プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』プロ料理家コウケンテツさん簡単レシピから知恵を拝借。

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』のご紹介。はがれないピーマンの肉詰めって存在する?という素朴な疑問を解決!プロ料理家コウケンテツさんレシピを参考に、はがれないピーマンの肉詰めにチャンレジ。プロに学ぶコツで簡単美味しい食卓を♪

ピーマンの旬がやってきた!

子ども達にも人気のピーマンの肉詰め。

でも

このレシピに出会うまでは

ピーマンの肉詰めという料理は

ピーマンから肉はがれる料理!と思っていました。

その事実を一変させてくれたのが

プロ料理家コウケンテツさんレシピ。

さぁ

ピーマンとお肉がはがれない一体となった味わい

本物のピーマンの肉詰めにチャレンジ。

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』の詳しいレシピをご覧下さい。

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』作り方

材料

  • ピーマン 大サイズ5~6個
  • ひき肉 300g程度
  • 玉ねぎ 1/2
  • 卵 1個
  • 薄力粉 大さじ1
  • 塩 小さじ1/3

タレ調味料

  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 片栗粉 小さじ1/3

低糖質レシピを目指す方は

  • みりん→オリゴ糖や蜂蜜 大さじ1
  • 酒→水 大さじ1・1/2

で代用としても十分美味しい!

作り方

1.ピーマンのヘタをくりぬき斜めにカットする。

果物ナイフ等を使い

ピーマンのヘタをくり抜く。

作業する時は

小回りの利く果物ナイフがオススメ。

我が家で使っているのはビクトリノックスのナイフ。

切れ味抜群でお手頃価格。

次に

ヘタを取り除いたピーマンを斜め半分に切る。

この切り方こそ

肉がはがれないピーマンの肉詰めに仕上がる1つ目のコツ。

続いて

ピーマンの種だけを取り除く。

ピーマンの種がお好きな方はそのままでもOK。

この時気をつけて欲しいのが

種がくっついている出っぱり(筋の部分)は取り除かないこと。

この筋の出っぱりがストッパーの役割になり

ピーマンから肉がはがれるの防いでくれる。

2.豚ひき肉・みじん切りの玉ねぎ・卵・小麦粉・塩をこねてタネを作る。

大きめのボールに

  • 豚ひき肉 300g程度
  • 玉ねぎのみじん切り 1/2
  • 卵 1個
  • 薄力粉 大さじ1
  • 塩 小さじ1/3

を全て合わせる。

豚ひき肉が白っぽくなるまで手を使い素早く混ぜる。

3.肉タネをピーマンにギュッと詰める。

こねた肉タネをピーマンに詰める。

この詰め方が大きなポイント。

肉タネは

ピーマンに押し込むようにギュッと詰めること。

押し込んで押し込んで

ピーマンのお尻から出るくらいに詰める。

そして

肉タネの表面はこんもりするまで盛る。

たっぷりと肉タネをピーマンに詰めることで

加熱時に肉タネが縮んでしまっても

ピーマンから肉がはがれない肉詰めになる。

ピーマンのお尻からも肉タネが出たことを確認。

さぁ焼きに移りましょう。

4.肉の表面に焼き色がつけた後ピーマン全体を焼く。

フライパンに油大さじ1(分量外)をしき

タネ肉を下にフライパンに並べる。

火力は中火程度。

しばらく焼き

こんがりとした焼き色がついたことを確認。

焼く面を変えながらピーマン全体に焼き目をつける。

ちなみに低糖質レシピを目指す方は

油をココナッツオイルに変えることをオススメ。

身体に良いだけでなく

オイルそのものに甘みとコクがあり美味しい!

5.ピーマン全体に焼き目がついたら水を加え蒸し焼きにする。

ピーマン全体にこんがりとした焼き目がついたら

水大さじ1(分量外)を加えフライパンのフタをする。

ここから4~5分蒸し焼きにする。

蒸し焼きをすることで

肉とピーマンがふっくらと一体になり

料理として艶とまとまりが出る。

ここで気をつけて欲しいのが

蒸し焼きの時間に注意すること。

蒸し焼き時間が長すぎると肉タネが縮み

ピーマンから肉がはがれた肉詰めになってしまう。

そのためにも

タイマーで4分経過した頃に一度様子を確認。

最後の1分の火入れをすべきかどうか判断すること。

さきほど全体に焼き目をつけている段階で

加熱は進んでいるので

かなりビッグサイズのピーマンを除けば

この段階で蒸し焼きを終了しても大丈夫。

ご覧の通り

ピーマンから肉がはがれていませんよ~♪

6.タレを仕上げてピーマンの肉詰めの完成。

ピーマンの肉詰めを焼いた後のフライパンに

  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 片栗粉 小さじ1/3

を合わせたものを加える。

脂が多すぎる時はキッチンペーパーでサッと拭き取ってから加える。

弱火で1分程度混ぜながら加熱すると

全体にとろみがつき美味しいタレに変身。

お皿に盛り付けタレをかけたら

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』完成♪

ピーマンと肉の一体感が素晴らしい!

口の中でピーマンの汁が溢れる。

これは旨い~。

そしてもちろん

ピーマンから肉がはがれない。

コウケンテツさんの知恵が生み出した

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』。

一個をひと口のペースで食べる子ども達。

用意した5個のピーマンの肉詰めでは全然足りない!

次回作る時はフライパンは2つ必要だね。

実際に手を動かし作ってみると想像よりずっと簡単。

みなさんも

プロに学ぶレシピ『はがれないピーマンの肉詰め』に挑戦下さいね。

【プロに学ぶ・再現レシピ】

ところで

最近の我が家のブームは早起き。

私が食事をベースに生活スタイルを変えたところ

体内時計がリセット。

常に5時半前後に目が覚めてしまうのだ。

そのことを息子に話したところ

「じゃぁ、母ちゃんと一緒に起きようかな。」と。

えっマジですか?

7時半過ぎに叩き起こされても寝ていた貴方が

どうやって5時半に起きるの?!と言いたくなる気持ちを

グッと抑え早起き生活スタート。

息子はさすが現代っ子。

早起きをサポートするアイテムは

目覚まし時計ではなくGoogleさん。

「OK,Google,5時半に起こして!」と

早速、Googleさんにお願い。

なんだよ~!

母ちゃんが何度起こしても微動だにしなかったくせに

GoogleやSiriが起こすと一発で起きるなんて・・・。

というより何より

本人の意識が変わったことが一番の要因だけどね。

「早起きするなんかいいよね~。」と朝時間を満喫する息子。

息子が充実する様子を羨ましく思ったのか?

朝の起床タイムに母ちゃんに甘えまくっていた娘も

いつもよりも1時間早く起きることを宣言。

なんだかんだ言いながらもひとりで起床を続けている。

子ども達が早起きするだけで

私の朝時間も30分以上も効率良く回転。

期せずして始まった我が家の早起き生活。

なかなか素敵じゃない!

今はすぐ近所の学校に通う我が家の子ども達。

そのうち離れた学校へ行くことになるから

一緒に朝時間をゆっくりと過ごせるのも今のうち。

貴重な時間そして思い出なんだよね。

未来の朝を作るのは今の朝の積み重ね。

朝時間も愉快に過ごそうと改めて思う母ちゃんです♪

【文&構成&料理&写真:メグ】

SNSでもご購読できます。