ル・クルーゼ炊飯器レシピ『失敗しないご飯の炊き方』使いやすいサイズは?ル・クルーゼ炊飯器歴15年超・美味しいご飯の炊き方と炊飯器のサイズ選びについて

「ル・クルーゼ炊飯器でご飯を炊きたい!」「ル・クルーゼ炊飯器で炊いたご飯は美味しいの?」「炊飯に便利なル・クルーゼ炊飯器の選び方は?」「ル・クルーゼ炊飯器で美味しくお米を炊く方法は?」必見!失敗しないル・クルーゼ炊飯器の炊飯方法とル・クルーゼ炊飯器の炊飯に適した炊飯器サイズ選びをご紹介♪

3合の米の炊飯にピッタリなル・クルーゼ鍋のサイズは、どっち?

炊飯器なし生活15年超。

ル・クルーゼ鍋炊飯歴15年超の経験から言えること

ル・クルーゼ鍋で炊飯したご飯は美味しい!

しかも

抜群の熱伝導と蓄熱性を持つル・クルーゼ鍋で作った料理は、

仕上がりが格段にアップ。

つまり

「ル・クルーゼ鍋を1つ持っていると何かと便利」

と自信を持ってオススメ。

毎日、ル・クルーゼ鍋でご飯を炊いている我が家。

その経験から

「ル・クルーゼでご飯を炊くには、サイズ選びが大切!」

というわけで、今回は

・失敗しないル・クルーゼ鍋での炊飯方法

・炊飯に使いやすいル・クルーゼ鍋のサイズ選びについて

以上、2つをご紹介します。

その前に

そもそも・・・

ル・クルーゼ鍋で炊飯すると何がイイの?

とお思いの方へ。

ル・クルーゼ鍋の炊飯をオススメする理由はコチラ!

ル・クルーゼでご飯を炊くと何が良い?

理由①ご飯が美味しく炊きあがるから。

まずは「美味しさ」です。

ル・クルーゼ鍋とは鋳物の鍋。

ル・クルーゼ社独自の鋳造(鋳物を作ること)技術で作られた

ル・クルーゼ鍋は、熱伝導と蓄熱性が抜群。

ゆっくりムラなく鍋全体から熱が入るため、

米の旨味を最大限に引き出すことが可能。

だから

ご飯がウマい!!

理由② ル・クルーゼ鍋の炊飯は短時間だから。

ル・クルーゼ鍋は超時短炊飯。

我が家では

3合の洗った米を約15分で炊飯。

炊飯器が欲しい!という気持ちは、

ないねぇ~。

以上が

ル・クルーゼ鍋の炊飯をオススメする理由。

※ル・クルーゼ公式サイト/ル・クルーゼの魅力参照

それでは、改めて

失敗しないル・クルーゼ鍋の炊飯方法をご紹介。

・失敗しないル・クルーゼ鍋の炊飯方法とは?

我が家で活躍中のル・クルーゼ鍋は2つ。

  • ル・クルーゼ鍋20cm(シグニチャーココット・ロンド)
  • ル・クルーゼ鍋26cm(シグニチャーココット・ロンド)

今回は

ル・クルーゼ・ココット・ロンド20cmを使い3合の米を炊飯する方法をご紹介。

ル・クルーゼ鍋で美味しいご飯を炊く手順

①米3合を研ぎ、洗い米(あらいごめ)にする。

米3合を研ぎ、ザルにあげる。

大きめのザルに米を広げるようにすると素早く洗い米に変身!

20分程度置くと

米粒が水分を吸ってふっくらと変化。

若干、湿り気を感じつつも

米粒がサラサラとする。

この状態を洗い米(あらいごめ)と呼ぶ。

米粒ふっくら!

直ぐに米を炊かない時は、

洗い米を清潔なポリ袋に入れ

できるだけ空気を抜き

冷蔵庫で保存。

我が家は翌朝炊飯生活♪

雑菌の繁殖を防ぐため、

洗い米の保管は

清潔なポリ袋+冷蔵庫!

コチラは、翌朝の洗い米の様子。

ル・クルーゼ鍋よ、オラを美味しく炊飯してくれ~!

②ル・クルーゼ鍋に洗い米と水を入れ炊飯スタート。

水の量=洗い米の体積

まず

コップや茶碗で、洗い米の量を計量しル・クルーゼ鍋へ。

次に

洗い米の計量に使った同じ容器で

同じ量の水をル・クルーゼ鍋へ入れる。

「洗い米=水の量」は炊飯の基本。

タイマーを5分にセット。

(米が沸騰するまではタイマーは使いません)

強火で加熱スタート。

強火とは

ル・クルーゼ鍋底全体に当たる程度の炎のこと。

米が沸騰してきました!

③米が沸騰、ル・クルーゼ鍋がガタガタと強く始めたら、タイマーをスタート。

米が沸騰してきたら

5分のタイマーをスタート!

ル・クルーゼ鍋のフタを取り

吹きこぼれ寸前でル・クルーゼ鍋のフタを取れるとベスト!

木杓子を使い、

沸騰する米を

手早くグルッとル・クルーゼ鍋底からかき混ぜ

熱の対流を更に強める。

熱の対流を促すため混ぜる方向は同じ。グチョグチョと混ぜないこともコツ♪

かき混ぜたら

再びル・クルーゼ鍋のフタを閉め

火力を弱火に落とす。

この時

ル・クルーゼ鍋とフタの間から吹きこぼれが多くことも。

吹きこぼれの原因としては

  1. ル・クルーゼ鍋サイズに対し米の量が多い。
  2. 使用しているコンロの弱火火力が若干強い。

経験上、以上の2つが考えられる。

「1」の解決策

  • 計量する際に米の量を少し減らす。
  • ル・クルーゼ鍋のサイズをワンサイズあげる。

「2」の解決策

コンロが2口以上設置されている条件付ですが

  • 弱火に火力を落とすタイミングで、ル・クルーゼ鍋を、より小さい弱火のコンロ口に移動させる。

といった解決策があります。

つまり

ル・クルーゼでお米を炊くには、鍋のサイズ選びが重要

ということ。

サイズ選びについては、後ほど説明しますね♪

③5分のタイマーが鳴ったら、ル・クルーゼ鍋を火からおろす。

ル・クルーゼ鍋のフタを閉めたまま火からおろし

再びタイマー5分をスタート

フタを閉めたままご飯を蒸らす。

そして

5分経過。

④炊き上がり&仕上げ

じゃ~ん!

ふっくら美味しいル・クルーゼご飯の完成。

米粒がシッカリした美味しいご飯です。

木杓子を使い

ル・クルーゼ鍋底から、米全体をシッカリと混ぜる。

一気に米の粘りが出てきました!

我が家では

炊きたてのご飯は、おひつに移し保管。

おひつに移すと

余分な水分を木が吸ってくれ、

たまらない美味しさ!

米粒際立つおにぎりです。

おにぎりだけで十分!

と言いたくなるくらい、

ル・クルーゼ鍋で炊いたご飯はウマいです。

以上です。

ここで一旦、ル・クルーゼ鍋炊飯方法のまとめ

ル・クルーゼ鍋・失敗しない炊飯方法まとめ】

  1. 米は洗い米にする。
  2. 米:水の量=1:1
  3. 火加減は、最初は強火→沸騰したらフタを取り、米をかき混ぜ弱火に落とす。
  4. 最後は、火からおろし、フタをしたまま蒸らす。

よし!

炊飯方法は分かった。

次は、

ル・クルーゼで美味しくご飯を炊くための鍋のサイズ選びについて。

これも、炊飯方法と同じくらい重要!

炊飯に使いやすいル・クルーゼ鍋のサイズ選びについて

ル・クルーゼ社から発売されている鍋シリーズは多彩。

我が家で使用しているのは、

ル・クルーゼ社を代表する定番

シグニチャーココット・ロンドの20cmと26cm

この「ココット・ロンド」シリーズに限り、

使用経験から言える鍋のサイズ選びをご紹介。

まずは、白米の炊飯。

【白米の炊飯に便利なサイズ選び】

  • 3合:ココット・ロンド20cm
  • 3~4合:ココット・ロンド22cm&24cm
  • 5合:ココット・ロンド26cm

続いて、炊き込みご飯。

白米の他に具材が加わるので

白米の炊飯より、ワンサイズアップの鍋サイズ選びを!

【炊き込みご飯に便利なサイズ選び】

  • 米2合: ココット・ロンド20cm
  • 米3合: ココット・ロンド22cm
  • 米3合~4合:ココット・ロンド24cm
  • 米5合: ココット・ロンド26cm

もちろん

様々な条件によって適切サイズは変化。

あくまでも参考程度に!

そして

ル・クルーゼ鍋を購入する際に

絶対に知っておかなければならないこと。

それは

ル・クルーゼ鍋最大の特徴は「鍋が重い」ということ。

大きいサイズのル・クルーゼ鍋は、

その分、重くなる。

重さゆえの美味しさを体感して欲しいけど、

重さゆえに使えない鍋になってしまっては、もったいない!

ちなみに、

私にとっては

26cmサイズは重く、ふだん使いの炊飯鍋としては不向き。

でも

週末料理夫のどんにとっては

炊飯鍋だろうが、溢れんばかりのスープ鍋にしようがノープロブレム。

夫婦ふたりの生活だった頃

我が家のふだんの炊飯頻度は

「3合の米炊飯1回/1日程度」

20cmサイズのル・クルーゼ鍋で十分。

しかも

普段のおかず作りにもピッタリサイズ

だった・・(過去形)

子供達が成長期真っ最中の現在、

常に飯炊き状態。

「3合の米炊飯2回/1日」

そして、

おかず作りも

20cmサイズのル・クルーゼ鍋では足りない。

何度も言うけど

ル・クルーゼ鍋26cmサイズは

私には、ふだん使いの炊飯鍋としては重すぎる。

「24cmのル・クルーゼ鍋が欲しい!」

というのは、私の心の声!

とは言っても、

ル・クルーゼ鍋26cmも、しっかり活躍中。

・家族サイズのカレーやシチュー、煮込み料理に。

たっぷり作ったカレーも翌日には完食!

・ル・クルーゼで作る牛丼は

ル・クルーゼの低温調理機能が大活躍!

牛肉ふんわり仕上がりの

吉野家の牛丼超の旨さ。

そして、

・おでん大会に!

テーブルの上で映える姿。

このサイズも

我が家にとっては欠かせない存在。

全部の鍋サイズを揃えて、

常にベストなル・クルーゼ鍋のサイズを選べたら最高。

なんてね・・・。

【ル・クルーゼ鍋関連記事】

食べる側、そして料理をする人の変化と共に、

使う鍋サイズは変化するもの。

まずは「今」を基準として

1日に炊く米の量に基づきル・クルーゼ鍋のサイズを選ぶ。

そして、使ってみる。

ル・クルーゼ鍋の特徴を活かす料理を覚えてしまえば、

普段のご飯作りのレベルがアップ!

1個のル・クルーゼ鍋を「これでもか!」というくらい

徹底して使い込んでみる。

そうすることで、

自分にとって

本当に必要なマイサイズが選別されてくるのではないでしょうか?

以上。

炊飯に使いやすいル・クルーゼ鍋のサイズ選びのご紹介でした。

みなさんも、

・ル・クルーゼ鍋で炊いたご飯の美味しさ

・ル・クルーゼ鍋で仕上がりが数段アップした料理の美味しさ

を実感すべく

ル・クルーゼ鍋のベストなマイサイズを見つけて下さいね。

【文&構成:メグ】

SNSでもご購読できます。