プロフェッショナルに学ぶレシピ『タサン志麻さん風・レモンケーキ』ホットケーキミックスで作る人気菓子パウンドケーキ

プロフェッショナルに学ぶレシピ『伝説の家政婦・タサン志麻さん風レモンケーキ』のご紹介。ホットケーキミックスにたっぷりのレモンと蜂蜜を加え、 人気の菓子・レモンケーキを作ります。予約の取れない家政婦レシピは自分で作る。保存の効くパウンドケーキの詳しいレシピをご覧下さい。

先日挑戦したプロフェッショナルに学ぶレシピ

『伝説の家政婦タサン志麻さん風・白菜とハムのグラタン』

簡単!何よりも美味しく仕上がり大満足だった私。

タサン志麻さんレシピをもう一度!と

ホットケーキミックス・レモン・バター・ハチミツを用意。

今回のプロフェッショナルに学ぶレシピは菓子に挑戦!

『伝説の家政婦タサン志麻さん風・レモンケーキ』

拍子抜けするほど簡単♪

詳しいレシピをご覧下さいね。

プロフェッショナルに学ぶレシピ『伝説の家政婦タサン志麻さん風・レモンケーキ』

材料 (縦18✕横8✕高さ6㌢のパウンド型)

  • ホットケーキミックス 150g
  • レモン汁 30g
  • バター 60g
  • ハチミツ 30g
  • 卵 1個

トッピング材料

  • レモンの輪切り お好み
  • ハチミツ 適量

下準備

  1. レモン汁を絞る。
  2. レモンの輪切りを数枚用意。
  3. オーブンを180℃に予熱。

作り方

1.バターを溶かす

耐熱容器にバターを入れ

バターが溶けるまで電子レンジで加熱。

と書きつつ・・・

我が家には電子レンジがない!

湯煎でバターを溶かします。

バターを溶かしてしまえば完成したも同然!

さぁ、次に進みましょう。

2.材料を全て合わせる

バターが溶けたら大きめのボールに

分量どおりの

ホットケーキミックス・レモン汁・バター・ハチミツ

を全て入れる。

泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。

途中でゴムベラに持ち替え

粉類がボールに残らないようまんべんなく混ぜる。

3.ケーキ型に流し込みレモンの輪切りを並べ焼き始める。

ケーキ型に流し込み表面を平らに整える。

トッピングのレモンの輪切りをキッチリと並べる。

オーブンの温度は180℃。

まずは30分にタイマーをセットして

焼きスタート。

4.焼き上がったら蜂蜜を塗って完成♪

30分経過したら

ケーキに竹串を刺し焼け具合を確認。

竹串にドロッとした生地が付いてこなければ

内部まで火が通った合図。

あとは

お好みの焼き色になるまで1分単位で焼き加減を調整。

ちなみに我が家のオーブンは

デロンギ社のコンベクションオーブン。

超コンパクトなのにパワフル!

手軽にオーブン料理が楽しめます。

【デロンギ社コンベクションオーブンレシピ】

最終的に2分ほど焼き時間を追加して

タサン志麻さん風・レモンケーキの焼き上がり♪

レモンケーキが熱いうちに

ケーキの表面にたっぷりの蜂蜜を塗る。

この最終段階で

蜂蜜の残りがわずかとなってしまった私のケーキ。

冬の間せっせと作り続ける自家製レモンシロップとハチミツを混ぜ

レモンケーキの生地に染み込ませるようなイメージで

艷やかになるまで塗る。

ハチミツを塗った後は

焼き立てレモンケーキの粗熱が取れるまで

ザルやケーキクーラーの上で休ませる。

プロフェッショナルに学ぶレシピ『伝説の家政婦タサン志麻さん風・レモンケーキ』完成♪

少し時間を置いた方がレモン生地が馴染み美味しくなる。

とは言ってもねぇ・・・

早く食べたい!と

1カット味見をしたところ

「うまい~!まるでチーズケーキの風味」

と感動する私。

さすがプロフェッショナル・レシピの味。

レモンの輪切りで見た目も華やか!

パウンドケーキで日持ちも良いだろうから

お土産にももってこい。

【プロに学ぶ・再現レシピ】

これだけ美味しいんだから

きっと子ども達も喜んでくれるだろうと

帰宅を待ち構え食べさせる。

娘は「母ちゃん、これ美味い~!」と大喜び。

ところが

真逆の反応を示したのは息子。

「あっ、ごめん。ちょっとこの味はダメだ。」と

一口で終了。

えっ?なぜ?

アナタ、何を言ってるの?

これは予約が取れない伝説の家政婦・タサン志麻さんレシピよ!

今大流行なのに~。

そう言えば・・・

息子はチーズケーキが苦手。

このレモンケーキは

バターとレモンの酸味の風合いがチーズケーキそっくり。

残念がる私に対し優しい息子は

母ちゃんが作るリンゴケーキは美味いんだけどね。」とフォローの一言。

効くねぇ~。

その一言が心に染み渡る私。

勇気百倍!母ちゃん復活。

そうか・そうか!

母ちゃんのりんごケーキの方が美味いか。

かわいいことばかり言う息子よ。

明日はりんごケーキを作るからね。

アッと言う間に自信を取り戻した母の横で

美味しそうに歌舞伎揚の袋を開けバリバリ食べる息子。

日々成長続ける子ども達と過ごす時間は永遠ではないからね。

大切に過ごした時間を糧に来るべきタイミングで

子ども達の背中を押す日も近づいている。

時は金なり。

こうやって共に暮す時間を大切にしなきゃと改めて思う母ちゃん。

夜ご飯は

豚バラとたっぷりきのこ入りトマトソーススパゲッティ。

こちらはアッという間に完売!

私は心底親バカだ。

でも誰かが言ってたな。

「親バカはバカ親とは似て非なるもの。

親バカは大いに良し。」ってね。

【文&構成&料理:メグ】

SNSでもご購読できます。