プロに学ぶ映えるレシピ『見た目も美しい!肉汁飛び出すハンバーグ』コウケンテツさん人気レシピ。油が分離しない美しいハンバーグソースのコツも。

プロに学ぶ映えるレシピ『見た目も美しい!肉汁飛び出すハンバーグ』のご紹介。人気料理家コウケンテツさんYou Tubeハンバーグレシピを我が家の台所で作るレシピ。ハンバーグはソースも重要!油が分離せず失敗しないハンバーグソースのコツとは?

お家で肉汁飛び出すふっくらハンバーグを作る!

と思い立ち

早速You Tubeを視聴。

プロ料理家コウケンテツさんレシピを参考に

見事!肉汁飛び出す美味しいハンバーグは完成。

でも

あれっ?

なんだかハンバーグの見た目がイマイチ。

これじゃあ全く映えないじゃないの!

と思わず叫んでしまった経験をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

私も経験済でございます。

全く映えない残念なハンバーグに仕上がってしまうのは

冷めたハンバーグソースの油が分離してしまい

皿に流れ出してしまうことが一因かも!

そこで

ハンバーグが美味しいだけでなく

ハンバーグを盛り付けた皿ごと美しく映える

プロに学ぶ映えるレシピ『見た目も美しい!肉汁飛び出すハンバーグ』の詳しい作り方をご紹介♪

プロに学ぶ映えるレシピ『見た目も美しい!肉汁飛び出すハンバーグ』

材料(3~4人分)

  • 合い挽き肉 500g
  • 玉ねぎ 1個
  • 卵 1個
  • パン粉 40g
  • 冷たい牛乳 大さじ4
  • 塩 小さじ2/3
  • ウスターソース 大さじ2

※合挽肉と牛乳は使う直前まで冷蔵庫保存。

ハンバーグソース材料

  • ウスターソース 大さじ5~6
  • ケチャップ 大さじ4
  • 酒 大さじ4~5
  • バター 20g

作り方

1.玉ねぎを細かいみじん切りにする。

包丁を使う工程はココだけ。

気合を入れていきます!

玉ねぎは

細かいみじん切りにすることで

合い挽き肉とシッカリと絡み合い

旨味が流れ出さない一体感のあるハンバーグに仕上がる。

コウケンテツさんオススメ!

手軽で簡単に

玉ねぎの細かいみじん切りを作る方法。

①玉ねぎ半分にカット。繊維に沿って薄切りにする。

薄切りにした玉ねぎを数枚重ね、垂直に切る。

③玉ネギの細かさが揃うように更に切り刻む。

現在使用中の包丁は

グローバル包丁。

私の嫁入り道具は手入れしつつ

まだしばらくは活躍予定。

2.玉ねぎを炒める(レンジ加熱する)

細かくみじん切りにした玉ねぎは

油を少しなじませラップをかけレンジ加熱。

我が家は電子レンジのない生活。

フライパンに油(小さじ1程度)をしき

色がかわるまで炒める。

3分程度炒め色づいたら火を消し

大さじ山盛り1程度の炒め玉ねぎを

別容器にとっておく。

この玉ねぎは後ほどソースに使う。

3.パン粉に炒め玉ねぎ・牛乳・卵を加える。

パン粉(40g)に炒めた玉ねぎを加える。

続いて

冷たい牛乳(大さじ6)を加え

スプーン等でよく混ぜ合わせる。

冷たい牛乳を加えることで

玉ねぎの熱が冷め

後ほど合わせる合い挽き肉に熱が入らず

ハンバーグ生地がダレない。

最後に

卵(1個)は割りほぐしてから加える。

よく混ぜ合わせる。

少しベチョッとしていても大丈夫。

あまりにも水っぽい場合は

パン粉(分量外)を加え調整したり

冷蔵庫の中でしばらく寝かし

パン粉が水分を吸うのを待つのもオススメ。

4.合挽肉に具材を合わせ一気にこねた後、ハンバーグの形に整える。

合挽肉を冷蔵庫から出し

塩(小さじ2/3)とウスターソース(大さじ2)を加え

指をつかってしっかりとこね始める。

合挽肉全体がまとまり始めたら

さきほどの具材を加え

一気に手早くこねる。

手の熱で合挽肉がダレないよう

手早く力強くこねる。

具合と合挽肉が混ざり合い

トロッとした感触になれば

ハンバーグの種の完成。

続いて

食べたいハンバーグの大きさに等分する。

ここで一旦

手をキレイにする。

次に

両方の手の平に油(分量外)をシッカリとぬり

ハンバーグの種を交互の手の平に叩きつけるようにしながら

ハンバーグの種の中の空気を抜き

さらになめらかな表面に仕上げていく。

なめらかに仕上がったら完成。

さぁ焼き始めましょう♪

5.フライパンにハンバーグをのせてから加熱スタート。

テフロン加工のフライパンには油をしかない。

火を点けない状態で

形を整えたハンバーグの種を

フライパンに上に並べる。

ここで

ゴムヘラ等を使いさらに形を整えてもOK。

できるだけ表面をなめらかに整えることで

旨味が滲み出てくるのを防ぐ。

一方

鉄のフライパンを使う場合は

キッチンペーパー等でフライパンの表面に油を塗ってから

ハンバーグを並べる。

ちなみに我が家の鉄のフライパンは

10年選手のコチラの二種類。

ハンバーグの形を整え終えたら

中火程度で加熱スタート。

1分程度すると

ジュワジュワと油が出てくる。

そのまま加熱を続け

ハンバーグの端側に熱が入り

動かしても崩れないことを確認したら

ひっくり返す。

このまま1分ほど加熱を続ける。

6.水を加えハンバーグを5分間蒸し焼きにする。

ハンバーグに分量の水を加える。

  • ハンバーグ1枚→大さじ1と1/2
  • ハンバーグ2枚→大さじ2

すぐにフライパンにフタをする。

火力を弱火に落とし5分間蒸し焼きにする。

5分経過したら火を消す。

フライパンのフタはとらず

予熱で1分間~1分半蒸し焼きを続ける。

ふっくら焼き上がりの目安として

ハンバーグの表面を指で押してみる。

押した指を跳ね返すような弾力を感じたらOK。

盛り付け用の皿にハンバーグを移し

冷めないようラップで包む。

7.フライパンに残る油を9割程度拭き取ってからハンバーグソースの材料を加熱する。

いよいよ仕上げのハンバーグソース作り開始。

美しいハンバーグ姿に仕上げるために

絶対に忘れてはいけないのが

フライパンに残った油を9割程度は拭き取ってしまうこと。

「えっ~!美味しい肉の油をもったいない!」

とお思いの方。

あなたが手塩にかけ焼いたふっくらハンバーグが

こんな姿⬇になっても問題はナシ!というならば

ご自由にどうぞ♪

合い挽き肉と一言で言っても

国産牛肉か外国産牛肉という違いだけではなく

豚肉も赤身か脂身かという部位の違いも加わり

構成も様々。

焼き上がったハンバーグが油の中でグツグツしていた!

という方もいらっしゃることでしょう。

その油を全てハンバーグソースに使ってしまうと

多すぎる油が他のソースの材料と分離するだけでなく

ソースが冷めると油がかたまり

白い塊がハンバーグを盛り付けた皿に出現!

そんな美しいどころか

食べる気を失ってしまうハンバーグにしたくない方は

油は拭き取る。

フライパンの表面に油が少し残る程度でも

肉の風味香る美味しいハンバーグに仕上がる。

ハンバーグソースの材料を

  • ウスターソース 大さじ5~6
  • ケチャップ 大さじ4
  • 酒 大さじ4~5
  • バター 20g
  • 炒め玉ねぎ 大さじ1

フライパンに入れ加熱スタート。

グツグツとなり

トロッとしたソースになってきたら完成。

8.ハンバーグソースをたっぷりとかけたら完成♪

付け合せの野菜は

我が家定番のキャベツといろいろ野菜の塩もみ。

最後に

出来たて熱々のハンバーグソースを

ハンバーグにたっぷりとかければ

プロに学ぶ映えるレシピ『見た目も美しい!肉汁飛び出すハンバーグ』完成♪

こんなハンバーグが食べたかった!

ふんわりジューシーでとっても美味しい。

ハンバーグソースだけで

ご飯が進んでしまう旨さ。

さすが!

プロ人気料理家コウケンテツさんレシピ!

以前紹介した和風おろしハンバーグレシピよりも

進化している。

このハンバーグなら

美味しさだけでなく見た目も十分。

つまり

ハンバーグという料理は

ハンバーグ自体も大切だけど

ハンバーグソースも同じくらい重要ということ。

失敗したからこそたどり着けた美味しさに納得。

我が家でも定番レシピに決定♪

このハンバーグレシピが

美味しいだけでなく

美しく映えるハンバーグ作りに役立つことを

願っています。

【プロに学ぶ・再現レシピ】

ところで

我が家の料理夫は只今異国暮らし中。

なかなか帰ってこない・・・。

じゃなくて

帰ってこられない!

でも

もしかしたら

一時帰国しなきゃいけないかもという連絡あり。

とは言え

「成し遂げるまでは帰らんぞ!」と

腹をくくり過ごしていた夫の気持ちは複雑。

そりゃそうだねぇ~。

まぁでも

それも

成し遂げるための流れの一つと思えば

必要なこと。

夫がおらぬうちに

油が跳ねるのが怖くて腰がひけつつも

パリッとジューシー!

美味しい餃子も作りきるようになった母ちゃん。

子どもに負けじと

母ちゃんも成長したんだよ。

中途半端な状態での帰国は

何かと面倒なことばかりなんだろう。

とは言え

まぁそれでもいいじゃないか。

年がら年中

成果なんて出るもんじゃないって!

中途半端な状態でも

夫婦なんだから

お互いの成長を褒め合いましょう。

そしてまた

互いにきばろうじゃないか!

いつでもいいからねぇ~。

待ってるよ♪

【文&構成&料理:メグ】

SNSでもご購読できます。