レシピ『茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ』ほうれん草は絞らず保存が基本!

レシピ『茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ』のご紹介。茹でたほうれん草はどの程度絞れば良いのか?とお困りの方必見!茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ。『暮らしの手帖』で見つけた便利技を実践。

ほうれん草が美味しく&お買い得になる季節。

でも

小松菜や青梗菜と違い

ほうれん草は茹でて絞って切って・・・

めんどうだなぁと思っていた私に救世主登場。

救世主とは雑誌『暮らしの手帖』掲載レシピ。

「青物野菜はゆでてしぼらず保存するとおいしさが長持ちする」

なんて書いてある!

早速

ほうれん草を茹でて絞らずに保存したところ

美味しさキープだけでなく

絞って!切って!の工程要らずで

気軽にサッとほうれん草の下処理を完了できる。

それでは

レシピ『茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ』を詳しくご覧下さいね。

レシピ『茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ』

材料

  • ほうれん草 1束
  • 塩 大さじ1

手順

1.ほうれん草は葉や根についたドロを洗い流す。

ほうれん草は根っこ付近が甘みが強い。

根を切り落とさず

たわしを使いドロを洗い流す。

野菜洗いに欠かせないのが

亀の子たわし。

木のまな板・せいろ・おひつ等

木の台所道具が多い我が家の必需品。

2.ほうれん草の根元から約1分茹でる。

大切なことは

一度にたくさんのほうれん草を茹でないこと。

1回で茹で終わるから楽チンのような気がするけど

結局

ほうれん草の茹で時間が長くなってしまい

グタグタな茹でほうれん草に仕上がってしまうので注意。

一度に茹でるほうれん草の目安としては

片手でシッカリと持てる程度の量がオススメ。

まずは

大きめの鍋に湯をたっぷりと沸かす。

続いて

塩大さじ1を入れたら

ほうれん草の葉の部分を手で持ち根元から入れる。

根元に熱が入り柔らかい感触が手に伝わってきたら

葉を沈める。

茹で時間は約1分。

最初は感覚に頼らずタイマーで計ると失敗しない。

2.茹で上がったほうれん草を流水に取り、ほぼ絞らず容器に入れる。

茹で上がったほうれん草は

すぐに冷水に引き上げる。

そのまま

流水にさらしシッカリと熱を冷ます。

続いて

ほうれん草の根元をそろえて引き上げる。

引き上げたら

ほうれん草を絞らず緩く形を整え

保存容器に入れ冷蔵庫に保存。

保存の目安は1週間。

容器は

冷却性の高い琺瑯やガラス製がオススメ。

料理に使う時は

必要な分だけその都度絞ってから使う。

こうすると

ほうれん草の旨味やみずみずしさを保ったまま

美味しさをキープできる。

でも本当に

茹でたほうれん草を絞らず保存しても美味しさが続くのか?

試しに

茹でたほうれん草を6日程度冷蔵庫保存。

この茹でほうれん草で胡麻和えを作ることに。

美味しくできるのか?を検証。

レシピ『絞らず保存した茹でほうれん草で胡麻和え』

1.すり鉢で炒りごまをする。

売っているすりごまでも構わないけど

やっぱりすり鉢ですったゴマは

味も香りも全然違う!

ぜひ自家製すりゴマにチャレンジを♪

2.砂糖とめんつゆを加え和え衣を作る。

砂糖小さじ1・めんつゆ大さじ1/2程度を加える。

塩辛くならないよう

めんつゆは気持ち少なめに加える。

我が家では

「にんべんのつゆの素ゴールド」を愛用中。

砂糖とめんつゆを加えたら

すりこぎで砂糖を溶かすように味をなじませる。

3.絞らず保存の茹でほうれん草と和え衣を合わせて完成。

コチラは6日冷蔵保存した茹でほうれん草↓

さすがに

茹でたて!のみずみずしさを保ってはないものの

変色等もなく美しい状態。

茹でほうれん草を食べやすい大きさにカット。

続いて片手でキュッと絞る。

少し水分を残した状態で和え衣と和えたら完成。

少し水分を残すことで

めんつゆの濃さが薄まり丁度良い味加減になる。

この時点で味見をして薄いようだったら

めんつゆを少しずつプラスしながら味を調整する。

絞らずに6日間保存した茹でほうれん草だけど

味も色ツヤも問題なし。

この絞らないほうれん草の保存方法を知るまでは

ほうれん草は

茹でて・絞って・切って保存・が当たり前。

そして時間と共に

切り口から茎や葉が変色するのは当然!と思っていた私。

さすが!『暮らしの手帖』のレシピ。

かゆいところに手が届く知恵とはこうゆうことですな。

このレシピを知ってから

ほうれん草は買ったら即茹でるを実践。

茹でるだけでいいから本当にラク。

そして

常に冷蔵庫に茹でほうれん草がある!と思うだけで

野菜不足の心配ナシ。

さぁみなさんも

レシピ『茹でたほうれん草は絞らず保存で美味しさキープ』にチャンレジを♪

旬のほうれん草をたっぷり食べて

元気に冬を過ごしましょうね。

本日より師走。

我が家のメスのカブトムシは

ポカポカ日和が多かった11月を無事に過ごし

今日、元気に12月を迎えてくれた。

今年の4月後半

幼虫姿で我が家にやってきたカブトムシ。

カブトムシを世話する娘は

少しでも長生きして欲しいという願いを込めて

夏休みに

『カブト虫を超長生きするための飼育方法』というタイトルで

自由研究を作成。

その内容は

研究というより

「私が、どれだけ我が家にやってきたカブトムシのことが好きなのか?」ということを

熱く語り続けたカブちゃんへの壮大なラブレター。

最後のページなんて

もはやアイドルの写真集状態。

でもその熱い気持ちは

確実にカブトムシに伝わっていたんだろうね。

12月を迎えた今日

ピカピカと輝くクリスマスツリーの横で

7月初旬に羽化したカブトムシが元気に動いているという

なんとも不思議な空間が広がる我が家。

カブトムシは夏しか生きないという一般的な限界を突破!

こうゆうことって起きるんだということを実感している。

娘が

学校に提出した自由研究を家に持ち帰った時

「母ちゃん、この自由研究はまだ途中だからね。

捨てないでね。ぜったい成功するよ。」と

言い切ったことが現実になったね。

限界を決めなかった娘よ、おめでとう♪

大切なカブちゃんが1日でも元気な時間を過ごせるよう

母ちゃんも精一杯協力し続けるからね。

【文・料理・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。