プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』タレも絶品!プロ料理家コウケンテツさん人気レシピ参考。

プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』のご紹介。ザクッとした衣に絶品タレが香る!味も食感も本格派の本格油淋鶏レシピ。プロ料理家コウケンテツさんの油淋鶏レシピを参考に挑戦!お家で町中華を楽しもう♪

油淋鶏♪油淋鶏♪

字も響きも素敵だけど・・・

お家で作るのは難しそう!とお思いの方。

プロ料理家コウケンテツさんの人気レシピを参考にすれば

超本格的な油淋鶏がお家で簡単に完成♪

ザクッ&カリカリッとした食感に

絶品油淋鶏タレが絡む!

プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』の詳しい作り方をご覧下さい。

プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』の作り方

材料

  • 鶏もも肉 2枚600g程度
  • 片栗粉 鶏モモ肉1枚につき大さじ6~7

鶏モモ肉下味調味料

  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ4
  • 生姜のすりおろし 2かけ程度

油淋鶏タレ

  • 長ネギ 10cm程度
  • 青じそ 1枚程度
  • 醤油 大さじ4
  • 酢 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • 生姜 2かけ程度
  • にんにく 1片
  • ゴマ油 大さじ1

作り方

1.鶏もも肉を縦半分にカットした後、切れ目を入れる。

今回は640gの鶏もも肉2枚を使用。

鶏もも肉を

まな板に縦方向に広げる。

まずは半分にカット。

鶏もも肉を1枚丸ごと揚げるよりも

半分にカットして小ぶりにした方が

揚げ衣がシッカリと付きザクザクとした食感を生まれる。

次に

半分にした鶏もも肉を横方向に広げ

皮目を切らない程度に切れ目を入れる。

切れ目を入れることで

鶏もも肉の筋切りになり肉の縮みを防ぐ。

また切れ目にも揚げ衣がつくので

簡単に厚めのザクザク衣に変身

2.ジプロックに鶏もも肉を入れ下味をつけ寝かせる。

ジプロックもしくは厚手のビニール袋を用意。

鶏もも肉の皮目を剥がさないよう

優しく袋に入れる。

下味調味料

  • 醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ4
  • 生姜のすりおろし 2かけ程度

以上を加える。

袋を揉むようにして

鶏もも肉に味を染み込ませる。

この時

鶏もも肉の皮が剥がれないよう

優しく揉みこむこと。

鶏もも肉の皮は

揚げた時にカリッとした食感を引き出す重要な部分。

皮なくしては油淋鶏はナシ!と心得る。

下味が鶏もも肉全体に馴染んだら

空気を抜くように袋の口を閉める。

このまま

15分程度寝かせる。

今回は

半日程度置いておきました!

3.油淋鶏タレを用意する。

鶏もも肉を寝かせている間に

油淋鶏絶品タレを用意する。

まずは

長ネギを縦半分に切り薄めの半月切りにする。

今回は長ネギの青い部分を使っていますが

もちろん白い部分でOK。

次に

生姜2かけ・にんにく1片をみじん切りにする。

小鍋に入れる。

  • 醤油 大さじ4
  • 酢 大さじ3
  • みりん 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • ゴマ油 大さじ1

以上を加え

弱火で加熱スタート。

グラッと煮立たったら火を止める。

我が家は電子レンジがない生活なので小鍋で加熱。

もちろん!耐熱容器にタレの材料を入れ

電子レンジでチンしてもOK。

最後に

加熱した油淋鶏タレに半月切りの長ネギを加える。

予熱で長ネギに火が入るので

長ネギの風味が生きる!

仕上げに

細切りした青じそを加える。

青じそをたくさん入れてしまうと

しその香りが強く出過ぎてしまうので

爽やかな香りをプラスする1枚程度で十分。

油淋鶏の下ごしらえに便利なのが

野田琺瑯のホワイトシリーズ。

小ぶりの容器は

保存ダレや梅干しを入れるのにもオススメ。

4.寝かせた鶏もも肉に片栗粉をまぶす。

下味が染み込んだ鶏もも肉はふっくら。

袋の口をあけ

片栗粉大さじ4を数回に分けて入れる。

1回入れるごとに

袋の中に手を入れ鶏もも肉に馴染ませる。

下味の汁も一緒に衣にしてしまうようなイメージ。

汁気がなくなったら

鶏もも肉を取り出し

さらに残りの片栗粉大さじ2~3程度を

これでもか!というくらい

シッカリと馴染ませていく。

こうすることで

味の染みた厚めの揚げ衣をまとった

ザクザク&カリッとした食感の油淋鶏に仕上がる。

5.鶏もも肉を皮目から揚げていく。

揚げ鍋を用意。

高さのある炒め用フライパンでも大丈夫だけど

油ハネが苦手な方は

揚げ鍋を用意することをオススメ。

揚げ方の順番は

  1. 皮目を下に中温(170℃)で5~6分。
  2. ひっくり返して2分。
  3. 火力を強火に仕上げの1分。

我が家の揚げ鍋は

料理研究家有元葉子さん考案の揚げ鍋。

油ハネ防止ネット付きで

油ハネが超苦手な私でも安全に揚げ物可能。

鶏もも肉の皮で鶏肉を包むように

皮目を両手で引っ張りながら

皮目を下にして揚げ油に入れる。

まずは

170℃の中温で5~6分揚げる。

揚げている間のコツは

鶏もも肉を菜箸等でツンツン触らないこと。

せっかく付いたザクザクの衣が剥がれてしまうので

油の力を信じ待つ!

油ハネ防止ネットのみを購入したい方は

黒メッシュタイプのネットがオススメ。

光が反射しない黒メッシュで

揚げ物の様子がハッキリと確認できる。

皮目を下に5~6分揚げた後

揚げ色を確認してひっくり返す。

次に

中火のまま2分揚げる。

仕上げに

火力を強火に上げ1分揚げる。

強火にすることで

衣がカリカリっと仕上がる。

6.揚がった鶏もも肉を立てかけるようにして油を切る。

カリカリっと揚がった鶏もも肉。

この時

鶏もも肉を揚げ物バットに立てかけるように置く。

こうすることで

余分な油がキレイに抜け

カリカリっとした食感を保つことができる。

プロ料理家コウケンテツさん曰く

「揚げ物の縦列駐車」という表現がぴったり。

揚げたてをカットしたいところだけど

粗熱が取れるまで我慢。

熱々の状態を切ってしまうと

肉汁が流れ出してしまい

ベチョベチョとした油淋鶏になってしまう。

7.タレをかけ油淋鶏完成♪

手で触れるくらいまで粗熱が取れたら

一口大にカット。

皿に盛り付ける。

続いて

たっぷりのタレをかければ

プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』完成♪

ネギとシソの香りが漂うタレを

ザクザクとした揚げ衣がギュっと吸収。

口の中で

肉と衣の旨味が合体する最高の油淋鶏。

これは本格的!!

カリッと軽やかな印象の鶏もも肉の唐揚げとは真逆の

ザクザク感が最高。

さすがコウケンテツさんの人気レシピ。

頭が下がるほど旨い。

アッという間に鶏もも肉2枚分の油淋鶏が消えた・・。

一瞬の出来事でした。

特別な材料は必要なし。

作り方も順を追っていくだけの簡単レシピ。

私の中で定期的に訪れる

コウケンテツさんレシピブームの再来♪

さぁみなさんも

プロに学ぶレシピ『ザクっ&カリっ!本格油淋鶏』で

お家で本格町中華の味を楽しんで下さいね♪

【プロに学ぶ・再現レシピ】

さて

今朝の天気は小雨模様。

朝の日課ジョギングができなくて残念。

そろそろ梅雨に入るのかしら?

梅雨時期の困り事の代表選手と言えば

洗濯物がスカッと乾かないこと。

でもね・・・

うちの洗濯モノ、結構乾くんですよ。

しかも最新のドラム式洗濯機が無くてもね。

まさかまさかの2槽式洗濯機を使っている我が家。

きっと

ロジカル家事を推奨される著名な方々が

洗面所にある我が家の2層式洗濯機を見たら

悲鳴をあげるんだろうなぁ~。

「まるで原始時代!なんて生産性の低い!

こんなことをしているから

永遠に家事労働から開放されないのよ!」なんてね。

それも一理あるけど

私にとってはそうでもないのです。

2槽式洗濯機の良いところは

  • 少量の洗濯が最低限の水・最低限の時間で完了。
  • 複数回の洗濯が早い。
  • 脱水がメチャメチャ利く。
  • 頑丈。手入れ要らず。

当然自動ではないので

手は使わなきゃいけないけど。

ジョギング帰りのジャージ上下とタオルの洗濯なんて

全部で12~13分もあれば完了。

しかも

脱水の効きが半端ないので

冬の室内干しは一晩でキレイに乾くし

梅雨の時期は

扇風機の弱風を洗濯物に当てておけば乾く。

現在の私のライフスタイルと

風通しの良い今の住まいの形にピッタリ。

つまり

私にとっては最低コストで済む洗濯方法として

今は2槽式洗濯機を採用しているわけ。

当然の反応として

うちに遊びに来てくれる方々は

「うわぁ~2槽式洗濯機だ!いま使っている人いるんだ。」と

もの珍しそうに(呆れて?)驚いてくれる。

ただ

この2層式洗濯機を見て驚かなかった友達が一名。

彼女は国内最大の家電メーカーに長年お勤めの方。

彼女曰く

「洗濯が上手な人って2層式洗濯機を使っている人が多いらしいよ。」

と冷静かつ有り難いご意見。

ということは

私の他にも2槽式洗濯機の仲間はいるってことね。

夫からは

「いつでも洗濯機を買い換えていいからね。」とは言われているけど

なんだかかんだと使い続け6年超。

簡単にはやめられないわぁ~2層式洗濯機。

多くの人が耳を疑うでしょうが

使い続ける理由はただ1つ。

「いまは便利なんだよね~。」

いつか

この洗濯機を使い切った!と思える日がきたら卒業だね。

そんな日が訪れることが楽しみでもある。

さぁ

モノはダラダラ使うな使い切れ!と

今日も

しっかりと時間を使い切る一日を目指す母ちゃんです。

【文&構成&料理&写真:メグ】

SNSでもご購読できます。