『電子レンジを使わない生活とは?』電子レンジのない生活。良かったこと。困ったことは?電子レンジを使わない歴10年の台所事情。

電子レンジを使わない生活ってどう?電子レンジのない生活、不便なのでは?電子レンジって必要?電子レンジのない生活歴10年の主婦が電子レンジなし生活のメリットやデメリットをご紹介。電子レンジのない暮らしは快適?それとも不便?

我が家にはオーブンはあるけど

電子レンジはない。

きっかけは

手持ちのオーブン電子レンジが壊れたから。

ふだんの生活の中で

電子レンジを使うのは“温める”時だけ。

それなら

この“温める”は電子レンジじゃなくて

他の調理器具で代用できるでしょう?

ということで

壊れたオーブンレンジを処分。

オーブン専用機種に買い替えることに。

あれから10年超経過。

電子レンジなしの生活ってどうなの?

  • 電子レンジのない生活、良かったことは?
  • 電子レンジのない生活、困ったことは?

これまでの経験をご紹介。

この記事が

  • 電子レンジなしの生活を検討している方
  • 電子レンジって本当に必要?と疑問に思っている方

に参考になれば嬉しいです。

『電子レンジを使わない生活とは?』

電子レンジのない生活:良かったことは?

1.ごはん(お米)が美味しくなる。

当然

電子レンジがない生活は

チン!の電子レンジで

ごはんの温めはできない。

我が家では

まずは

琺瑯容器に入れて凍らせた残りごはんを

蒸し器(セイロ)にサッと移す。

蒸気の上がった蒸し器(セイロ)で蒸すこと

約6分。

ホカホカ!

柔らかな蒸しごはんの完成!

これが

とっても美味いんだなぁ。

あまりにも美味しいから

ラクしたい時のパックごはんもセイロで蒸す。

面倒?

確かに「チン」よりは手間がプラス。

でも

何ひとつ難しいことはナシ。

セイロに凍ったご飯を入れて蒸すだけ。

極上の蒸しご飯を

自宅で体験してみませんか?

詳しいご飯の蒸し方レシピは

コチラのブログ( 電子レンジを使わない温め方とは? )を

参照下さいね。

ちなみに

電子レンジを使わない生活は

プラスチック容器を使わなくて済む生活。

蒸し器(セイロ)に使う容器は

熱に強い

琺瑯やステンレス・陶器類。

我が家の野田琺瑯も

すでに勤続10年でバリバリの現役道具。

2.展開料理レシピが増え料理ストレスが減る。

展開料理って何?

例えば

夜ご飯で残ったインゲンの炒め物を

そのまま

電子レンジで温め直し食べるのではなく

厚揚げをプラス

卵とじにして翌朝の朝食にする。

そのほかにも

鶏手羽元で作ったBBQチキンを

翌日の晩ごはんに

チキンカレーに作り変える。

少し残った唐揚げや天ぷらを刻み

唐揚げ炒飯や天ぷら炒飯に変身させる。

その他にも

  • 凍らしたおにぎり→フライパンで焼きおにぎり
  • 少し残った味噌汁→カレールーを加えクイックカレー

等々

電子レンジがあった頃は

そのまま「チン」して食べていた余りモノを

鍋やフライパンを使い

美味しく作り直す

展開料理レシピが次々に誕生。

残りモノを

美味しく食べ直す習慣が身につく。

味が染み込み美味しさUPするおかずは

保存容器で冷蔵保存。

翌日

小鍋で温め直せば

さらにグッと美味しさが増す。

時間がない時は

冷凍ごはんと共に

おかずが入った容器ごとセイロで蒸せばOK。

蒸気で

優しく温められた煮物は

とっても美味しい。

大好きなコーヒーの温め直しは

小鍋で優しく湯煎。

湯の温度は80℃程度で十分。

沸騰させる必要がないので

すぐに温め直し完了。

風味が飛ばず

淹れたてコーヒーの美味しさがキープ。

つまり

温める=電子レンジを使う

という法則を破ると

電子レンジを使うことに

とらわれることが無くなるので

食べ方に対する発想が広がる。

そのうち

電子レンジで温め直す

必要性を感じなくなり

電子レンジなしの生活は快適となる。

ということで

電子レンジなしの生活が10年続くというわけ。

3.台所がスッキリする。

我が家の台所には

オーブンはある。

でも

同じ容量のオーブン電子レンジに比べると

かなりコンパクト。

ふだん

オーブン料理をしない方は

トースターか

ガスコンロの魚焼きグリルがあれば十分。

電子レンジを使わないという選択をすれば

台所が広くなる!

電子レンジの代わりになる

調理器具の蒸し器(セイロ)は

軽くてコンパクト。

しかも

簡単な手入れさえしておけば壊れない!

我が家のセイロも10年超の使用歴。

耐用年数は?

と質問したくなるくらい

丈夫さと美しさを保つ。

というわけで

電子レンジなし生活を続けて良かったことは

  1. お米(ご飯)が美味しくなった。
  2. 展開料理レシピが増えた。
  3. 台所がスッキリ広くなった。

以上の3点。

続いては

電子レンジがなくて困ったことについて。

あります!

不便というより困ったこと。

参考にして下さいね。

電子レンジのない生活:困ったことは?

何だかんだ言っても

電子レンジがあるのが

一般的な日本の暮らし。

というわけで

電子レンジがないことで

困った経験をご紹介。

1.電子レンジ専用調理ができない。

電子レンジ専用調理って?

こうゆうモノ↓見たことあるでしょう?

電子レンジ調理専用ポップコーンの素

たまに

プレゼントされても作れない!

作れず

他の方へおすそ分け。

その他にもコチラ。

我が家の娘が大好きだった

Kracieの知育菓子シリーズ。

電子レンジ機能を使い

生地を膨らませる工程が多々登場!

例えば

電子レンジを使い

鯛焼きの生地を膨らませるのですが・・・

フライパンで焼く他なく

鯛焼きが虎焼きに変身!

まぁ

作った娘は喜んでいましたが…。

2.子ども向けのレシピ本を参考にできないことが多い。

予想外だったのが

子ども向けの料理レシピ本。

子ども向けに

考案された料理や菓子作りのレシピ本は

火を使わないで安全!

という趣旨から

電子レンジを使ったレシピが多い。

菓子作りが好きな娘は

本に掲載されたレシピが

そのまま使えず

「なんでレンジがないんだよぉ!」と

愚痴をこぼすことが多かった。

娘よ

すまん!、

電子レンジの代わりに

火を使えるようになっておくれ~!

少しずつ教えていたら

いつの間にか

火が使えるようになっていた。

ただし

そこまで辿り着くには

電子レンジを使うより

手間も時間もかかるのは事実。

というわけで

お子さんに

手軽に

料理の楽しさを体感して欲しい方は

電子レンジがあった方が便利かも。

以上

私が経験した

  • 電子レンジなしの生活・良かったこと。
  • 電子レンジなしの生活・困ったこと。

電子レンジがない生活とは

まさしく

いそがばまわれの生活。

長所と短所は背中合わせ。

何を選択するか?は

その人の暮らし方次第。

ただ

「電子レンジない生活?

マジ生きていけいない!」

ということにはならない。

人間は動物だから

電子レンジがない程度で

食べることを諦めたりはしない。

むしろ

私は

電子レンジを手放したことで

料理を展開させることが当たり前になり

食品ロスが格段に減った。

何か1つ自分の手を動かせば

身体が何かを習得する感覚。

身体に染み込んでしまえば、

その動き自体は

面倒でも手間でもなく

むしろ自然な動き。

電子レンジを手放すことは

その1つのきっかけになるかもしれないと

私は思う。

というわけで

この記事が

  • 電子レンジのない生活って?
  • 電子レンジって本当に必要なの?

というキーワードが

頭に浮かんだ方にとって

参考になりますように♪

【関連記事】

【記事・構成・写真:メグ】

SNSでもご購読できます。