レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』ワタ・皮そのままOK。ヒイカの食べ方は普通のイカより簡単!

レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』のご紹介。小さいイカ・ヒイカのさばき方はとっても簡単。ワタはそのままでOK。軽く茹でた里芋やじゃがいもとオリーブオイルで炒め合わせるだけの簡単レシピ『小さいイカ・ヒイカと里芋のガーリックオイル炒め』も合わせてご覧下さいね。

スーパーの鮮魚コーナーで見かける小さなイカ・ヒイカ。

小ぶりなヒイカが6~8杯入りで230円

安い!

この小さなイカのさばき方は?食べ方は?

そんな

小さいイカ・ヒイカを簡単に美味しく食べたいという方。

レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』がオススメ。

ふつうのイカに比べて

下処理が圧倒的に簡単な小さいイカ・ヒイカ。

思い立ったらすぐできるイカレシピ♪

それでは

レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』を詳しくご覧下さい。

レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』

ヒイカ下処理の手順

1.ヒイカの背骨(軟甲)を抜く。

ヒイカは「ヤリイカ科」に分類されるイカ。

今回用意したのは

体長5~10cm程度のヒイカが7杯ほど。

ヒイカは

加熱して食べる際は

ワタや皮は残して調理OKのお手軽食材。

しかも

ワタは旨味たっぷりの調味料としての役割も!

ヒイカのさばき方はとっても簡単。

まずは

魚の骨抜きを使いヒイカの背骨(軟甲)を抜く。

軽い力でスッと抜けるので気持ちいい!

骨抜きがない方は

指でつまんで引っ張っても大丈夫。

でも

骨抜きは何かと便利なアイテム。

お持ちでない方はぜひ!

2.ヒイカの目を取り除く。

続いて

ヒイカの目の周りを指でギュッとつまみ

ヒイカの目を取り除く。

もちろん骨抜きでやってもOK。

この時

ヒイカの目を下に向けて分泌物が飛び散らないよう注意。

台所の流し台の中で作業するのがオススメ。

3.ヒイカをサッと流水で洗った後、口を取り除く。

ヒイカの目を取り除いたら流水でサッと水洗い。

続いて

指でヒイカの口をつまんで取り除く。

ヒイカの足を広げると中心に丸い口が見える。

そこを指でつまむとキレイに取り除くことができる。

4.気になる方は皮を剥き、ヒイカの下処理完了。

ヒイカの皮は柔らかいので剥かなくても大丈夫だけど

指でツルっと簡単に剥がすことができるので

気になる方はチャレンジ♪

この時点でヒイカの下処理完了。

保冷力の高い琺瑯やガラス容器に入れラップをかぶせておけば

冷蔵庫で1~2日程度は保存が効く。

下処理したヒイカは

このままオリーブオイルと塩コショウで炒めるだけでもGOOD♪

ヒイカのワタが

旨味たっぷりの調味料の役割を果たしてくれる。

さぁみなさんもヒイカをみかけたら

レシピ『小さいイカ・ヒイカの簡単下処理と食べ方』を参考に

ヒイカ・デビューを果たして下さいね。

そして

少し手を加えたい方は

ヒイカと相性の良い里芋やじゃがいもと合わせるのがオススメ。

今回は

里芋を使った簡単レシピのご紹介。

レシピ『小さいイカ・ヒイカと里芋のガーリックオイル炒め』

作り方

1.里芋は流水で洗い、皮をむき塩を揉み込んで下茹でする。

拳半分程度の泥付き里芋4個程度用意。

まずは亀の子束子で流水洗い。

我が家の台所には亀の子束子が欠かせない。

根菜の泥落としだけでなく

おひつを始めとする木の調理道具洗いにピッタリ。

里芋の泥を落としたら

水気をサッと拭き取る。

ひと手間だけど

ここで水分を拭き取ることで

里芋がベチョベチョせず気持ち良く皮を剥くことができる。

里芋の皮は気持ち厚めに剥くと簡単に感じる。

続いて

里芋のぬめりを取るために多めの塩をサッと揉み込む。

続いて

中火程度の火力で水から茹で始める。

沸騰したら少し火を弱め7~10分程度

竹串を刺して火通りをチェックしながら茹でる。

茹ですぎると里芋がベチョっとしてしまうので

少し硬いかな?程度で茹で上げると丁度良い。

茹で終わったら粗熱が取れるまで放置。

手で里芋を触れる程度の熱さになったら

食べやすい大きさにカット。

2.オリーブオイルにニンニクの香りを移す。

ニンニク1片を用意。

適当な大きさに潰したら

冷たいオリーブオイル大さじ2と共に火にかける。

火力は極弱火。

ニンニクの香りをオリーブオイルにしっかりと移す。

我が家では

一番小さなコンロにフライパンをセット。

まな板にフライパンを立てかけるようにして

ニンニクが焦げないようオイルの中で泳がす。

3.里芋の両面をこんがりと焼きヒイカを加える。

ガーリックオイルが完成したら里芋を加える。

両面がカリッとなるまで中火程度の火力で焼く。

焼けた里芋をフライパンの端に寄せ

下処理済のヒイカを加える。

ヒイカの柔らかい食感を残すためにも

ここからの加熱時間は1分程度で十分!

ヒイカと里芋をザッと炒め合わせたら

醤油数滴と塩ひとつまみを加える。

全体が馴染んだら

ヒイカと里芋を皿に上げる。

4.フライパンに残った汁を煮詰めヒイカと里芋に回しかけたら完成。

フライパンに残った炒め汁を弱火で煮詰める。

全体が沸々としトロっとしてきたら火からあげる。

ソースとして皿に盛ったヒイカと里芋に回しかける。

レシピ『小さいイカ・ヒイカと里芋のガーリックオイル炒め』の完成。

ヒイカのワタがオリーブオイルのコクと絶妙なコラボ。

醤油は数滴加えたのみ。

イカワタって加熱することで美味しくなる!ということを実感。

ふだんは里芋を敬遠気味の子ども達も箸もご飯もススム。

大きなイカは

「さぁさばくぞ!」と気合を入れる必要があるけど

ヒイカは

小さいだけじゃなく身も下足も柔らかい。

本当に手軽にサッと調理できるストレスフリー食材。

というわけで

最近は鮮魚コーナーでヒイカを見かけると即カゴに投入。

一緒に炒める野菜は

根菜だけでなく葉野菜もオススメ。

ぜひみなさんも

レシピ『小さいイカ・ヒイカと里芋のガーリックオイル炒め』に挑戦下さいね。

さて先日

たまたま立ち寄った湯島天神。

名物の梅は蕾の状態だったけど

その代わり

合格祈願の絵馬がこぼれ落ちそうなくらい花盛り。

さすがの文道の大祖も

これだけ大量の願いを聞き入れるとなると

休みなしで働かないといけないわねぇ~。

酒でも飲まなきゃやってられないだろうなぁ。

なーんて気楽に境内を散歩する母ちゃん。

でも待てよ。

うちも来春は息子が初めての受験を控えているんだったわ。

常に超リラックスムードの我が家。

受験という言葉がかすりもしない雰囲気だよなぁ。

まぁ、

息子の人生は彼自身が創造していくものだからね。

キバらんといかん時は自分で決める他なし。

母ちゃんは

常に我が家を見守っているであろうご先祖様と仲良く

温かく明るく過ごしておくよ。

【文・料理・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。