レシピ『失敗しない・白玉団子』白玉粉に水を入れすぎても簡単復活。白玉粉をまとめるコツとは?

レシピ『失敗しない白玉団子』作り方をご紹介。白玉団子の粉をこねている時に水を入れすぎた!でも大丈夫。水を入れすぎても簡単復活。失敗しない白玉団子作りのコツをご紹介します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 白玉水いれすぎ8.jpg です

白玉団子は

  1. 白玉粉をこねる
  2. 団子にまるめる
  3. 団子を茹でる

以上の3ステップで完成!

簡単レシピのはず・・・。

でも失敗するのはなぜ?

白玉団子の粉をこねる時に

水を入れすぎてしまいベチョベチョになってしまった!

というのが失敗原因の方。

多いかと思います。

でも大丈夫。

水を入れすぎた白玉粉を簡単に復活する方法

あります。

この方法は、

昔、通学した辻調理学校主催の料理教室にて

教えてもらった確かな方法。

使用する道具は“ふきん”のみ

ふきんをどうやって使うか?

ご紹介します。

レシピ『失敗しない白玉団子』白玉粉に水を入れすぎたら“ふきん”を使って復活させましょう。

白玉粉に水を入れすぎてしまった・・・

残っている白玉粉があれば、

追加で少しずつ加えてみて下さい。

いっぺんに白玉粉を加えるのではなく、

少しずつ粉を加えてこねるという作業を繰り返して下さいね。

とは言え、

ほとんどの方が

白玉粉がもう無い。表示通り全部使ってしまった!」という状況かと思われます。

その時に登場するのが“ふきん”です。

繊維が出ているタオル等ではなく、

食器等を拭く毛足が短い“清潔なふきん”を用意。

「さらし」と呼ばれている生地は

白玉団子作りだけでなく

・ 野菜の水切り

・出汁を濾す

等、台所仕事に大活躍。

オススメです。

そして

水を入れすぎてしまった白玉団子作りでは

ふきんはこうやって使います↓

ふきんで白玉粉を包み余分な水分を吸わせましょう。

水を入れすぎた白玉粉をふきんで包むだけ

ふきんが、

水を入れすぎた白玉粉の余分な水分を吸収。

ベチョベチョだった白玉粉が復活!

白玉粉のベタつきが激しい時は

ふきんの上に水を入れすぎた白玉粉を広げるように置

白玉粉の上からもふきんをかぶせ

両面から挟むように白玉粉の水分を吸わせます。

厚みのある丈夫なキッチンペーパーも、

ふきん同様、余分な水分を吸収します。

ただし、

薄いキッチンペーパーは不向き。

余分な水分だけじゃなく、ベチョベチョした白玉粉までくっつき

破れてしまう可能性大。

オススメできません。

そこで疑問発生!

そもそも

なぜ白玉粉に水を入れすぎてしまうのか?

ご説明しましょう。

レシピ『失敗しない白玉団子』白玉粉に水を入れすぎてしまうのはなぜ?

・白玉粉は一気に水を吸収せず少量の水をゆっくりと吸収していくから。

白玉粉に水を入れてこねる前は、

一見

「この水の量で足りるかな?」という状態。

ところが、

しっかりとこねる間に

パラパラしていた白玉粉が、

あれよあれよという間に水を吸収

キレイにまとまってきます。

白玉粉は

少量の水で驚くほどキレイにまとまるということを知っておきましょう。

レシピ『失敗しない白玉団子』水を入れすぎず白玉粉をまとめるコツとは?

「白玉粉に水を少し加える→こねる→水分が完全に吸収されたことを確認」という作業を繰り返すこと。

これがベストです!

たとえ、

白玉粉の袋に表示の水分量であっても

水を一気に加えることは控えましょう。

以上が

失敗しない白玉団子の作り方の大きなコツです。

さぁ!

これで失敗ナシの楽しい白玉団子作りに挑戦♪

というわけで・・・

母ちゃんも、娘と一緒に

加えて~♪こねて~♪確認して~♪」を繰り返し、

キレイに白玉粉を丸めました。

こねこねぇ~♪
おねんどお姉さんみたい。
団子が浮いてきたら2分程度茹でましょう。
必ず氷水で冷やす!
団子がモチッとする秘訣です。
団子が冷える間に、みたらしあん作り。

白玉団子作りに欠かせない道具は

コチラ!

みたらし団子&小豆団子の完成!

ところで、

絶賛活動中の我が家の料理夫ですが

団子作りはもちろんのこと、

菓子作りには興味が無いらしく

一切の口出し&手出しをしてきません。

菓子作りだけは母ちゃんの聖域。

スーツ姿でパン作りはするのにねぇ~。

出勤前、一次発酵を終えたパン生地をまとめる料理夫でございます。

昔、こんなことを言われたことがある。

「夫婦は支え合うもの。もたれ合うものではない。」

その時は、

そんなことを言われてムカッ!

でも、いまはわかるな。

夫婦は、もたれ合いが始まると

世界がどんどん狭くなる。

それぞれの分野で互いを活かせば

夫婦の世界は広がる。

お互いの世界をひろげ

より広い意味で支え合える夫婦になりたいと思う

母ちゃんです。

SNSでもご購読できます。