プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』プロ料理家コウケンテツさんレシピ参考。塩糖水漬け鶏むね肉でパリパリ・しっとり実現!

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』のご紹介。塩糖水漬けの鶏むね肉を、プロ料理家コウケンテツさんレシピを参考に極やわらかなチキンステーキに仕上げるレシピ。鶏むね肉だからこそ実現!驚きのパリパリ・しっとりを生み出す感動レシピ。

「鶏肉ってさ、結局は、鶏むね肉より鶏もも肉が美味いよね~。」

とお思いの方。

ぜひ1回だけでいいから

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』を作ってみて下さい!

塩糖水(ブライン液・ソミュール液)漬けにした鶏むね肉を

プロ料理家コウケンテツさんレシピを参考にチキンステーキにしてみたら

感動の美味しさに仕上がりました。

コウケンテツさんが「やっぱり胸肉なんですよぉ。」と言わせた

パリパリ・しっとり、そしてブリンとした食感は

鶏もも肉ではなく鶏むね肉だからこそ実現。

塩糖水漬け鶏むね肉チキンカツを上回る鶏むね肉レシピが誕生♪

それでは

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』の詳しい作り方をご覧下さいね。

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』作り方

材料

  • 鶏むね肉 人数分
  • 薄力粉 適量

ステーキソースの材料(鶏むね肉1枚分)

  • すりおろしにんにく 1かけ
  • バター 20g
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 粗挽きこしょう

※ソースはたっぷりかけた方が美味しいので

必要に応じ同じ割合で量を増やす。

鶏胸肉の下準備

1.鶏むね肉を塩糖水漬けにして寝かす。

①塩糖水を作る 。

軽量カップに

分量の塩・砂糖・水を合わせる。

【塩糖水(ブライン液)基本の割合】

  • 水 200cc
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 大さじ1

今回使用するのは鶏むね肉1kg。

塩糖水の量を2倍にして漬け込む。

計量カップに

分量の水・塩・砂糖を入れ

塩と砂糖が見えなくなるまでシッカリと混ぜる。

②鶏むね肉を塩糖水に漬け一晩寝かす。

大きめのポリ袋に

鶏むね肉と塩糖水(ブライン液)を入れる。

ポリ袋の口を洗濯バサミ等でギュッと留めて

鶏むね肉全体が塩糖水(ブライン液)に漬かるようにする。

このまま冷蔵庫に入れて

理想は一晩!最低でも3時間寝かす。

③水気を拭き取り塩糖水漬け完了。

塩糖水漬けした鶏むね肉の肉質は

しっとり&プルプル。

【塩糖水漬けとは?】

アメリカではブライン液とも呼ばれる

下ごしらえ方法の1つ。

塩は

肉や魚の筋肉を柔らかくし水分を肉に蓄える役目。

砂糖は

加熱により肉や魚が縮むのを防ぐ役目。

手軽に濃度を一定保つことができる塩糖水漬けにすることで

肉や魚の肉質だけでなく雑味が抜け旨味もUP。

ここで鶏むね肉の下準備完了。

いよいよ

塩糖水漬けにして美味しさ極UPした鶏むね肉を使い

プロ料理家コウケンテツさんレシピを参考に

極やわらかチキンステーキ作りスタート♪

作り方

1.鶏むね肉の厚みが平らになるよう切り開く。

皮目を下に鶏むね肉を置く。

肉が大きく盛り上がった部分(写真:左手前部分)全体に

少しずつ包丁を入れ平らになるよう切り開く。

続いて

肉が少し盛り上がった部分(写真:右斜め奥部分)にも

包丁を入れ少しずつ開く。

鶏むね肉全体の厚みを均一(平ら)にする。

2.切開いた鶏むね肉に薄力粉をまぶす。

切開いた鶏むね肉に薄力粉をしっかりとまぶす。

鶏むね肉に粉をまとわすことで

パリパリとした食感を生み出すだけでなく

肉の旨味をギュッと閉じ込めシットリと仕上げることができる。

茶漉しを使うと楽チン。

鶏むね肉の皮側もシッカリとむらなく粉をはたく。

3.鶏むね肉の皮で肉全体を包むようにカタチを整える。

鶏むね肉全体にむらなく薄力粉をまぶしたら

鶏むね肉を切り開く前の姿に戻す。

コウケンテツさん曰く「形状記憶」という工程。

このとき

鶏むね肉の皮を少し引っ張り肉全体を包むようにしてあげる。

こうすることで

皮目がパリッとするだけでなく

鶏皮がダイレクトに肉内部に入ろうとする熱からガードしてくれる。

優しく熱が入るので

肉がパサパサにならずジューシーな仕上がりになる。

4.鶏むね肉のカタチを維持し焼きスタート。

フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を入れる。

鶏むね肉のカタチを保ったまま皮目を下にフライパンに置く。

置いてから加熱スタート!

限りなく弱火に近い中火でジワジワと焼き始める。

火力を強くしてしまうと

鶏むね肉の身がパサついてしまうので

くれぐれも弱火でジックリと焼くということを忘れずに!

鶏皮側の加熱時間の目安は約5分。

タイマーをセットしいておいた方が作業しやすい。

しばらくすると

フライパンの温度が上がり焼き音が聞こえ出す。

皮目を焼いているときは

決して切り開いた部位を開かずカタチを維持したまま焼くこと。

万が一開きそうになったら

トングや菜箸等ではさんで阻止する!

ちなみに

油が跳ねるのが苦手(私)な方は

油はね防止ネットをかぶせると心に余裕が生まれる。

油ハネ防止ガードは

光が反射せず食材の様子が良く見える黒のメッシュタイプがオススメ。

5.5分経過したら鶏肉を開き、2~3分焼く。

5分経過したら切り開いた部分を全開。

切り開いた部分は肉の厚みが薄いので2~3分で火が入る。

このときの加熱時間は

鶏むね肉の大きさによって調整。

350g程度のビッグサイズであれば3分。

250g程度の小サイズであれば2分程度で様子を見る。

フライパンの油があるところに

鶏むね肉のポジションをチェンジしながら

むらなく火を通す。

我が家で使用のフライパンは

コストパフォーマンス抜群のサーモス社製フライパン。

軽量でとっても扱いしやすいです。

6.ひっくり返し2分程度加熱したら皿に盛る。

皮目全体がこんがりしたらひっくり返す。

ひっくり返した2分程度加熱する。

くれぐれも長く加熱しないよう注意。

まずは2分加熱してみて皿にあげる。

火通りが気になるときは

少し包丁で切れ目を入れて焼き具合をチェック。

火通りがイマイチのときは

再びフライパンに置き弱火でジワッと加熱。

7.ソースの材料を加熱しチキンステーキにかけたら完成。

鶏むね肉を焼いた後のフライパンを洗わずに

ステーキソースの材料を入れる。

  • すりおろしにんにく 1かけ
  • バター 20g
  • しょうゆ 大さじ1
  • みりん 大さじ1

材料を入れたら弱火で加熱スタート。

ブクブクと泡だてばチキンステーキソースの完成。

皿に盛り付けたチキンステーキに

ステーキソースをたっぷりとかける。

仕上げに黒胡椒をふれば

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』の完成。

ありがとう!

プロ料理家・コウケンテツさん♪

感謝します!

下ごしらえの王様・塩糖水♪

「鶏むね肉って、こんなに美味しいの?!」と叫びたくなる美味しさ。

鶏もも肉には存在しない柔らかいだけじゃないブリンとした食感。

パリパリ・しっとり噛むごとに広がる旨味。

用意した鶏むね肉1kg・価格500円のチキンステーキは

アッという間に家族の胃袋へ。

これこそまさにミラクル・サイクルヒット!

ぜひみなさんも

プロに学ぶレシピ『極やわらか!鶏むね肉で作るチキンステーキ』に挑戦を!

お家でサイクルヒットをかっ飛ばして下さいね。

ところで先週末

週末料理夫と息子は

始発列車に乗って2年ぶりのハゼ釣りへ。

ハゼ釣りで有名な!江戸川放水路佐野遊船さんの小型ボートに乗り

早朝6時から約7時間のハゼ釣りを満喫して帰宅。

帰宅後は夫婦で協力して

首が痛くなりながらも100尾以上の小型ハゼを下処理。

ほぼ一般の鮮魚売り場等では出回ることのない

ある意味“高級魚”のハゼの天ぷらが完成。

フワっとした白身がたまらん!

下処理が大変だけど

2年ぶりのハゼの天ぷらはやっぱり美味い。

夫は

「いやぁ~楽しかったなぁ。もう一度行きたいなぁ。父ちゃん1人でもいいから行こうかなぁ。」と

ひとり言なのか?

それとも

また一緒に釣りに付き合って欲しい息子を遠回しに誘っているのか?ボソボソと言い続けている。

意を決し息子を誘ったところ

「父ちゃん、また行きたいんだ。いいよ。」と

父の願いをアッサリと叶えてやる優しい息子。

夫は息子の返事を聞くなり

「じゃあ父ちゃんさ、You Tubeで観たハゼ釣り用の竿を作ってみたいんだよねぇ。ハゼ釣り名人のおじさんがさ・・・。」

と嬉々として語り始めた。

息子はこの話は長くなりそうだと判断。

「へぇ、そうなんだぁ。」と

当たり障りのない返事と共に足早に自分の世界に戻っていった。

その昔

「父ちゃん、遊んで!」と息子からまとわりつかれていた頃が懐かしいねぇ。

季節が巡るたびに子ども達の成長を感じる。

来年の秋は

息子は父ちゃんのハゼ釣りに付き合ってくれるのだろうか?

そう思うと

デッカかった夫が随分と小さく見えた母ちゃんなのでした。

【文&料理&写真:メグ】

SNSでもご購読できます。