プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』プロ料理家コウケンテツさんレシピ参考

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』のご紹介。基本材料は豚こま肉・玉ねぎ・人参。食べたい時にサッとできる!プロ料理家コウケンテツさんレシピ参考の簡単美味しい韓国風プルコギを作ります♪

お買い得な豚こま肉と基本野菜の玉ねぎ・人参だけで

サッと完成するレシピがあれば楽なんだけど・・・。

そんな方にオススメなのが

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』。

料理に時間がかけられない時の定番レシピ!

プロ料理家コウケンテツさん参考のプルコギレシピは

簡単なだけでなく納得の美味しさ。

肉も野菜もたっぷり!

ご飯がススムレシピ!

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』の詳しい作り方をご覧下さいね。

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』作り方

材料(3~4人分)

  • 豚こま肉 300g~400g
  • 玉ねぎ 大1個
  • 人参 1本
  • 万能ねぎ お好みで

※家にある野菜やきのこを加えても美味しい

下味調味料

  • しょうゆ 大さじ3~4
  • 酒 大さじ3~4
  • 砂糖 大さじ1~大さじ11/2
  • ごま油 大さじ3~4
  • にんにく 1片すりおろし
  • しょうが 1片すりおろし
  • 煎りごま 大さじ2

作り方

1.玉ねぎ・人参を薄切りに、万能ねぎは3cm程度にカットする。

玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。

人参は大きく斜めにカット。

続いて細切りしていく。

人参は斜めにカットしてから細切りにすると

繊維を断つことができるので

味が染み込みやすいだけでなく

加熱すると直ぐにしんなりとしてくれる。

ちなみに

切れ味が良く気軽にメンテナンスができる包丁をお探しの方。

アフターサービス抜群!

吉田金属工業さん製造のグローバル包丁がオススメ。

万能ねぎは

風味と彩りをプラスする役割。

3~4センチにカット。

万能ねぎが無い方は

長ネギの青い部分を薄切りにして代用してもOK。

最後に

冷蔵庫の中の余り野菜を入れても美味しい。

今回は

野菜室に残っていた生椎茸を2枚加えることに。

プラスする野菜も

下味の馴染みと火通りを良くするために

すべて薄切り・細切りにしていく。

2.豚こま肉を1枚1枚剥がしながらボールに広げ入れる。

加熱時に

豚こま肉が団子状にならないよう

1枚1枚はがしながらボールに広げていく。

豚こま肉を広げることがこのレシピ最大のコツ。

こうすることで

下味の調味料が豚こま肉1枚1枚に染み込み

野菜との絡みが断然アップ!

味が良くなるだけでなく食感も倍増するコツ。

3.豚こま肉に下味調味料、続いてカットした野菜を加え、しっかりと混ぜる。

まずは

ごま油以外の下味調味料を加え

しっかりと味を馴染ませる。

  • しょうゆ 大さじ3~4
  • 酒 大さじ3~4
  • 砂糖 大さじ1~大さじ11/2
  • にんにく 1片すりおろし
  • しょうが 1片すりおろし
  • 煎りごま 大さじ2

調味料は野菜の量に応じて調整。

しょうゆは

仕上げに加えることができるので

この時点では少なめにしておくと

味の調整がしやすい。

手を使って

豚こま肉に調味料をシッカリと馴染ませていく。

ごま油を他の調味料と一緒に加えると

野菜が油でコーティングされ味が染み込まなくなるので

一番最後に加える。

続いて

玉ねぎ・人参を加える。

箸ではなく

しっかりと手を使って

豚こま肉と野菜が一体となるよう揉み込んでいく。

椎茸も加え

味が馴染めば下準備終了。

4.具材をフライパンに大きく広げ加熱スタート。

ごま油が絡んでいるので

フライパンに油を熱する必要なし。

テフロン加工のフライパンなら

具材をフライパン面に大きく広げてから加熱スタート。

火力は中火程度。

菜箸で具材をほぐすようにしながら加熱する。

調味料が染み込んだ豚こま肉と薄切り野菜だから

あっという間に火が通り始める。

豚肉と野菜を

焼き付けるように炒め終わったら味見をする。

ここで

味が足りないようであれば

しょうゆを加え味を調整する。

ちなみに

軽くて扱いやすい大きなフライパンをお探しの方。

我が家でも活躍中・サーモス社軽量フライパンは

食べ盛り家族の食欲を満たす広いフライパン面積が魅力。

5.火を消し万能ねぎを加えたら完成。

味が決まったら火を消してから

万能ねぎを加え予熱で火を通す。

さらにしっとりした感じに仕上げたい時は

ごま油をたらしザッとひと混ぜすれば

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』の完成。

しっかりと下味をつけてから加熱しているので

野菜と豚こま肉の一体感半端なし。

ごま油の香りをまとった旨味にそそられ

何杯でもごはんをおかわりしたくなる。

肉と野菜にシッカリと下味をつけてから火を通しているので

特別な調味料を使わなくても味に奥深さが出る。

豚こま肉・玉ねぎ・人参という超お手軽コンビが

輝くプルコギレシピ。

コウケンテツさん!

今回もありがとうございます♪

さぁみなさんも

プロに学ぶレシピ『玉ねぎ・人参・豚こま肉で韓国風プルコギ』に挑戦下さいね。

ところで

先日のブログ後半でお知らせした

超お久しぶりの私の挑戦はあっけなく終了。

結果としては残念だったけど

チャレンジは緊張感がありとても良い経験になった。

そして

気づかされることも多かった。

夫に結果を伝えたところ

「ふだんの業務においては

ちょっと期待してダメだったということの方が圧倒的に多い。」

「だから

そんなちょっとの期待に引きずられている暇なんてない。

次々とこなしていくだけ。

とにかく大したことではないから大丈夫だよ。」

と言ってくれた。

週末

夫は一心不乱に餃子作りに集中していたけど

現時点においては

腹の底がシクシク痛むような悔しい決断をしていたようだ。

ただその決断さえも

ずっと先の未来から今を振り返ってみると

必要な当然の決断だったと断言できるはず。

皮から手作りした焼きたて餃子の美味しさは格別だった。

夫の作る餃子は私にとって世界一美味い餃子だ。

ちなみに

私の大好物は幼い頃から焼き餃子一筋!

もし

未来で起きることを1つだけ伝えるために

10歳の私に会いに行けるとしたら

「将来、あなたは、ものすごく美味しい餃子を作る人と結婚するよ。」

と伝えるだろうな。

10歳の私が

「その人って誰?何をしているの?コックさん?」と質問してきたら

「あなたが全然知らない人だよ。探したところで見つからない。

大切なことは

そんなことに気をとられてないで

安心して“今”という時間をあなたらしく過ごしてね。

そうすれば必ず出会うようになっているから。」

って答えるつもり。

未来ってそんな感じなのかもしれないな。

10年後

今の自分を振り返ることを楽しみに

改めて日々の積み重ねを大切にしようと思う母ちゃんです。

【文・料理・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。