レシピ『皮をむいてレモンシロップ漬け』カビが出ない。失敗しない保存方法(加熱・冷蔵庫保存)と残ったレモン皮の使い方とは?

国産レモンで作るレモンシロップ漬け。レモンの皮を剥いてシロップ漬け。レモンシロップにカビが出た!飲める?食べられる?そもそもカビが出ない保存方法とは?残ったレモンの皮の活用方法もご紹介♪

乾燥する季節に大活躍。

ビタミンCたっぷりの自家製シロップ漬け。

今回は

  • レモンシロップに発生したカビの対処法
  • レモンシロップにカビが発生しにくい保存方法
  • 皮をむいて作るレモンシロップ・レシピ

についてご紹介。

せっかく作ったレモンシロップにカビが出てしまった!

食べられる?飲める?

そもそも

カビが出ない出ない保存方法とは?

参考にして下さいね。

レシピ『皮をむいてレモンシロップ漬け』

レモンシロップ漬けにカビ発見!対処法は?

カビの部分を取り除けば問題なく飲めます。

毎年レモンシロップを作り続けている

私の経験からの回答。

あくまで

レモンシロップの保管状況や期間に応じ

臨機応変に対処するのが一番。

その上で参考にして下さいね♪

カビの発生部分が小さい場合は

新しい割り箸を使い

カビとその周辺のレモンを全て取り除く。

でも

こんな時は迷わず廃棄!

  • カビが全体に広がっている
  • カビは小さいけど腐敗臭がする。

嗅覚も使って対処すること。

次は

レモンシロップ漬けにカビを出さないための

  • レモンシロップの保存場所
  • レモンシロップの保存方法

についてご紹介。

カビが発生しにくいレモンシロップの保存場所と保存方法

カビが発生しにくいレモンシロップの保存場所:冷蔵庫

自家製レモンシロップ作りの失敗経験から

言えることは

レモンシロップ漬けのベストな保存場所は冷蔵庫。

これが最強!

「えっ?冬の間は冷暗所で保存で大丈夫なのでは?」

と思われた方

過去に北側部屋での保存を試したところ

雑菌の威力に敗北。

我が家は冬の間は陽がはいりやすい設計。

室内温度は22℃前後をキープ。

文部科学省や農林水産省発表のカビ対策マニュアルによると

カビが成長できる温度は

想像以上に範囲が広いことが判明。

つまり

一般的な家庭において

食品にカビが発生しにくい環境=冷蔵庫といえる。

そして

保存場所だけでなく

レモンシロップの保存方法にも工夫が必要。

カビが出にくいレモンシロップ保存方法:小さな瓶に小分し果肉全体がシロップに漬かる状態にする。

レモン全体がシロップに漬かるとは?

こうゆうこと↓

レモンシロップの防腐剤=砂糖

つまり

レモン果肉が空気に触れずシロップに漬かる状態であれば

カビが生えにくい。

そして

大きな瓶に保存すると

開封するたびに雑菌が入りやすくなる。

1~2回で使い切る量で小分け保存しておくと

カビが発生する前に早めに使い切ることができる。

大きくても150ml程度の瓶がベスト。

保存食品とは言え

使い切る!ことを前提に作ることが大切。

  • お湯と割ってホットレモン
  • 炭酸水と割ってレモンスカッシュ
  • ヨーグルトに混ぜてレモンヨーグルト

等々

レモンシロップの使い方は多彩。

ちなみに先日は

予約が取れない伝説の家政婦サタン志麻さんのレモンケーキに

レモンシロップを使ったところ最高!

プロに学ぶレシピ『タサン志麻さん風・レモンケーキ』

とは言え

レモンの果肉よりシロップの減りの方が圧倒的に早い。

シロップに漬からないレモン果肉部分が

空気に触れ放題となり

冷蔵庫に保存してもカビが繁殖してしまう。

では

残ったレモン果肉はどうするのか?

「食べる!」と張り切っても

食べられて1~2枚程度。

ただし

お酒を飲む方には最高の活用法あり。

ホットワインなんていかがですか?

赤ワインに

旬のリンゴやスパイスだけでなく

甘みとして

シロップ漬のレモン果肉を加え漬けておく。

冷蔵庫に保存して

飲みたい時に鍋で温めて飲む。

レモン風味が絶妙なホットワインの完成。

ちなみに

スパイスや果実を漬け込む時に便利なのが

セーラーメイトの保存瓶。

清潔感溢れるクリアなガラス瓶。

様々な食品保存に活用中。

実はホットワイン作りで

残ったレモン果肉を全て消費する我が家。

じゃあ

お酒を飲まない人はどうすれば良いの?

続いては

レモンシロップ完成後に加熱する

オススメの保存方法をご紹介。

カビが出にくいレモンシロップ保存方法:レモンシロップを加熱後、冷蔵庫に保存する。

レモンシロップに火を通せば

熱で滅菌され保存期間が長くなる。

方法は簡単!

1.レモンシロップを鍋に入れ弱火で煮る。

グラグラ沸騰させると

レモンシロップの風味が飛ぶので

熱がじんわりと入る

鍋底の厚い鍋を使うのがオススメ。

こんな時

ジャム作りに便利なル・クルーゼ等の鋳物鍋が活躍!

火力は弱火。

5分程度フツフツと煮込む。

レモン果肉に熱が入ると

果肉が収縮し自然と種がはずれる。

2.加熱したレモンシロップを清潔な容器に移して冷蔵保存。

蓋付きの清潔なガラス瓶を用意。

まずは

新しい割り箸を使いレモン果肉を瓶に移す。

種を取り除くため

シロップはこし器を使い濾す。

我が家は味噌漉しで代用中。

でも

専用の漉し器があれば作業がラク。

加熱するので

残念ながらフレッシュな風味は落ちる。

でも種が無いので

使いやすいレモンシロップに変身!

レモン果肉を加熱するのでそのまま食べやすくなる。

熱の力でカビの繁殖は抑えられるけど

やっぱり冷蔵庫保存がベスト。

では最後に

レモンの皮をむいて作るシロップ漬けを紹介。

レシピ『皮をむいてレモンシロップ漬け』

手順

1.レモンの皮をむく。

レモンは果肉だけが残るよう厚めに皮をむく。

適当な大きさに切り分ける。

ちなみに

果物をむく時に活躍するのが

VICTORINOXのナイフ。

握りやすく使いやすい。

値段も手頃なので

定期的に買い替えながら長年使用中。

2.砂糖を加える。

レモンと砂糖の分量は1:1。

シロップの良い保存状態を保つためには

砂糖をケチらずたっぷりと使うこと。

グラニュー糖を使う理由は

シロップ漬けの容器をコンパクトにしたいから

氷砂糖よりも体積を取らないので

小ぶりの容器でサッと作ることができる。

サイズダウン!コンパクトな果物シロップ仕込み

3.常温で保存しながら毎日瓶をふる。

レモン果肉だけ漬けるので

砂糖が溶け出すスピードが早い!

毎日瓶をよく振り

レモンと砂糖を良く混ぜ合わせること。

瓶をよく振ることで

シロップが発酵するのを防ぐこともできる。

砂糖が溶けるまでは

保管場所は日光が当たらない涼しい室内。

それでも

カビが出る危険とは常に隣合わせ。

ほったらかしにせず

定期的に瓶の様子を観察しておくこと。

4.完成したら容器に入れ冷蔵庫で保存。

10日ほどで完成。

フタをあけると、

優しくてフワッとした香りが漂う!

レモンの皮が入ってないので

レモン独特の苦味が苦手な方でもOK。

シロップ完成後は

さきほどご紹介した

レモンシロップにカビが出にくい保存方法を実践。

  1. 小瓶にレモン果実全体がシロップに浸かるよう保存。
  2. すぐに使い切れない時は必ず冷蔵庫に保存。
  3. 長期間保存したい時は加熱して冷蔵庫。

最後に

残ったレモンの皮はどうしたら良いの?という疑問。

家庭内食品ロスが問題となっているご時世

捨てるのはもったいない!

何か使える方法は無いのか?

あります♪

風通しの良いところで

3時間程度レモンの皮を干す。

レモノシロップ 皮干し.jpg

干したレモンの皮の使い方

等々を作る時

爽やかな風味を加えるために

加熱が終了した時点で数分だけ鍋の中に投入。

ただし

レモン皮の苦味が出てしまう可能性もあるので

親指大サイズの皮を数分だけ入れるのがオススメ。

レモンの爽やかな風味を感じるスープに仕上がる。

以上が

今回のレシピ『皮をむいてレモンシロップ漬け』です。

旬の果物シロップがあれば

ほんの少し日々の暮らしに豊かさがプラス。

ノンアルコール・カクテル作りも簡単!

下戸・節酒・断酒・卒酒にもピッタリ。

この記事を参考に

オリジナルのシロップの使い方を見つけて下さいね。

【その他果物関連記事】

【文・構成・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。