レシピ『プロに学ぶ美味しいポテトサラダ』プロの隠し味でじゃがいもの美味しさUP/週末料理夫の人気レシピ

居酒屋の繁盛店はポテトサラダが旨い!美味しいポテトサラダは、ちょっとしたコツで簡単に作ることができます。プロ(コウケンテツさん)オススメの隠し味&我が家オリジナルの隠し味を入れれば絶品ポテトサラダ完成!きゅうりなしでも大丈夫♪

我が家の週末料理夫は

料理研究家コウケンテツさんにハマり中。

今回のレシピ

『プロに学ぶ美味しい基本のポテトサラダ』は

コウケンテツさんのレシピを参考に

週末料理夫オリジナルの隠し味をプラスしたもの。

オリジナルの隠し味とは?

それでは

レシピ『プロに学ぶ美味しい基本のポテトサラダ』を

ご覧下さいね。

レシピ『プロに学ぶ美味しいポテトサラダ』の作り方

・材料

  • じゃがいも 中サイズ4個程度
  • 玉ねぎ   中サイズ1/2個
  • 人参    小サイズ1本
  • きゅうり  1本(無くても大丈夫)
  • 隠し味   ?(チャレンジ!)

・調味料

  • 塩     適量
  • コショウ  適量
  • マヨネーズ お好み
  • 酢     大さじ1
  • 卵黄    1個分

・作り方

1.じゃがいも・人参・玉ねぎ・きゅうりの下準備

美味しいポテトサラダのコツ:余分な水分を取り除くこと。

・じゃがいもの下準備

じゃがいもは

火が通りやすいよう大きさを揃えクシ型に切る。

デンプン質を抜き変色を防ぐために

水にさらす。

・人参の下準備

人参は

厚さ5mm程度のいちょう切りにする。

人参がかぶる程度の水と一緒に小鍋に入れ加熱スタート。

竹串がスッと通る程度まで煮えたら

ザルにあげ粗熱を取る。

人参はじゃがいもの食感の邪魔にならない程度に

茹で上がっていると美味しさが段違い!

ザルにあげた人参は

クッキングペーパー等で余分な水分を拭き取る。

美味しいポテトサラダには水分は大敵!

・玉ねぎの下準備

玉ねぎは

薄切りにして辛味を抜くために水にさらす。

10分程度水にさらした後ギュッと絞る。

さらに

クッキングペーパーでシッカリと水分を吸い取る。

・きゅうりの下準備

きゅうりは

薄い輪切りにして塩をまぶし置いておく。

きゅうりがしんなりとなったら

きゅうりに含まれた塩分を抜くために

一度ざっと水で洗いザルにあげる。

まずは

手を使いギュッと絞る。

さらに

クッキングペーパーでシッカリと水分を吸い取る。

きゅうりは

水分で出来ているような野菜。

しっかりと塩分&水分を取り除いておかないと、

ポテトサラダが水っぽく劣化の進む原因に。

作ったポテトサラダを

すぐに食べない方・翌日も食べたい!という方は

“きゅうりなしのポテトサラダ”を

作ることをオススメ

2.じゃがいもを茹で粉吹芋風に仕上げる

鍋底の広い鍋に

じゃがいもが重ならないよう並べ水を注ぐ。

水の量は

じゃがいもがかぶる程度で十分。

塩をひとつまみ加え

中火程度で加熱スタート。

沸騰したら

火力を弱めじゃがいもが煮崩れないようにする。

竹串でじゃがいもを突き刺し

スッと竹串が通ったら火を止める。

鍋の湯のみをこぼす。

煮崩れすることなくじゃがいもが茹で上がりました!

ちなみに

我が家で活躍中のカオアルミの雪平鍋は

両利きデザインで具材を移す時に垂れない!

鍋底のカーブのカタチが良く

炒めやすいだけでなく熱の伝導率も良い。

つまり

湯が沸騰するのが早い!

数ある雪平鍋の中でもイチオシの鍋。

湯をこぼしたら

超弱火で再び加熱する。

じゃがいもに残っている水分を飛ばすため

鍋を左右にゆすりながら

粉吹芋のように仕上げる。

きゅうりや人参の下処理と同じように

じゃがいもの水分をシッカリと飛ばすことが

美味しいポテトサラダを作るポイント

ところで

粉吹き芋って何??

茹でたじゃがいもの余分な水分を飛ばすことで

じゃがいもが粉を吹いたように変化するので

粉吹き芋と呼ぶ。

じゃがいもがホクホク&ねっとり!

じゃがいもが粉吹芋になったら

木杓子を使い

じゃがいもの塊が残る程度につぶす。

ここで火を消し

じゃがいもを大きめのボールに移す。

3.茹でたじゃがいも・人参・玉ねぎを和える

じゃがいもが熱いうちに

下処理済の人参と玉ねぎを和える。

じゃがいもの粗熱で

生の玉ねぎに少し熱が加わる。

このことで

しっとりとした玉ねぎに変化。

その後は

じゃがいもの粗熱が取れるまで自然放置。

4.別のボールで調味料を合わる

マヨネーズに卵黄と酢を加え

よく混ぜ合わせる。

味見をすると「超濃厚ソース!」という感じです。

この「卵黄と酢の合わせ技」こそが

料理家コウケンテツさん直伝の隠し味!!

5.ソースと具材を合わせ隠し味も和える

ソースの加え方がポイント。

いきなり全部のソースを加えてはNG!

ねっとり濃厚なポテトサラダに変化してきました!

じゃがいもに

少しずつソースを吸わせるようなイメージ。

ゆっくりと合わせていく。

さらに!!

週末料理夫の隠し味が登場。

隠し味とは?

秋田の名物「いぶりがっこ

満を持して登場の隠し味です。

「なぜ?いぶりがっこ?」

それは・・・

たまたまお土産で頂いたから!

ということも理由の1つだけど

他にもちゃんとした理由がある。

ポテトサラダの隠し味の代表としては

「らっきょうの甘酢漬け」を刻んで加える方

多いかと思います。

じゃあ

「らっきょうの甘酢漬け が無い時はどうするっぺ?」

と問われたたら?

らっきょうもいぶりがっこも同じ漬物。」

とのこと。

つまり

ポテトサラダの隠し味の代表選手である

らっきょうやピクルスは

他の漬物で代用可能。

地元の漬物を使って試して下さい!

いぶりがっこは粗く刻んで加えます。

使いやすいボールをお探しの方には

柳宗理のボールセットがオススメ。

我が家も使用歴15年。

ストレスなし。快適な使い心地。

6.『プロに学ぶ美味しい基本のポテトサラダ』完成!

料理家コウケンテツさんの隠し味(卵黄&酢)と

我が週末料理夫の隠し味がコラボした

絶品のポテトサラダの完成!

盛り付け方も、

コウケンテツさん流を真似るべし。

味見をしてみると・・・

じゃがいもにソースが絡み濃厚!

いぶりがっこの「コリッ!こりっ!」とした食感が

なんとも言えない美味しさ。

これこそ

プロに学ぶポテトサラダ!

もちろん

いぶりがっこもきゅうりなしでも

美味しいポテトサラダに仕上がる。

さぁ、みなさんも

レシピ『『プロに学ぶ美味しいポテトサラダ』を

ぜひ、作ってみて下さいね。

ところで

我が家の週末料理夫は

ある野菜を求めて

近所のスーパーや野菜屋を巡る日々。

ある野菜とは?

それは・・・

らっきょうの甘酢漬けを作るための必須アイテム

「芽が出てない新鮮ならっきょう」のこと。

ここは東京。

芽が出やすいらっきょうの産地からは遠いので

なかなか見つからない様子。

自家製らっきょう漬け入りのポテトサラダを作るべく

週末料理夫のどんは

今日も走り続けております♪

【文&構成:メグ/料理:週末料理夫・どん】

SNSでもご購読できます。