決定『最強!オススメ食器洗いスポンジは、どれ?』主婦歴17年が選ぶ!長持ち・丈夫・へたりにくいキッチンスポンジ。

決定『最強!オススメ食器洗いスポンジは、どれ?』のご紹介。
主婦歴17年のワタシが様々なスポンジを使った結果、長持ち・丈夫・へたりにくい!最強の食器洗いスポンジとして認定したのは、どのスポンジ?

ドラッグストアのスポンジコーナーに

ズラリと並ぶ食器洗い用スポンジ。

散々迷った挙げ句

  • 高い=良かろう
  • 安い=悪かろう

という意識が働き

結局

価格で決めてませんか?

何を隠そうワタシもそうでした。

主婦になって17年。

ほぼ毎日・何度も使うスポンジだからこそ

何となく購入を決めて良いのか?と

様々な食器洗いスポンジを試した結果

食器洗いスポンジの丈夫さ・へたりにくさは

値段だけに

比例するものではないということを実感。

さて

ワタシが選ぶ最強の食器洗いスポンジはどれ?

決定『最強!オススメ食器洗いスポンジは、どれ?』をご覧下さいね。

決定『最強!オススメ食器洗いスポンジは、どれ?』

1.ワタシが選ぶ最強の食器洗いスポンジ

メーカー:ダスキン

商品名:台所用スポンジ3色セット・モノトーン

過去

ドラッグストア等で購入し

使ってきたスポンジは数知れず。

  • 『3Mスコッチ・ブライト』シリーズ
  • 『オーエ・泡キュット』シリーズ
  • 『マーナ・おさかなスポンジ』
  • 『キクロン・キッチンスポンジ』
  • 『アイセン・泡立つスポンジネット』
  • 『無印良品・ウレタンフォーム三層スポンジ』
  • 『レック・食器洗いスポンジ』
  • 100円ショップ各社のスポンジ

等々

これ以外もあるけど紹介しきれない!

そんな中

他社を圧倒していたのが

ドラッグストアには置いていない

ダスキン・台所スポンジ。

何がスゴイのか?というと

  1. 破れにくくちぎれにくい。
  2. とにかく丈夫でへたるまでに時間がかかる。
  3. 泡立ちキーブ力が長い。
  4. スポンジ自体の汚れが目立たず台所がスッキリ見える。

等々

商品説明宣伝文句そのまま実現している商品。

自称・食器洗い魔のワタシ。

他社のスポンジでは

たった1週間ほどの利用で

「なんだか

触り心地が弱々しくなってきただけでなく

見た目も薄汚れてしまいイマイチ。

泡立ちキープ力が衰え

洗剤の減りも加速し始める頃だなぁ。」という印象。

一方

ダスキン・台所スポンジは

同じように感じ始めるタイミングが

他のスポンジに比べ3倍くらい先。

使用開始から10日程度経過しても

ご覧の姿をキープ↓

10日間洗いまくって

この状態を保っていられるのは

そう簡単なことではない。

抜群の水切れとダークな色味で

汚れがつきにくく

目立たないのも大きな特徴。

カレーやトマトソースの汚れも

ドンと来い!と

頼れる存在であることは確か。

しかも

1個当たり160円程度という価格は

ここ数ヶ月で価格上昇を続ける

店舗等に並ぶキッチンスポンジ平均価格を

下回るレベル。

もちろん

この使い心地に信頼を置くのは

私だけではなく

多くのダスキン・スポンジ使用者が

Amazon等で絶賛!

とは言え

他のスポンジメーカーも黙っちゃいないのは事実!

2.ダスキン台所スポンジに匹敵するスポンジはあるのか?

私が選ぶ

最強食器洗いスポンジは

ダスキン台所スポンジに決定!

とは言え

今後使ってみたい商品があるのも事実。

その商品とは?

・亀の子スポンジ

食器洗いスポンジと同様

我が家の台所に欠かせないのが亀の子束子

愛用歴16年

まな板や蒸籠(せいろ)・竹ザル等

我が家の木の台所道具洗いに欠かせない存在

亀の子束子を作り続けて115年!!

亀の子束子西尾商店さんの肝入商品であろう

亀の子スポンジ!

きっと

ダスキン・台所スポンジの

良きライバルになるに違いない!と

勝手に期待を高める。

今後

最強スポンジのランキングが

変更になった場合は

自称・食器洗い魔を名乗る責任を持ち

再レポート予定♪

というわけで

決定『最強!オススメ食器洗いスポンジは、どれ?』が

みなさんの

食器洗いスポンジ選びの

参考になることを願っています♪

ところで

こちらはある街の朝の風景。

って

あれ?日本じゃない?

そう!

台湾で暮らす家族から

LINEに届いた朝の風景。

人や車そしてバイクで大渋滞!

というイメージの台湾だったけど

人が動き出す前の朝の風景は

清々しいんだね。

そして

仕事、頑張っているんだね。

家族が暮らす国・台湾。

良いモノや道具・面白いコトを探す

探検はスタートしたばかり。

楽しく少しずつ

コマを進めていこう♪

【文・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。