レシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)』子供に人気!白ワインなしでプロのオイルパスタ/週末料理夫・どんの手土産

あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)は家で簡単に作ることができます。あさりを酒蒸しした時に出る濃厚スープでパスタを和えれば、プロの味。白ワインなしでも美味しく、子供に人気のパスタメニュー。醤油を加えて和風パスタにも!

まずは「あさりパスタ」の下準備。

あさりの下準備と言えば「あさりの砂抜き」。

あさりパスタの味を大きく左右する重要な下準備ですが、とっても簡単。

・あさりの下準備(砂抜き)

※あさりの砂抜きに関する記事はコチラにも!

・レシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)』の作り方

以上の2つを順に紹介します♪

レシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)』の作り方

・材料

  • あさり  1パック
  • パスタ  2束(200g)
  • にんにく 1片
  • 鷹の爪  1本
  • 日本酒  100cc
  • 塩コショウ
  • オリーブオイル
あさりだけの『あさりパスタ』レシピです。

・あさりの下準備(失敗しない砂抜き)

①砂抜きするあさりを洗う。

あさりの殻同士をこすり合わせるように、あさりを洗う。

この時、腐っているあさりはないか?

忘れずに匂いもチェック!

「ワタシ、くさってます」という匂いを一瞬でも感じたら処分。

口が開いたあさりも、

食べられますが、匂いチェック!

嗅覚を鍛えるつもりでクンクンと匂いをかぎましょう。

②砂抜きするあさりを底の広い容器に並べる。

あさり同士が重ならないようゆったり並べるのがコツ

なぜ、あさりをゆったりと並べるの?

それは、

砂抜きするあさり重なったまま浸すと、

あさりが吐いた砂や泥を、別のあさりが「ごっつぁんです!」と、吸ってしまうから。

あさりの砂抜き・負のループが発生しないよう、

あさりの「砂抜き密」を避けましょう。

③砂抜きの塩分濃度は海水レベル。

海辺の砂の中に暮らすあさり。

あさりは泳がないので、

砂抜きに必要な水分量は、あさりの頭が出る程度で十分

そして、

塩分濃度は「海の塩っぱさ」と同じ。

塩分濃度は、海水と同じ3%が良いと言われているそう。

ちなみに、

3%の塩分濃度とは、500mlの水に対し15gの塩。

でも、

そこまで塩っぱくなくても、ちゃんと砂抜きされています。

あさりの住まいをイメージしながら、塩を加えて下さいね。

④あさりの砂抜きは冷蔵庫でも大丈夫。

あさりが活動的になる環境は、

薄暗い&20度前後の温度という場所。

が、

忙しい日々、あさりのそばに寄り添い、温度管理なんて無理!

というわけで、

我が家では、あさりの砂抜き場所は冷蔵庫

砂抜き時間は一晩(6時間程度で十分)です。

あさりの砂抜きはゆったりが信条。

我が家にやってきたあさり達は、

「よく頑張った!」と、あさりを褒めたくなるくらい、

砂も汚れも吐き出してくれますよ。

家庭料理ですから、

あさりの砂抜きは冷蔵庫で十分!

以上で、あさりの下準備(砂抜き)完了。

次に料理の手順です。

・手順

①パスタを茹でる。

大鍋にたっぷりの水を入れ、塩を加え沸かし始める。

塩加減は、お湯1Lに対し、大さじ1の塩が目安。

茹で時間は、パスタ袋の表示時間より1分マイナス。

※パスタの茹で汁は使うので、捨てないでとっておく。

パスタを茹でるための湯を沸かし始めると同時に、

ニンニク&鷹の爪の下準備開始!

②にんにく&鷹の爪の下準備。

味のアクセントに欠かせないのがニンニク。

もちろん、

ニンニクがベストですが、無い場合は、生姜で代用。

みじん切りというより、縦長の細切りする。

鷹の爪は、種を取る。

鷹の爪が自家製だったら最高!

自家製鷹の爪?

というのも・・

我が家は、ベンランダ菜園にて唐辛子栽培中

辛いのが好きな方は、種を入れて!

種が激辛。子供用には、必ず取って下さいね。

冷たいフライパンに、オリーブオイルと切ったニンニクを入れる。

極弱火で、じっくりと香りを移す。

極弱火で、ニンニクの香りを引き出します。

ニンニクがうっすらと色づき、香りが出てきたら、

種を取った鷹の爪を入れる。

火加減は、極弱火のまま。

鷹の爪も、ゆったりと揚げましょう。

ニンニクが茶色く色づき、カリカリな状態になったら火を止める。

一旦、

耐熱容器に、全て移し、オリーブオイルだけをフライパンに戻す。

③あさりを酒蒸しにする。

砂抜きして水気をよく切ったあさりと日本酒(料理酒)をフライパンに入れる。

もちろん、白ワインがあればベスト。

でも、白ワインなしでも大丈夫。

日本酒で代用OK。

火力は中火。

フライパンにフタをして、あさりの酒蒸しを作る。

あさりの旨味を引き出して!

あさりの口が開いたら、一旦、火を止める。

フライパンにフタをして、パスタが茹で上がるのを待つ。

④あさりとパスタを和える。

パスタが茹で上がりました!

そのタイミングで、

酒蒸ししたあさりが入っているフライパンを極弱火にかける。

そこに、パスタの茹で汁をお玉2杯程度入れ、

カリカリに揚がったニンニクを半量、

オリーブオイルを大さじ1杯程度加え、

よく混ぜる。


あさりの酒蒸しスープ・塩気の効いた茹で汁・オリーブオイルが

一体となり、

トロンとした状態(=乳化と言いいます)のスープが完成したら、

茹で上がったパスタを投入!

さぁ、仕上げです。手早くいきましょう。

再びオリーブオイルを回しかけ、

パスタとスープが絡み合うよう菜箸で混ぜる。

「鍋振り」にチャレンジ!

菜箸やトング等でグルグル混ぜるよりも、鍋振りで混ぜ合わせた方が、

パスタとスープが素早く美味しく絡み合う

覚悟を決めて、鍋振りに挑戦を!

⑤仕上げ&あさりパスタ完成!

あさりパスタを器に盛り、残ったカリカリニンニクと鷹の爪、

あればパセリや緑のモノを添えて完成!

今回はイタリアンパセリ。小松菜の塩もみや三つ葉でも!

以上、レシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)』でした。

あさりを酒蒸ししたスープを使っているので、旨味が凝縮!

子供にも大人気!

アッという間に完食の美味しさ。

ニンニクと鷹の爪を、低温のオリーブオイルでじっくりと揚げているから、

味わいが深い。

プロの味とはこのこと!

でも、家で簡単に作ることができます。

醤油を加えれば、即和風パスタの完成。

とは言え、

まずは醤油を入れずに、あさりとオイルの風味を堪能下さい。

焦らず、省かず、ちゃんと作ることが美味しさのコツ。

さぁ、みなさんも、レシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)に挑戦を!

【その他あさり料理レシピ】

さてと、

我が家の週末料理夫どんの様子です。

先日の夜、ある手土産を下げて仕事から帰宅。

※週末料理夫どんの手土産「超鬼殺し」にまつわる記事はコチラ

手土産の中身は一体何?

ジャ~ン!

昆布です。

「あさりじゃないよ。昆布だよ。」

の、こんぶ!?

1m30cm超の岩手産昆布。ミシンで縫えそう・・。

とっても嬉しそうに、子供達に「ねぇ、見て!見て!昆布だよ!」

と語りかける週末料理夫のどん。

子供達は「おー、昆布だね」と・・・。

そう、昆布だから、反応鈍いよね。子供だから。

一方、

最高の遊び材料を手に入れた週末料理夫のどん、

無茶苦茶張り切って、ごぼうとサバを巻いた昆布巻作り♪

でも、なんと失敗!

原因を聞くと、

「ごぼうを下茹でせずに、生のまま昆布で巻いた」って。

「だってさ、圧力鍋で煮るからいいかなって思って・・・」

週末料理夫と言えども、そうゆう失敗はあるんです。

・ごぼうの下茹で

・あさりの砂抜き

下処理って大事。

みなさんも、あさりの砂抜きだけは省かずにね!

最後に、今回のレシピで使用したorオススメ調理道具を紹介します。

・アカオアルミDON打出円付鍋

我が家では、パスタ鍋ではなく、アルミ製の大きな茹で鍋を使用。

アルミ製は軽い!そして、形状から熱の伝導率が良く、寸胴形よりも早くお湯が湧きます。

現在は、別のメーカーのアルミ鍋を使用していますが、いつかは、アカオアルミの茹で鍋が欲しい!オススメです。

・山田工業鉄製中華鍋

我が家では、パスタを和える時は中華鍋を使用します。

深さがあり具材がこぼれないだだけじゃなく、軽い!

打ち出し中華鍋の大きな特徴は、軽さです。

軽いと、鍋ふりも簡単。

特にオイルパスタ作りには欠かせない必須アイテム!

軽くて快適な調理道具で、美味しいレシピ『あさりパスタ(ボンゴレビアンコ)を楽しく作って下さいね。

【文&構成:メグ/料理:週末料理夫・どん】

【友情出演:ポチ】

SNSでもご購読できます。