芽が出たさつまいもで「さつまいも」を育てる。プランター栽培でさつまいも収穫ならず!さつまいも生育不良の原因とは?

さつまいもから芽が出てしまった!そんな時は、プランターで、さつまいもを育ててみよう!芽が出たさつまいもを種芋にプランター栽培。順調に成長していたのに「うどんこ病」発生!さつまいもが生育不良になる原因とは?芽が出てしまったさつまいもで「さつまいも」を育てる栽培記録。最終回

全てはこの芽が出たさつまいもから始まった・・・。

この夏親子で初めて挑戦した

芽が出たさつまいもで「さつまいも」栽培。

そろそろ収穫の時期が近づいてきた。

さて

夢のベランダでの芋掘りは実現できたのでしょうか?

これまでの振り返りの後に芋掘りの成果を掲載。

気合いを入れてご覧下さいね。

芽が出たさつまいもで「さつまいも」を育てる方法

1.種芋を腐葉土に植え付ける

種芋(=芽が出たさつまいも)を

腐葉土15センチ程度の深さに埋め発芽させる。

2.さつまいもの芽が30cm位になるまで成長させる

1個の種芋(芽が出たさつまいも)から5~6本出た芽を

30cm程度になるまで成長させる。

3.さつまいも苗植え付け用の腐葉土をつくる

市販の野菜作り用の腐葉土に落ち葉等を混ぜる。

4. 種芋からさつまいもの芽が出て成長するのを待つ

芽が出たさつまいもから「さつまいもの苗」を植え付ける方法

5.成長した苗を切り取る

葉が5~7枚程度つき30cm程度まで成長した元気の良い苗を選ぶ 。

6. プランターに苗を植え付ける 

さつまいもの苗を

腐葉土の上に横たわらせ3~5節の間に腐葉土をかぶせる。

7.日当たりの良い場所で育てる。ツル返しすること。

植え付け後は

腐葉土が乾き過ぎないよう水やりに気をつける。

さつまいものツルがプランターからはみ出すほど伸びてきたら

ツルを持ち上げ

株以外から出る根をはがす「ツル返し」をすること。

そして何よりも大切なのは

直射日光にガンガン当てること。

夏の太陽光線を浴びることで葉っぱから根っこに栄養が届き

根が太るのです。

人間には夏の西日は暑くて大変ですが

さつまいもの成長にとっては欠かせない栄養源。

我が家のベランダは軒が長いので

夏は直射日光がほんの少ししか入ってこない点が不安。

少しの直射日光を求めて

さつまいもが植えつけられたプランターを移動させる日々。

それでも何とかさつまいもの緑の葉っぱが生い茂り

元気に成長している様子。

そして日は過ぎ

いよいよ芋掘りの時期がやってきました!

ベランダでさつまいも栽培。芽が出たさつまいもから収穫できたのか?

いきなりですが結果は・・・

あれっ?

芋掘り①.jpg

なんだか様子がおかしいぞ!

芋掘り①.jpg

芋掘り②.jpg

収穫したイモは

早速自家製の石焼き芋に変身。

芋掘り⑤.jpg

えっ?本当に芋掘りしたの?

どれが収穫した芋なの?

残念なことに・・・

収穫できたのは芋になるはずだった茎。

石焼き芋の間でヒョロっとした茎が今回のベランダ芋掘りの収穫。

夢の芋掘りは実現!

でも

プランター栽培でサツマイモの収穫!というチャレンジは失敗。

今回の反省として

サツマイモの生育不良の原因と対策を探ってみました。

サツマイモの生育不良の原因とは?

実は

1周間前ほどからさつまいもの葉っぱの様子がオカシイ。

葉っぱが黄色く変色し1枚また1枚と落ちていく。

もしかしたら「うどんこ病」を発症したかも・・・と思いつつも

あんなに元気だったんだから大丈夫!と思い込んでいたのが

1番の原因だったのかも。

そして不安は的中し

葉っぱを裏返すとモヤモヤとした白いカビのようなものが生えるように。

早速、農家育ちの父に連絡。

対処方法を聴いたのですが時すでに遅し。

サツマイモをうどんこ病に感染させないための大切なこと。

1.日照時間の確保・土壌作りの研究

父によると

サツマイモは痩せた土地でも育ちやすく強い野菜とのこと。

ただし

うどんこ病になりやすい!

大切なことは種芋の種類や環境に合わせた土壌作りを研究すること。

今回日照時間が少ない我が家のベランダという環境は

日照時間が少ない分

栄養分の多い土壌作りをすることが重要。

2.サツマイモから目を離さないこと。

苗を植えつけてからは

こまめにサツマイモの葉っぱの表・裏をチェック。

病気の疑いがないかを確認すること。

父によると

広い畑で栽培しているサツマイモでさえ

少しでもうどんこ病の疑いがある時は

迷わず株ごと引っこ抜いていたというくらい感染力の強い病気とのこと。

プランターという小さな畑の中ではなおさらのこと。

うどんこ病は

土壌を通してアッという間に感染。

殺虫成分の強い薬を撒いても病気がなくなる可能性は

極めて低い。

我が家の芋達はタネ芋を植えつけてからまだ4ヶ月。

本来ならば

太陽を浴びた葉っぱの栄養が根に運ばれている時期。

芋掘りには到底早すぎるのですが

イチかバチかで

うどんこ病を発症した葉っぱを取り除き芋掘りをすることにしたというわけ。

芋掘り③.jpg

芋掘り④.jpg

掘れど掘れども収穫なし!

「芋掘りできたし、育てることが楽しかったんだからいいじゃん。またやろうよ。」 と励まし合う私達。

以上が

芽が出たさつまいもからさつまいもを育てる成長記録。

農薬を使わない野菜作りをするためには

日々こまめなチェックは欠かせないとのこと。

葉っぱが青々!というのはほんの見た目。

サツマイモは強いから育てやすい!という言葉に

随分と甘えていたなぁと反省。

手は出さずとも目は離さずという格言に近い言葉を痛感。

日照時間から考えると

我が家のベランダの夏の日照時間は極端に短い。

人間には有り難い環境だけど

サツマイモを育てる環境としては初心者には難しい環境。

プランター野菜栽培達人の父は

いとも簡単に次々と野菜を作っているように見えるのになぁ。

肌感覚で野菜の生育状態がわかっているからこそ。

改めて

父の達人ぶりに頭が下がる母ちゃんです。

【文&構成&写真:メグ】

SNSでもご購読できます。