ホットクックレシピ『家にあるものでパラパラピラフ』ホットクックをレンタル。ホットクックは炒めるってできるの?

ホットクックレシピ『家にあるものでパラパラピラフ』のご紹介。ホットクックをレンタル。ホットクックって炒めることはできるの?パラパラピラフが美味しくできるのか?6ヶ月のレンタル期間中にホットクックを使いこなせるようになるのか?

調理家電ホットクック。

便利そうだけど本当に使いこなせるのか?

モノは試しと

レンティオの家電レンタルサービスを利用し

ホットクックのレンタル開始。

レンタル期間は6ヶ月。

ホットクックは私にとって便利な調理家電となってくれるのか?

今回は

ホットクックで炒め調理はできるのか?と

お家にあるものでピラフを作ることに。

ホットクックピラフの仕上がりはどんな感じ?

ちゃんとパラパラしたピラフは完成するの?

それでは

ホットクックレシピ『家にあるものでピラフ』をご覧下さいね。

ホットクックレシピ『家にあるものでパラパラピラフ』

材料(米3合分)

  • 米(洗わない) 3合
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんにく 1片
  • バター 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • セロリ 適量
  • コーン 適量
  • ソーセージ 適量

調味料等

  • 水 450cc
  • 塩 小さじ1
  • 鶏ガラスープ 小さじ2
  • 酒(白ワイン) 大さじ2

※米・玉ねぎ・にんにく以外はあるものでOK。

バターを使わない場合は

その分オリーブオイルを増やせば大丈夫。

セロリは少量でも入れると風味がアップするのでオススメ。

手順

1.具材を切る。

セロリ・玉ねぎ・にんにくは細かく刻む。

セロリは茎でも葉の部分でもOK。

バターで炒めると風味とコクが増す。

その他に加える具材も

食べやすいサイズにカット。

料理の下ごしらえにオススメなのが

  • アルコロックのアンプボウル
  • 下村企販の目盛り付きミニボール

どちらも料理の必須アイテム。

調味料や材料の小分けにとっても便利。

2.ホットクックの内釜にバター・オリーブオイル・玉ねぎ・セロリ・米の順にセットし「炒め調理」をスタート。

ピラフって炒めてから炊く料理だけど

ホットクックはどうやって炒めるのか?というと

炒め専用機具をセットすればOK。

調理がスタートすると

炒め機具のアームが炒めてくれる。

今回のピラフは

「炒める」→「炊飯」という2つの工程で仕上げる。

まずは

ホットクックの内釜に

バター・オリーブオイル・玉ねぎ・セロリ・米の順で具材を入れる。

溶けたバターが具材全体に広がるようにするためにも

ホットクックの内釜に具材を入れる順番は守る。

ホットクックを「炒める」モードにセット。

時間は7分。

この時間というのは内釜の予熱が終了し

炒め調理がスタートしてから7分という意味。

予熱に4~5分程度はかかるので

全体では12分程度が必要。

3.炒めが終了したら水と調味料、その他の具材を加え「炊飯」で調理開始。

ホットクックの「炒め」調理が終了したら

フタを開け炒め機具を外す。

内釜に

  • 水 450cc
  • 塩 小さじ1
  • 鶏ガラスープ 小さじ2
  • 酒(白ワイン) 大さじ2

以上と具材(コーン・ソーセージ)を加え

ひとまぜする。

もし

水分の多い具材(冷凍シーフードMIX等)を加える場合は

水は1合につき10cc程度少なめにする。

ホットクックを「炊飯」にセット。

米の量を3合に合わせ調理スタート。

あとは炊きあがりを待つのみ。

4.炊飯が終了したら全体をまぜて完成。

炊飯が終了したら

直ぐにホットクックのフタを開けひと混ぜする。

このまま放置しておくと

予熱で調理が進み過ぎてしまい

色合いが悪くなるので

可能ならば

内釜をホットクックから出し

鍋フタ等をかぶせて置くことをオススメ。

お皿に盛り付けたら

ホットクックレシピ『家にあるものでパラパラピラフ』の完成。

このピラフ

想像よりずっ~と美味しい!

米粒がパラパラに仕上がっているのはもちろん

ほんのり米の芯を感じられる。

どうやら絶妙な火加減で炊飯されていたらしい。

「あんなアームで炒めたってねぇ~」なんて

内心バカにしていた私が馬鹿でした。

冷蔵庫の中に

中途半端に残っていたコーンとソーセージで作ったとは思えぬ上等な味。

ホットクックで作る前は

変てこな混ぜ機具なんか装着するより

フライパンで炒めてホットクックで炊飯した方が早いでしょ!と

思っていたけど

使ってみるとそうとは言えない。

だって

  • フライパンで炒める
  • フライパンを洗う

という2つの工程が存在しないのだ。

これが

炊飯器や電気圧力鍋との決定的な違いなのかも。

炒め専用機具の手入れは

分解等をする必要なくサッと洗うだけでOK。

フライパンを出して洗う作業より遥かにラク。

というわけで

恐ろしいくらい簡単に

とっても美味しいパラパラピラフが完成。

ホットクックは

炒め調理もシッカリとできる調理家電ということを実感。

ちなみに

ホットクックのレンタル代は1,980円/月。

すでに

これはお得かも!と感じ始めている。

ホットクックレシピ『家にあるものでパラパラピラフ』が

ホットクックを導入しようかどうか?

ホットクックを使いこなせるのか?

お悩みの方にとって参考になれば嬉しいです。

ところで私の話。

娘の七五三がキッカケで始めた着付けの稽古。

教室を変えたり

コロナで長期の中断があったり。

一歩進んで一歩下るような状況も多かったけど

5月から新しい段階に進むことになった。

私が稽古で使うのは

母と祖母から譲られた着物。

ふたりとも

私よりも身長が10センチ以上も低いので

着物の丈を伸ばしたり布を足したり

ある意味ツギハギをしながら着続けている。

中には

仕立ててから50年以上も経過した着物もあるから

最先端のサステナブルファッションとも言える。

自分の身体に合わせて誂えた着物の方が

断然着付けがラクに決まるんだけどね。

いまは

「は~い!買います。」って

着物を購入する資金を持ち合わせてない私は

技を磨くことが一番の近道。

まさしく“いそがばまわれ”の着物道。

着物を取り巻く一般的な環境に目を向けると

若干はリサイクル品としての活路も残されてはいるものの

売れない・着られない着物は廃棄する他ない。

伝統じゃ文化じゃ何じゃと言っても

ファストファションが廃棄される末路と同じ。

先日

夫が近所のスーパーから買ってきた静岡産天然の金目鯛

お値段なんと980円。

高級魚の金目鯛も

買って料理して美味しく食べる人がいなきゃ

値段を下げたり廃棄するしかない。

“買う人がいないんだから売らなきゃいいんじゃ~ん”

と簡単に解決できたらいいんだけどね。

だからと言って

見えない解決法を探しても仕方ない。

私にできることは

自己満足に過ぎないのかもしれないけど

自分に関わったモノは徹底的に使い切る。

使い倒せないモノには手を出さない。

を守るのみ。

夫が作った金目鯛の煮付けは

骨まで吸いたくなるくらい美味しかった。

まずはできることからだね。

1つ上がれば見える景色も1つ分だけ広がる。

景色が広がれば

また違う考えや行動ができるはず。

1歩1歩ね。

淡々とキバりましょうね、母ちゃん。

【文・料理・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。