。
しかも、成績を上げるためのモノだけじゃなくて、人生を豊かにするためのスイッチとも言える。
子どもは、大人の想像を超えたところに、ありとあらゆるスイッチをたくさん持ってるよ!
たまに変なスイッチが入ってるなぁと思うこともあるけど・・親として見守れる範囲であれば、そのスイッチも勝手に切ってはいけない。
だって、私が見たことも経験したこともない興味のスイッチに繋がっている可能性大だから。
これから先も、どんなスイッチが入るのか?見守ることにしよう。

子どもに習い事を辞めたいって言われたら?

「うちの子、勉強じゃなくていいから何か興味を持つことをやって欲しいんだけどな・・・。
習い事も全部やめてしまったし。嬉しそうにテレビばっかり見てダラ~っとしてるんだよ。」
5年生のお子さんを持つお母さんが、保護者会の後にもらしたセリフ。
そう話しかけられた私は言ってしまいました。
「習い事を全て辞めさせるなんて思い切ったね~。なかなかできることじゃないよ。すごいじゃない!◯◯ちゃん、ゆっくりしたかったんだよ。部屋にこもってスマホを見てるわけじゃあるまいし、親がいるところでテレビ見ながら幸せそうにしているんだったらいいじゃない。だって小学生だよ。いま、思いっきりダラダラしなくて、いつダラダラするの?そのうち、自分でやりたことを見つけてくると思うよ。」
「だって、ワタシ達が小学生の頃って、ノンビリしてたじゃん!何よりもさ、◯◯ちゃん、顔くらいしか知らないワタシに挨拶してくれるし、なんかこう自然で無理してない感じが素敵だよ。家で安心して過ごしている証拠だよ。」
それを聞いた彼女は
「えっ、そう!?そうかな~。そうだよね。」と、なんだか嬉しそうに見えました。
私が小学校5年生の頃は、進学塾はもちろんのことスイミングなんて今時の習い事をやっている子なんて数えるほどしかいなかった。
私も、オルガン教室とそろばん教室を早々に辞め、なんとか6年生まで通っていた習字教室に至っては、ズル休みの策を練ってばかりいた。
あのまま続けていたら、今とは違う人生だったかも・・・。
なんて、大げさに考えたこともあるけど、この年齢になるとそれはないとハッキリ言える。
時代が違うと言えばそうなのかもしれない。
ただ、私達の子ども時代に、子どもが習い事をしてないことに不安という気持ちを抱く親は、そんなにいなかったんじゃないかなぁ。
何かと比べてしまうから「うちの子は習い事をしてないから心配」になってしまうのかな。
昔は、比べる対象は、近所の子ども達くらいだったのが、いまは、ありとあらゆる子ども達や家庭と比べることができてしまうものね。
プラスすることばかりじゃなくて、何かを引いてあげることも大切かも。
抱え込んで重みで潰れない前にね。
かぶさん1.jpg
なによりも、子ども時代って今しかない。
同じ日は二度と巡ってこない。
子どもがやりたいと思うことを思いっきりやらせてあげるって、そうゆうことなのかなと私は思う。

子育て 3月生まれは成長が遅いの?

先日、3月生まれのお子さん(もうすぐ3歳)がいらっしゃるお母さんとお話する機会がありました。
会話の中で、彼女が
「来月、うちの子どもが、幼稚園に入園するんだけど、3月生まれだから、言葉や行動がゆっくりで・・・ワタシに似たのかなぁ。」
と、少し不安そうに打ち明けてくれました。
うん。よくわかる。
ウチの子ども達が入園するときも、同じようなセリフをあちらこちらで聞いたものです。
入園の事前説明会や入園式、そして小学校入学の時まで「うちの子は3月生まれで、いろいろと遅いので、よろしくお願いします」と、自己紹介される方もいらっしゃいました。
私は、悩む彼女に
「一体、何と比べて遅いの?
同学年とは言え、4月生まれの子と3月生まれの子では、誕生日が11ヶ月も違うんだよ。
あなたが出産している頃、4月生まれの子は、ハイハイしたりつかまり立ちをしたりしていたんだから。早いとか遅いとかではなく、違いがあって当然じゃない?そもそも子ども自身は、自分は3月生まれだから成長が遅いなんて全く感じてないはず。」
「もし、3歳になるかならないかの子が
“ぼくって、3がつうまれだから、せいちょうがおそい?”
なんて思っていたら、これは完全に大人の勝手な都合やすりこみなのでは?」
「親であるあなただけは、何かと比べず、その子自身の成長を見守ってあげれば大丈夫だから。」
と、日頃から思っていることをお話しました。
すると彼女は、
「やっぱりそうよね。そうだと自分ではわかっているのに、ついつい他の情報(3月生まれのメリットとかデメリットとか)に流されてしまって、他の子ができることばかりに目がいってたような気がする。話してよかった!」と、少しスッキリしていた様子。
佐々木先生.jpg
子育ては競争ではない。
彼女との会話を通して、改めてそう感じた私でした。