片付け

子どもと片付け⑤捨てないモノもある

このミドリのダンプカーのオモチャ。
息子が小さい頃に流行った「変身ブーブ」というシリーズのモノ。
ミドリブーブ.jpg
当時5歳くらいだったかな?私の友達の息子さんから頂いたものです。
「変身ブーブ」その名の通り、変身するオモチャです。
留め具を外してひっくり返すと、あらビックリ!オレンジのダンプカーに変身。
オレンジブーブ.jpg
息子は、このブーブを使って「かあちゃん、何秒でへんしんできるか?はかって!」と、私にタイマーをもってきて変身のタイム計測をさせてました。
面倒だなぁ・・・と思いつつも、「ハイ、2秒ね。次は、母ちゃんだよ。」と競い合ったりしたっけ。
先日、遊ばなくなった息子のプラレールやトミカを処分した時に、このオモチャは捨てませんでした。
息子は、「へぇ~、これは捨てないんだ」と。
そう、これは捨てません。
いつか産まれるかもしれない孫に与えるオモチャでもありません。
これは、母ちゃん自身の大切な思い出の一品です。
もう、かれこれ8年くらいは前になるかもしれません。
私達夫婦共通の友達一家が、うちに遊びにきてくれた時、うちの息子より1歳年上の息子さんが、うちの息子にプレゼントするために選んでくれたのが、このブーブ。
でもね、その息子さん。自分も遊びたくて遊びたくて・・ブーブをカチャカチャ!と変身させたくてたまらなかったのでしょうね。
うちに遊びに来る前日に、ガマンできなくなって自ら箱を開けてしまったとのこと。
遊びに来た当日、そのエピソードを彼の両親が話す側で、バツが悪そうに箱無しのブーブをプレゼントする姿が、もう可愛くて可愛くて、子どもの健気さみないなものが伝わってきた瞬間でした。
今思うと、小さな男の子の行動って、そんな気持ちにさせてくれるものばかりだったような気する。
でも、当時の私にとっては、それが当たり前(=ふつう)で、決して特別ではなく、むしろ面倒だなぁと思うことも沢山ありました。
今思えば、なんてキラキラした素敵な生活を送っていたのだろう。
ということは、未来の自分から見ると、きっと今も、超素晴らしい日々なのであろう。
そうゆうことか。
やっぱりいま、こうやって過ごしているということはすごいことなんだ。
この1台のブーブから、私は、予想しない沢山のことを教えてもらった。
でも、このブーブをクローゼットの奥底に眠らせたままでは、大切なことを忘れたままだったね。
だから、片付けって面白いのだ。
今は、お互い忙しくてなかなか会えないけど、今度、その友達家族に会う時は、このブーブを持って出掛けよう。背も高くなって声変わりもしてしまった大きな男子達が何を話すのか楽しみだ。

子どもと片付け④小学生の捨てる習慣を身につける

「子どものものが片付かない。モノが増える一方、どうしよう~!」の声は、あちこちから聞こえてきます。
買ってもないのに、圧倒的に増えるモノの第1位が学校生活において生み出されるモノです。
前回は、その中でも一番増えてしまう「宿題プリントやテスト参考資料」の片付けについてお話したところです。
【学校生活で生み出されるモノ】
・宿題プリント、テスト類
・教科書、ノート、ドリル
・夏休みの課題等
・図工や家庭科で制作した作品
・賞状や記念品
・調べ学習等で作成したファイル類
・いつか使うかもしれない図工の材料
今回は、2番目に増える学習用品として「教科書、ノート、ドリル」の片付けについてお話しますね。
これまた、子ども達は先生方から「復習のために保管しておいて下さい。」と、ご指導頂いているはずです。
でも、この指示の文言。案外、明確な指示なのかもしれません。
「復習が終われば必要ありません」という内容に置き換えができますから!
ただ、厄介なのは、何を持って復習とするのか?ということです。
子どもに「復習した?」と聞いたとしても、ニコニコしながら「復習したよ。」と返事されるのが目に見えています。そもそも復習って言葉。範囲が広すぎます。
とは言え、小学生のうちは、漢字ドリルと計算ドリルに算数ドリルの3種類程度。
私も、これぐらいはやらせなきゃ!と意気込む時期もありました。
上の子が小学1年生になったばかりの時は、復習という行為を明確にするために、更に計算ドリルや漢字ドリルを購入し、やらせたりすることもあったかなぁ。
でもね、私がヨコに座って見てあげる時間も確保できず、結局、途中のページで止まってしまう。
復習ではなくドリルをやらせるという行為に必死になってしまい、親も子も楽しくない。
お金も気持ちも無駄にしてしまい、とっても嫌な気分になることもありました。
そもそも、そんな復習のやり方は、私達親子には向いてないということを痛感した私。
そんな私を救ってくれたのが、この2つの検定です。
・日本漢字能力検定https://www.kanken.or.jp/kanken/
・日本数学検定協会“https://www.su-gaku.net/
上の子が2年生の時から、復習の手段として、小学校で開催している漢字検定と数学検定を受験することを習慣としています。
それぞれの協会から、受験対策用の推薦問題集が発行されていますが、我が家の子ども達は、前年度に使用した教科書とドリルを見直すというやり方をしています。
計算スキル.jpg
当然ですが、学校で使用した教科書と子ども自身が書いたノートとドリルなので、間違った箇所やイマイチ理解してない部分は、一目瞭然。
そういった部分だけ一緒に見直してあげるのです。
漢字については、1学期~3学期に使用した漢字ドリルを何回も目を通すだけです。
よく間違っていた漢字だけピックアップして書き取りをさせます。
子ども自身も使い慣れたドリルを見直すだけという感覚なので、プレッシャーもなく、すんなりと取り組める様子です。
どちらの検定も6月頃に受験するので、終了すれば、使用した教材はすべて処分します。
小学生レベルの級であれば、ある程度の備えをしておけば合格します。
級を認定された上に合格証を貰えますので、小さな達成感を積み重ねることもできるという点も気に入ってます。
ちなみに、昨年は、私も子ども達と一緒に受験をしました。
私にとっては、シッカリとした勉強が必要と思われる級を受験したので、1回目は不合格。悔しくて、再度チャレンジ。
2回目で合格することができました。
合格証と引き換えに、ドリルやノート等を処分できるんです。
スカッ!としますよ。
証明書.jpg
遠くや理想を見ることも大切ですが、あるモノを徹底的に使い倒しサヨナラをする。
物事を学ぶ場面でも、とても重要なことなのかもしれません。

子どもと片付け③小学生の捨てる習慣を身につける

「子どものモノが片付かない。モノが増える一方、どうしよう~!」
という声。私のまわりのお母さん達は悩んでいます。
でも、そのセリフの中には、ちゃんと「モノが増える一方」という片付かない原因もしっかりと把握している場合がほとんど。
頭ではわかっている人がほとんど。こんな悪循環↓↓
・モノが増える→片付けなければならないモノの量が増える→子どもが自分では片付けられないので、代わりに親が片付ける→子どもは片付けられるようにならない
子どものモノが、ミニカー1個・お人形1体だった頃は、片付けることすら必要なかったのでは?
とても単純なのですが、モノが少なければ片付ける必要すらないないのです。
ちょっとくらい床が散らかっていても、一箇所にまとめれば済むこと。
じゃぁ、一体、何が増え続けているのでしょうか?
もちろん、購入したモノが増える。これは当然ですね。
じゃあ、購入していないのに増える子どものモノって、どんなモノがあると思いますか?
①学校生活や習い事で生み出されるモノ
宿題プリント、テスト類
・教科書、ノート、ドリル
・夏休みの課題等
・図工や家庭科で制作した作品
・賞状や記念品
・いつか使うかもしれない図工の材料
・習い事の道具類
②他人から貰うモノ
・プレゼントされたモノ
・お下がりの洋服
・譲ってもらったけどすでに使わなくなったオモチャ
③子ども限定でもらえるモノ
・お店や飲食店で子ども限定のプレゼントや景品
以上、数え始めたらキリがありませんね。
その中でも、小学生になると、圧倒的に増えるモノの第1位が学校生活や習い事で生み出されるモノです。
今回は、その中でも一番増えてしまう「宿題プリントやテスト参考資料」の片付けについてお話します。
小学生になると、1年生よりも2年生、進級するにつれて、教科書やノートを始めプリントや資料等が格段に増えていきます。高学年になると、プリント・プリントの山。
幼稚園や保育園生の時と違い、親がひとつひとつのモノに関して「これはもう使わないのか?」なんて、先生に確認することもなくなります。
つまり小学生になるということは、子どもが子どもなりに判断してモノの管理を始める時期ということ。
我が家でも、子どもが小学校に上がったばかりの頃は、子ども用の収納スペースは日々埋まっていき、「◯◯がない!」「ねぇ、△△はどこへいったの?」なんて、しょっちゅう。
「もう、だから片付けなさい!って言ったでしょう!」とプンプンしながら親子でプリントを探す朝が何度あったことでしょう。
対する子どもたちは「だって、先生が”ホカンしてください”って言ってた。」とか「先生が、“おうちにおいておいてください”って言ってた。」との返事。
あ~あ。なんでもかんでも言うことを聞くんじゃないよ。もっと自分で判断しようよ!とブツブツ言ってしまう私。
でも、子ども達の言う通りなんです。
そもそも学校生活では、
勉強や生活指導に関しても、積み重ねることが大切。
モノに関してはしっかりと保管することが大切という指導を受けているでしょう。
何かを自宅に持ち帰るときの先生のセリフは
おうちで保管しておいて下さい。」とか「おうちで保管して復習して下さい。」ということが多いでしょう。決して「この勉強は終わったので要らないから捨てて下さい」なんて言う先生は限りなく少ないと思います。
じゃぁ、言葉通り保管し続けたら、一体どうなる??
間違いなく、子ども達のスペースは紙類で溢れかえります。
ファイリングしたりフォルダに分けたりしたらいいじゃない!と思うかもしれません。
私も一度はやってみたんだけど・・・続きませんでした。
日々宿題として出される計算プリントや漢字プリント、間違い直しまで終了したテスト類。
これ、ファイリングして何になるんだろう?というモヤモヤが頭に浮かんでくるだけ。
学習に関して言えば、子どもが理解しているかどうかが大切で、これら紙類を保管することは重要じゃない気がします。
私の方針としては、子どものモノは「捨てるも保管するも子どもに任せる」ということを大切にしてあげたい。
親としてできることは、モノを収納できるスペースを確保してあげる。
そのスペース内であれば、どう使おうと本人の自由。
ただし、子どもだって、何かの基準がなきゃ、先生の「保管して下さい」という言葉の方を優先するに違いない。
よし決めた!
私は、プリントや紙類の片付けについて、子ども達と約束をしました

【捨てるか?保管しておくか?の基準】

・宿題プリントやテスト類は、必ず間違い直しまで終わること。
先生に提出すべきモノは必ず提出し確認印をもらう。そこまで終わったら捨てよう。
・先生の「おうちで保管して下さい」のセリフは「おうちで捨てて下さい」に置き換えて大丈夫。
ただし、先生が「コレは◯◯で使うから、それまでお家で保管して下さい」等、次の使用目的が明確な場合は捨てない。保管用のフォルダに入れておく。

たった2つですが、そう決めた途端に、ホイホイ捨て始めた子ども達。
そうすると、自分の収納スペースには、今、勉強している内容のプリント類だけがある。
つまり、キレイに片付いてなくても、モノを見つけることが簡単になる。
見つからない!と大騒ぎすることも無くなりました。
でもね、たまにはあるんです。
「間違って捨てちゃったぁ~。」ということもね。
その時はその時。
ちゃんと親としてフォローしてあげればいいんじゃないかな。
片付けるという行為は、小さな判断を積み重ねて自分が暮らす空間を整えるということ。
プリント一枚を捨てるのか?捨てないのか?
こんな小さな判断からスタートさせて少しずつ片付ける力というものを身につけていく。

子どもとの片付けは、そんな小さな一歩から始めてみてはいかがですか?
⬇3学期終了直後、子ども達は要らないと判断した教科書・ノート・プリント類を処分。
ファイル.jpg

子どもと片付け②収納術より捨てる習慣

春休みがやってきました。
我が家では、1年のうち3回だけは、私も子ども達を手伝って一緒に片付けをするようにしています。
とは言っても簡単です。私の役目は、来学期、学校で使わないであろうモノを捨てる判断を子ども達と一緒にしてあげるだけです。
私は片付け好きなのですが、収納には、そんなにこだわりがありません。
人が生活している場というのは、常に何かが動いているものだから、収納された状態よりも、いかに使いやすい(=動かしやすい状態)にされているか?また、そのモノを動かすに十分な空間が確保されているかということを考えて片付けをしています。

モノを動かすに十分な空間はどうやって確保するのか?

・不要なモノを捨て必要なモノを動かすための空間を作る。
・より広い空間を確保するために住まいを変える。
住まいを変えることは、現時点で現実的じゃないとしたら、不要なモノ「捨てる」ことで空間を確保するしかないのです。
もちろん、子どもの片付けに関しても、本人が、何がどこにあるかを把握できて不自由なく動かすことができるのであれば、どのような状態でモノを収納しようが子どもの自由です。
子どもたちの収納スペースです⬇インスタ映えは全くしません~。
片付け棚.jpg
そうは言っても、日々配られるプリントやお知らせの紙、資料にテスト。
放おっておくと、アッという間に積み重なる膨大な紙の山。
自分のお目当てのモノが見つからずイライラしている様子を見かけることも数しれず。
そんな時は、毎度の声掛けセリフです。
「要らないモノを捨てたら必要なモノが出てくるんじゃない?自分に必要なモノを探しているのにイライラしているなんて、楽しくないよねー。」
同じセリフを繰り返すワタシに対して
子ども達は「聞き飽きたぞ!そのセリフ・・・。」と、思っていることでしょう。
でもね、子ども達も、山積みとなったモノの中から、自分が必要なモノを見つけることは無理だということに気づいてきたみたいです。
だから最近は、見つからなくてイライラしながらも、要らないモノを捨て始めるんです。
そうやって、自分のモノを自分で判断して処分しているうちに気持ちが落ち着いてくるのでしょう。
たとえ最終的に、見つけたいモノが見つからなかったとしても、まぁ仕方ないな。みたいな様子になるから不思議。
要らないモノの山が目の前から消えて、新しい空間が広がると、気持ちまでサッパリするのでしょう。
不要なモノを削ぎ落として見た目が軽やかなると心まで軽くなるようです。

子どもと片付け①子どものおもちゃを処分する

我が家の息子。小さい時は、大の電車好きでした。
プラレールやトミカで遊び始めると、文字通り寝食を忘れて遊ぶような子。
そんな息子が小学生になり、次第に遊ばなくなっても、ご近所の小さい子が遊びに来ると、プラレールやトミカは大人気。
10年来活躍の定番おもちゃでした。
ワタシとしては、あるモノで工夫して遊んで欲しいという気持ちもあり、レールや車両は極力増やさないよう気をつけていたっけなぁ。
オモチャは買わない。増やさない。簡単に譲ってもらわない。
「小さいダンボール箱に入りきる量だけで遊ぼう。」と、いつも言い聞かせていたので、手持ちのレールや車両を駆使し遊ぶ息子。1レールたりとも無駄にしないレイアウトを次々と生み出す力は子どもならではだわぁ~と感心していました。
そして、今日。
学校が春休みに入ったのを機に、全てのプラレールとトミカ、電車類のオモチャとサヨナラすることに決めました。
息子は「あ~、もう絶対に遊ばないのに、捨てるとなると寂しいねぇ」と。
その傍らで私は「このトミカはね・・・。この車両はね・・・。」と思い出話に花を咲かす状態。
自分のモノだと、アッサリ処分できるのに、子どものモノだと「やっぱり捨てるのをやめようか。」とか「孫が使うかも・・・」なんて、どれだけ先の話をしているんかい!と自分でツッコミを入れたくなる。
プラレール処分.jpg
そうやって、子どもとあーだこーだと話をしながら、モノを思い出や経験に変え、最終的にサヨナラできるなんて幸せだね。
そんな中、息子が「これだけは捨てないで、とっておいていい?」と手のひらに載せたトミカ数台とプラレールの車両1両は、トイレの棚に飾っておくことに。
息子は、捨てない理由をワタシに話してくれた。
聞けば、私が記憶してない息子ならではの思い出ばかり。
そうだよね。本当に一生懸命遊んでいたんだから、ワタシの想像を遥かに超える思い出が詰まっているんだよね。
トミカ.jpg
息子は、今この時も、そしてこれからも、そんな思い出を少しずつ増やしていくだろう。
そして、今日はトイレに飾ることにしたトミカも、しっかりと思い出に変化させ、モノとしては姿を消す日が近いんだろうなぁ。
レールや車両をキッチリと詰め込み、ちょうどダンボール箱ひとつ。
パタンとダンボールのフタをかぶせた私でした。