芽が出たさつまいもで「さつまいも」を育てる!プランター栽培で成長中。

さつまいもから芽が出てしまった!そんな時は、プランターで、さつまいもを育ててみよう!芽が出たさつまいもを種芋に、プランターで栽培中。今回は種芋から育てたさつまいもの苗を植え替え。芽が出たさつまいもの育て方は?我が家のさつまいも栽培記録第2回目です。

芽が出たさつまいもを種芋に栽培開始2週間経過

まずは前回までの振り返り。

芽が出たさつまいもから「さつまいもの苗」を育てる方法

1.種芋を腐葉土に植え付ける。

種芋(=芽が出たさつまいも)を腐葉土の中15センチくらいの深さに埋め芽を出させる。

2.さつまいもの芽が30cm位になるまで成長させる。

1個の種芋(芽が出たさつまいも】から5~6本出てきた芽を30cm程度になるまで成長させる。

3.さつまいも苗植え付け用の腐葉土作り。

市販されている野菜作り用の腐葉土に落ち葉等を混ぜる。

4. 種芋からさつまいもの芽が出て成長するのを待つ。

だいたい2週間程度待つと・・・

これくらい迄成長します。

芽が出たさつまいもを土に植えるだけ!

このまま鑑賞用としても十分美しい。

とは言え、目的は1つ!

芽が出たさつまいもで「さつまいも」栽培!

さぁ、さつまいもの苗を植えていきましょう。

芽が出たさつまいもで「さつまいも栽培」さつまいも苗の植え付け方法。

1.成長した苗を切り取る。

30cm程度に成長した苗を切り取る。

その際、葉が5~7枚の元気の良い苗を選ぶこと

2.プランターに苗を植え付ける

プランターの表面に3~5センチの溝を作ります。

さつまいもの苗を腐葉土の上に横たわらせて3~5節の間に腐葉土をかぶせます。

さつまいもの葉は腐葉土の上に出し手の平で軽く押さえながら

水をたっぷりとかけます。

さつまいもの苗を植え付けるプランターですが

不織紙タイプのモノもオススメ♪

3.さつまいもの苗の植えつけは晴れた日の夕方がオススメ。

晴れた日の夕方にさつまも苗を植え付けると

活着」が良いそうです。

・活着とは?

挿し木・移植等をした植物が根付いて成長を続けること。

4.可能な限り日当たりの良い場所で育てる。

さつまいもの苗は太陽を好むので、

ベランダ等でプランター栽培をする際は、

太陽が当たるようプランターを移動させます。

芽が出たさつまいもで「さつまいも栽培」さつまいも苗の成長中、気をつけること。

・適切な水やりをすること

植え付け後は、腐葉土が乾き過ぎないよう気をつけること。

朝夕の水やりは腐葉土の乾き具合をみながら!

水やりと言えばジョーロ。

最近は、こんなかわいいジョーロも!

水やりのテンションUP。

40日ぐらいで塊根(かいこん)が形成されます。

※塊根とは

デンプン等の養分を蓄え塊のようになった根のこと。

・ツル返しをしてあげること。

さつまいものツルがプランターからはみ出すほど伸びてきたら、

時々、ツルを持ち上げ株以外から出る根をはがします。

これを「ツル返し」というそうです。

ツル返しをすることによって、

余分な根を出さず、さつまいもを太らせることができます。

芽が出たさつまいもを腐葉土に植えてから

40日経過。

50日経過

日照不足が続き

ベランダ野菜栽培には厳しい状況が続いていますが

芽が出たさつまいもちゃん。

頑張っています♪

ちなみに、

ツルは伸ばし放題にしておくのがコツ。

さつまいもの葉とツルを伸び放題にさせることで、

少しでも多くの太陽の光を取り込むことが大切です。

我が家のベランダは庇が長いため

夏季は

直射日光がほとんどベランダに入り込まない構造。

人間にとっては、とても快適だけど、

さつまいもの苗の成長には厳しい環境か?

それでも、

少しでも日光に当てるべく、

さつまいもを植えたプランターを移動しまくる日々。

このまま無事に成長すれば

秋の芋掘り大会も夢じゃない!

さぁ、

芽が出たさつまいも。

キバってくれ!!

【野菜と花の関連記事】

【文&構成:メグ】

SNSでもご購読できます。