レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』しわしわピーマンでも美味い!種もワタも食べて生ゴミ激減。

レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』のご紹介。しわが出始めたピーマンも種ごと・ワタごとザクザクと切って食べると美味い。顆粒ダシを使えば簡単・濃い味ピーマン炒めが数分で完成。

激安で購入した大袋のピーマン。

「食べなきゃ!」と思いつつ時間は経過。

気がつくと

ピーマンにシワシワが出始めている!

大人も子どもにも美味しく食べられる

しわしわピーマンを大量消費できる超簡単ピーマンレシピをお探しの方。

レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』はいかがでしょうか?

シワシワピーマンを種・ワタごとザクザクとカット。

顆粒ダシを加え濃い味に仕上げるので

味が抜け始めたピーマンでも美味しく仕上がります。

ゴミも出ない!

超簡単なシワシワピーマン大量消費レシピの詳しい作り方をご覧下さいね。

レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』

材料

  • ピーマン 大5個
  • サラダ油 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 顆粒ダシ 小さじ1
  • 醤油 小さじ1~2
  • ごま お好み
  • 一味 お好み
  • ごま油 小さじ1~2 

今回使うシワシワピーマンはコチラ↓

手順

1.ピーマンを半分にカットし種とワタの色を確認。

しわしわピーマンの種とワタが変色していないかどうかを確認。

ピーマンの種は

体内の余分な塩分を排出してくれるカリウムが豊富。

さらに

ピーマンのワタには

血液をサラサラにしてくれるピラジンという成分が多く含まれる。

とは言え

シワシワが出始めたピーマンは変色している可能性も。

変色している部分は取り除く必要があるので

ピーマンを半分にカットして確認すること。

ちなみに

新鮮なピーマンは種・ワタそしてヘタも食べられるけど

しわしわピーマンのヘタは古くなっているので取り除く。

2.ピーマンは5mm幅程度にカット。

半分にしたピーマンを5mm幅程度にカット。

ピーマンがシワシワしているので

手でグッと押さえつけ簡単に切ることができる。

ちなみに

野菜を快適に切るのに欠かせないのが

よく切れる包丁。

私は

15年ほどグローバル社の包丁を愛用。

包丁研ぎはグローバル包丁専用のモノではないけど

なかなかの切れ味に仕上がるので満足。

3.しわしわピーマンを炒め始める。

フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火程度で熱する。

カットしたピーマン・種・ワタ全てを入れる。

フライパンの面全体にピーマンを広げ

焼き付けるようなイメージで加熱。

ピーマンに油がまわったら

塩(小さじ1)を加えさらに炒める。

塩を少量加えることで

ピーマンの水分と旨味を引き出す。

この時点で

ピーマンのカサが大きく減り始める。

4.ピーマンに味付けをして完成。

 ピーマン全体にサッと火が通れば味付け。

以下の順で味をみながら調味料を加える。

  1. 顆粒だし 小さじ1
  2. しょうゆ 小さじ1~2
  3. ごま お好み
  4. 一味 お好み

今回使用した顆粒ダシは鶏ガラの素。

お好みによって

コンソメにしたりカツオ風味にしてもOK。

ここで顆粒ダシを加えることで

味が抜け始めたシワシワピーマンに濃い旨味をプラス。

一味を加えると

味にメリハリがつきピーマンの旨味がひきたつ。

一味がない方は

七味や黒胡椒でもOK。

最後に

ごま油を小さじ1~2をまわしかけ全体の味をまとめたら

レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』の完成。

しわしわピーマンが立派なご飯のお供に変身!

ピーマンの種やワタにもシッカリと味がある。

だから

ピーマンの実だけを食べるよりも味が深い!

味付けの醤油は少ないけど

顆粒ダシがシワシワピーマンを支え旨味を引き出している。

ザクザクと切りシンプル調味料で炒めるだけの超簡単ピーマンレシピ。

しかも

美味しいだけでなく生ゴミが激減するレシピ。

もちろん

シワが出る前のピーマンで作ればもっと美味しい!

さぁみなさんも

野菜室に眠るピーマンを見かけたら

レシピ『しわしわピーマンOK!種ごと食べる濃い味ピーマン炒め』 に挑戦を!

ところで我が家の料理夫のお話。

一時帰国して早1ヶ月が過ぎ

順調に体重を増やしている様子。

つまり

食欲が止まらないらしい。

夫曰く

「何を食べても旨い!コンビニも立ち食いそばも牛丼も最高!普通に売っている米も野菜も最高!」と絶賛の日々。

ロックダウンが長く続いた海外暮らし。

ずっと自炊を頑張っていたけど作る気力が出ない日も。

そんな時に助けられたのが“ニラの醤油漬け”だったとか。

刻んだニラを醤油と昆布に漬けただけの簡単レシピ。

ニラは継ぎ足しOK。

醤油が熟成して旨味が増すそうだ。

帰国前は

このニラの醤油漬け&おにぎりという組み合わせばかりだったとか。

先日

夫が作ってくれたニラの醤油漬けを食べてみてビックリ!

確かに美味しい!

ご飯何杯でもいけるわぁ~。

そして

またまた夫が絶叫。

「旨い!同じものを作っても味が違う。なんでこんなにうまいんだぁ!?」

つまり

豊か過ぎると言っても過言ではないくらい

日本は食材の宝庫。

“醤油と昆布”だけでも

どれだけの産地と種類、製造方法があることか?

そして

それを簡単に近所のスーパーで買うことができる当たり前の生活。

ふつう過ぎて考えたことがなかったなぁ。

これだけでの食材を使って料理ができることは幸運なこと。

余計なモノを買わずその都度食材を使い切ることを大切にしたいと

夫の急激にぽっこりしてきたお腹を眺めながら

思う母ちゃんです。

愛する夫よ

そろそろ少し腹をひっこめてはいかがだろうか??

【文&構成&料理&写真:メグ】

SNSでもご購読できます。