唐辛子(トウガラシ)栽培のコツ・唐辛子の花が落ちる原因と対処法。唐辛子が実を結ぶコツは受粉にあり。

唐辛子(トウガラシ)栽培「日当たり良し・肥料良し・水良し」にも関わらず、唐辛子の花が落ちるという経験はありませんか?せっかく咲いた唐辛子の花が落ちる原因は受粉に関係しているかもしれません!唐辛子の実を結実させたい方も!唐辛子(トウガラシ)栽培のコツ、ご紹介します♪

小さな苗木から栽培を始めた我が家のトウガラシ。

トウガラシに関わらず、夏の野菜を美味しく栽培するコツは

  • 十分な日照時間
  • 適度な水やり(水のあげ過ぎ注意)
  • 適度な追肥 (市販培養土は肥料のあげ過ぎ注意)

以上の3つ。

この唐辛子(トウガラシ)栽培のコツを守り、

我が家のトウガラシも順調な成長でしたが、

唐辛子の花が咲いても咲いても落ちる!

なぜ?

野菜と花木を愛して70年の鹿児島の父に速攻質問

「ベランダはねぇ、虫がこないからねぇ、受粉ができんのよ」

と即答。つまりこうゆうこと。

唐辛子の花が落ちる原因と対処法

唐辛子の花が落ちる原因

・唐辛子の花の受粉がされていないから

父によると

花が次々と咲くまで

順調に成長している唐辛子の花が落ちる原因は

受粉が出来ていないことが大きな要因になっているそうです。

唐辛子の花は、虫等の媒介によって受粉が成功し実(鷹の爪)を結ぶ

とのこと。

マンション上層のベランダ栽培は、

受粉を媒介する虫がおらず、

花は咲いても実を結ばないまま唐辛子の花が落ちるというわけ。

トウガラシの実(鷹の爪)を結ばせるためには

虫の代わりに人の手で受粉をやることが必要とのこと。

納得!

ちなみに、虫と言っても

アブラムシ等はトウガラシ栽培の天敵!

コチラはしっかりと取り除きましょう。

では、

人の手で、唐辛子の花の受粉をやってあげるとは?

唐辛子の花が落ちる時の対処法

・綿棒で花の花弁を優しくこすってあげ人工受粉させる。

こうゆうことです。

優しく唐辛子の花弁をなでます。

実際に、

唐辛子の花の花弁を綿棒でなでると

黄色い唐辛子の花粉が空気中に漂う姿が確認できます。

これで受粉完了。

小さな虫になったつもりで優しくなぞるだけ。

受粉が成功したら、唐辛子の花はこんな姿に変化!

唐辛子の花びらは落ちますが、

茎からポロっと落ちることなく実が上向きに。

かわいいとんがり帽子が見えれば受粉成功の合図。

唐辛子の実( 鷹の爪)は上を向くように結実します。

実際、我が家で栽培中のトウガラシも

あんなに次々と花が落ちていたことが嘘のよう

おもしろいくらい

次々とトウガラシの実を結び始めました。

そして、もう一つだけ父に質問

唐辛子に実を結ばせるための人工受粉は

一日のどのタイミングで行うのがベストなの?

父はあっさりと回答。

「朝よ。花粉の量は、花が開いた直後の朝が一番多いからねぇ」

つまりこうゆうこと

唐辛子を人工受粉させるタイミング

・唐辛子の花の花粉量が多い午前中がベスト

午後になると

唐辛子の花の花粉量は風等で飛ばされて少なくなるとのこと。

当然、

雨や水やりで花粉は流されてしまいます。

水やりの前に、

綿棒でチョチョイと唐辛子の花弁を撫でる!

ことをお忘れなく。

ここで一旦まとめますね

・唐辛子の花が落ちる原因と対処法のまとめ

  1. 唐辛子の花が落ちる大きな原因として、トウガラシの花の受粉がされていないことが考えられる。
  2. トウガラシの花を受粉させるためには、人工受粉が有効。
  3. 人工受粉は、綿棒を使い唐辛子の花弁を優しくなぞる程度で受粉完了。
  4. 人工受粉のタイミングは、唐辛子の花粉量が多い午前中がベスト。

以上です。

あくまでも、

順調な成長が続いている唐辛子に限って有効な対処方法です。

唐辛子(トウガラシ)栽培の基本

  • 十分な日照
  • 栄養ある土壌
  • 土表面が乾いたら朝か夕の水やり

はもちろん実践ですよ。

せっかく咲いた唐辛子の花が落ちてしまい、

残念な思いをしていた方にとって

この解決法が、少しでもお役に立てると嬉しいな!

そして

無事に唐辛子収穫の日を迎えた方は

コチラの記事も参考に!

→唐辛子栽培のコツ・収穫時期・乾燥・保存方法は?

それにしても・・・

毎度、父の助言は的確。

以前、芍薬の花を長持ちさせるコツを聞いたところ

ドンピシャの回答。

長年の経験と知恵には頭が下がるばかり。

ありがたいの一言です。

そもそも、

唐辛子の苗を買いたい!と言ったのは

週末料理夫のどん。

青々に実った唐辛子を使って

激辛の調味料を作るのが夢だとか・・・。

辛い調味料作りが好きな料理夫のどん。

その割には、

唐辛子栽培自体には興味が無い様子。

全身全霊で週末料理に励む姿を見ると

週末料理夫の誕生日は、魚をさばき超ド迫力の刺盛り完成♪

「唐辛子栽培はどうなったの?」

なんて聞けないよねぇ~。

先日は、週末料理夫どんの誕生日。

自らルンルンで仕入れに出掛け、こしらえたド迫力の刺盛り。

「この刺身に、あの青唐辛子調味料をつけたらウマいだろうなぁ」

とか

「自家製鷹の爪で作る“あさりパスタ”もいいなぁ」

なんて、思っていたことでしょう。

だから、

本日も、せっせと唐辛子の花の受粉をする母ちゃんなのです。

最後に、

唐辛子と言えば!

万願寺唐辛子と伏見甘長唐辛子。

苗から栽培ができるらしいのです。

私もいつかは、

有名な2つの唐辛子(トウガラシ)栽培にチャレンジするぞ!!

【文&構成:メグ】

SNSでもご購読できます。